自己紹介

自分の写真
二人乗り自転車タンデムで夫婦世界旅行後は、長野県は白馬村へ移住。 現在、就農の準備中。農園の名前は『倉リ(くらり)農園』にでもしようかな? 農業だけでなく、古民家再生、ログハウス建築、サイクリング、スキースノボー、ボルダリング、釣り、etc,,,と新しい地で大忙しな毎日。 あ、育児も大忙し…

2019/04/25

【大町】絶賛、長野県内北上中の桜前線。白馬手前の大町市まで満開の桜がきましたよ!

桜前線、順調に北上中。

前回の記事⇒【松本】さくら満開!今年もゴールデンウイークまでの桜北上リレーが始まりましたよ!


池田町のクラフトパーク。


濃いピンクのさくらが満開中。


枝垂桜も。


ソメイヨシノは、もう散り始め。


それでも、まだまだ花見できますよっと。


続いて大町市の山岳博物館。
まさに見ごろな満開状態。


天気が良ければ、桜と北アスプスが見れるけど、今日はあいにくな曇り模様。


大町市内も一望できるいいポイントです。
なんなら100円で手ぶらボルダリングもできる山岳博物館でっせ。





【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved -

2019/04/24

【農業作業4月24日】肥料に鮮度袋にしろ、とりあえずよくわからないので実験してみます

アスパラがニョッキニョッキな陽気です。


第一ほ場に続いて他のほ場も!


第三ほ場も!


第四は?


こちらも小さいが芽が!
第四は今年も収穫はせずこのまま立茎させて株育成させます。


第三ほ場の空いてるスペースに新しい畝予定。
ここは適当にアスパラを植えたため、スペースの有効利用ができておりませーん。
おかげで3本しか新設できず。

ここは、アスパラソバージュか紫アスパラでも植えようかな?


午後は長野がほこる地元スーパーTSURUYA ツルヤへお買い物!


なぜかスーパーに堆肥が売ってるんですねぇ。


信州きのこと米ぬかで育った改良土だそうです。


しかも、有機JAS適合資材!
これなら有機JASほ場でも使える!

前回、ホクトさんには資材証明を断られてしまってますからねぇ。

とりあえず、資材証明書が手に入ったら使用してみようっと。
アスパラ畑がどうなるかとりあえず実験です。


前回、入荷したアスパラの鮮度保持袋。
前回の記事⇒【農業作業4月23日】アスパラ出荷の準備はそろった!あとは過酷なトレーニングのみ

こちらも常温で立てて袋に入れて味比べ実験。
ほぼ同じ条件で4.5日後にどうなるか!?




【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved -

2019/04/23

【農業作業4月23日】アスパラ出荷の準備はそろった!あとは過酷なトレーニングのみ


晴天!
今日は暖かかった!
作業してたら暑いレベル!


そんな陽気に誘われてアスパラ登場!


第一号のログハウスの放置アスパラに遅れて1週間、第一ほ場が、あちらこちらで出てきました。


こちらも入荷。
合計10000枚のアスパラ袋。


JA出荷なら袋はいりませんが、直売所など自分で売るときは、このアスパラ鮮度保持袋で売る作戦です。

アスパラは収穫後も呼吸し続けてそのまま放置では老化して腐ってしまうところを、
鮮度保持袋のミクロの穴が袋の中の酸素濃度をコントロールしアスパラを冬眠状態にするという優れもの。

そうそう、アスパラのベストな保存方法は、
最適保存温度の4℃にする。
アスパラは立てた状態にする。
そしてこの袋にて密封だそうな。


こちらは昨日の続き。
放置ネギの植えなおし。


二条にしました。
これで、ねぎは心配は必要なし?


こちらは、新アスパラ畑。
もみ殻を畝上に大量移動中。


ひたすら行ったり来たり。
はぁはぁ、、、

この作業は本当は重機をレンタルした時にやろうと思ってたこと。
少しでも、先行してもみ殻を移動しようかと思ったけど、、、

もみ殻が軽いとは言え、今日の暑さは体に堪える。
どんな過酷なトレーニングだって気分で、もみ殻の山を往復しまくり。


なから(長野弁でだいたい)移動し終わりました。
150往復くらいしたかな?

約3時間の作業でした。
ああ、疲れた、、、




【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved -

2019/04/22

【農業作業4月22日】放置ネギは立派なネギになりえるのか!?

アスパラを植えない場所で家庭菜園でもしようかと。


元々はソバを作っていた場所をとりあえずトラクターでおこしてみました。
約10m×10mくらい。


もみ殻をすきこみます。


再びトラクターでまぜまぜ。
固い畑が少しは柔らかくなったか?


まだ何を植えるか未定ですが、放置ネギがたくさんでてたので、植えなおし。

有機石灰を忘れたので、最後にまくというね。
あと、もみ殻まいてバーナーであぶって燻炭にしてまぜ入れ込んでおきました。


保水対策でまたもみ殻。

これで栽培方法が合ってるのか知らないけど、ネギははたして大きくなるのか?



【松本】さくら満開!今年もゴールデンウイークまでの桜北上リレーが始まりましたよ!

同じ県内でも気候差が激しくて、1か月が桜が楽しめる長野!

毎年、4月頭には静岡に帰省しているので、桜北上リレーは始まってます。
前回の記事⇒【春の遠征⑤】旅路の最後は、やっぱり富士山見てお終い!


毎年恒例の松本の弘法古墳の桜。


小高い丘が全部桜というね。
遠くからみるとピンクのキノコです。

ちょっと今年はピークを逃して、葉桜気味。


持参した山菜総菜と買った総菜で、お花見。
まぁ、子供がいると落ち着いて桜なんてみれねぇ!!

いつも花より団子だったから別にいいんだけど。


葉桜気味とはいえ、まだまだ見ごろですよ。



以上、本日の松本の桜でした



ついでに、帰り道に安曇野のインター近くにあるハイジの里へ。
ちょうど安曇野は桜が満開で見ごろです。

大町はまだ5分~7部咲きってところ。
来週には満開になるかな?


週末なので、ハイジの里の直売所も大賑わい。


一瞬、行者ニンニクかと思ったら、ヤブカンゾウだった。
こんなに大きくても売れるの?

これなら我々でもいくらでも出荷できるぞ。


フキノトウも!
これも花咲いちゃってますけど、これも我々も出荷できんじゃん?


ニラ
我が家のニラはまだこの半分かな?


鬼クルミ。
今回新しく借りた畑にはクルミの木があるらしい。

それなら、このクルミも売ったらどうだろう?


ドライリンゴ。
乾燥させたら40gで400円というお値段に。

以前作ったことあるので、これも出荷できるぞ!
その前に保健所の許可がいるけど。


そしてメインのアスパラ(太いのが5本270円)。
ホワイトアスパラもあるじゃない!

これからアスパラ農家になるので、参考になります。
やはりホワイト(3本で300円)は高いのね。

パッケージや値段は参考になります!


【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved -


2019/04/21

【ログハウス】柱のセトリング対策の重要性と、放置アスパラの収穫!

最近、やっとログハウスが片づき始めした。
前回の記事⇒【農業作業4月16日】昨日の暴風とうって変わって風もなく穏やかな日はファイヤーですかね


ここ一年放置状態で倉庫とかしてましたから。
テラスを片づけてたら問題発見。

この軒先の柱は、屋根の積雪対策で自分で設置したもの。
セトリング(ログハウスは木同士の組み合わせなので、建設数年間は壁が沈み屋根が下がる)対策で、それなりに隙間を設けていたが、、、。

過去記事⇒【ログハウス(17)】<追加の柱>屋根雪積雪対策で、さらに柱を3本追加してみたけど…



柱にヒビ、、、。
予想より沈みが激しく、隙間がなくなり柱に負荷がかかった為。

本来なら柱はジャッキアップ方式にしなければあかん部分。


なので、金具を外して切断!

隙間を作りました。
おそらく、この隙間もしばらくすると狭くなると思う。


雪さえなければ、本来必要のない柱。

冬になったら、隙間にゴムかくさびでも打ち込みますか?


さて、このログハウスの軒下の放置アスパラ。


大分伸びてきたので、収穫してみます。


初めてのアスパラ収穫。
そしてアスパラハサミ使用。

なるほど、便利そうなハサミだ。


【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved -