2013/02/24

【penang】面白いじゃないか新旧アート混ざり合う世界遺産ジョージタウン

「ごろごろしてないで、、、、
それでは、世界遺産の街、ジョージタウンを探索するよ~」


さて、ペナン島ですが、wiki先生(http://ja.wikipedia.org/wiki/ペナン)によると、、、、
「住民には華人の割合が高い。次いで、マレー系、インド系タミル人が多い。イスラム教、仏教(大乗仏教・上座部仏教など)、道教、ヒンドゥー教、カトリック、英国国教会、シーク教など、きわめて多様な宗教施設が集中している。」

、、、だそうな。


そんな一番多い中国人の街、世界遺産に登録された旧市街の街並ジョージタウンです。

そして、マレーシアのカオサンとも言われる、安宿街チュリアST。

ちょうど3年ぶりに訪れましたが、、、にぎわってるじゃないですか!
当時は閑古鳥が鳴いてた気がします。
前回もまさしく旧正月真っ只中でしたが、明らかに今回の方が人が居ますね。

(3年前の話⇒他民族国家マレーシア、ペナン島

そして、3年前にはなかった(気づかなかった)、針金アート。
結構ネタ風になってて、見てて面白い。

上記は、客がコーヒーの注文でエスプレッソでウンチャラカンチャラと注文してるだが、
店員のおばさんは、ただテオアイス(甘いコーヒー)とオーダーを通してる図。


街の至るとこにありました。

3年前にあったら気づいてるよな?
なぁ3年前の我々よ、、、

気づきてないということで、最近のアートということで。(←いつからこのアートあるんでしょう?


世界遺産の古い街なみに新たらしいアートを融合させたといった感じ?

壁使ったトリックアート的なものもあります。

 「とどかなーい!」

全体的に、さりげなくある感じ。
そんなに嫌味ではないので、個人的にはいい感じで好きです。


安宿街からも見える、浮いた建物。シュールです
 ランドマーク的な建物、コムタです。


総合商業建物ですが、3年前は、おもいっきり寂れてました。
まるで日本のシャッター商店街の様に、、、。

かつては一大商業施設だったのでしょけど、最近は郊外にイオンや、テスコなどの大型モールが出来まくりですからねぇ。



コムタビルの隣にモールがあります。

さて、最近の調子はどうかな~

変なドナルド「よ!よ!コムタへ~ようこそ~」

怪しすぎるぞ、、、、。

ドナルドはさておき、、、

おお、盛り上がってるじゃないか!
3年前よりテナントも人も入ってるぞ。
時期が商戦の旧正月ということもあるが、以前の旧正月は寂しかったもんなぁ、、、。

物価も上がってる気がするし、マレーシアはそれなりに景気いいってことですかね?


夜の旧市街。
いい感じにライトアップされてます。

昔に比べて、建物も古い建物の特徴を生かして、いい感じになってるぞ!
特に、一本裏通りには、こじゃれた安宿やカフェがオープンして盛り上がってる。


3年前とは違った感じでいろいろと楽しめそうなペナン島になりそうです。
次の国のタイのビザ申請の関係もありゆっくり滞在しますか!



おまけ
先日タイピンで購入した蚊帳。

洗濯ロープを購入して、さらにテントポールをパワーアップ改造!
こんな感じに4点を縛って、ポールをテントの様に自立させてみました。

これで、完全に蚊帳テントでしょう!!

野宿以外にもいろいろと活用なキャンプセットです!


 【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿