自己紹介

自分の写真
二人乗り自転車タンデムで夫婦世界旅行後は、長野県は白馬村へ移住。 現在は、就農し『倉リ(くらり)農園』を2019年春に開園! 農業だけでなく、古民家再生、ログハウス建築、サイクリング、スキースノボー、ボルダリング、釣り、etc,,,と新しい地で大忙しな毎日。 あ、育児も大忙し…

2019/09/22

【農業作業9月22日】かんたん!2歳児でもできる、玉ねぎ用の畑の作り方と種まき

今日は越冬作物第三弾、玉ねぎを植えたいと思います。
一弾はニンニク!
二弾はラッキョ!
次点で西洋ゴボウのサルシフィーもそうでした。


まずは、トラクターで耕します。


有機物をいれつつ畝を作っていきます。


畝を踏んで鎮圧したら完成。

そうしたら植え付け。
というより種まきです。


普通は苗を買ってきて植えますが、種まきからやってみます。
これなら一袋400円で済む。


乾燥と雑草対策で、やっぱりもみ殻をまきます。


このもみ殻が砂漠の様なんだ。


でも、埃っぽいのと、ちくちく痛いのが欠点、、、


もみ殻の移動。


そして菜種粕をまいて、もみ殻をまきます。


さらに鎮圧。

これに薄めたお酢をまくといいらしい。
アスパラ用の消毒用のお酢をまいておきました。

以上が、2歳児でもできる玉ねぎの作り方でした!!


その後、アスパラを収穫しましたが、収穫の茎より、病気で撤退の茎の方が多そう!

あと、少し持ってくれい、、、。



<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights-- 

2019/09/21

【小諸】ガッテン農法セミナーin長野!三浦 伸彰 氏の実践型セミナーに参加してみた



こちらの著書の自然農法の方のセミナーです。

三浦伸章 - Wikipedia
日本の篤農家。自然農法普及員(MOA自然農法文化事業団静岡西部中部地域会員連絡会議 事務局長)として、35年以上にわたり自然農法の研究と実践経験から海外でも指導している。
wikiより


ちなみに、今週三度目の小諸佐久地方です、なぜかヨバレテマス。
・有機のオーガニックアカデミー→【佐久】有機作物講習会で先進地域の佐久市で実際に法人ほ場見学
・チベットの祭りキキソソ→【小諸】6年ぶりに触れたチベタン文化!長野県のチベット祭りに参加してみた

さらに、今回の会場は、チベットの祭りの会場の近くというね。


さて、講習でしたが、以前、オーガニックアカデミーでも行った松本の自然農法国際研究開発センターに関係する方なのか、同じように非常に理論的な内容が多く興味深い事ばかりでした。
【松本】目から鱗な自然農法国際研究開発センターでの、オーガニックアカデミー講座に参加してみた



産霊(むすひ


畑へ


ねじねじ


宇宙生命論


座学


実践


行けばわかるさ!
論より証拠!
やってみないとわからない!
宝くじは買わないと当たりません!
etc,,,


有機農法にも限界を感じる今日この頃。
まさに藁にもすがる気持ちで、藁編みですかね?



<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights-- 

【農業作業9月20日】秋晴れも気温が下がってきてて、病気の発病率も下がらないかな?


秋晴れ!
稲刈り直前の田んぼと北アルプス。

今年は本当に、雨が多くて、まともに北アルプスの見える日が少ない。


いい天気なんですが、気温は低い。
朝晩は一桁!
日中も20度にいかないくらいまで冷えてきました。

そのため、ハウスの入り口は閉め気味に。


サイドも。
週末は雨予報なので、雨が入り込まない様にも兼ねて。


昨日からの消毒続きです。

第一アスパラの消毒。
また雨なので、雨明けに再び消毒しないと駄目ですかね?

茎枯病の適温が25度らしいく、15度まで下がれば活動は収まるらしい。
早くもっと寒くならないかな?


さて、自前のトマトジャム工場もフル回転です。
まぁ、自宅キッチンなんですけど。

規格外トマトが多数あるので、ひとまず2㎏分ジャムに。
残りは冷凍にでもしましょうか?



<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights-- 

2019/09/19

【農業作業9月19日】今年もニンニク収穫ガッポガッポ作戦すべく、沢山植えてみた

そろそろ消毒シーズンも終盤な9月中旬です。


第三アスパラ畑の近くの水路の水が止まられていたので、バケツで流れてる水路から水運び、、、。
稲刈りも始まってるから、水田に水が入らない様に止めてるのかな?


第四アスパラ畑はそんなに病気発生してませんが、第三は阿鼻叫喚でございます。
ちょっと見回って、この病気の数!
心も折れそうですが、ここまできたらバチルス菌とお酢の消毒で貫きます。

9月いっぱい消毒したら、今シーズンはもう大丈夫なはず!
もう少し持ちこたえて!!


消毒の後は、トラクター作業です。
新しく来年借りる土地を耕します。


と、半分まで耕して思ったけど、前の人が植えたアスパラが再び再生してるんだよね。
根っこだけ取り出したら、何かに使えるかな?

来年もそんなに急がない畑なので、耕すのは中止~!
ちょっと様子をみます。


がっつり耕したは、第三アスパラの西側の空いてる部分。
ここは、冬は道路からの雪を落とされて積もり積もる場所。


ここにあえてニンニクを植えようと思います。
まぁ、場所がなかっただけですけど。

今まで、アスパラの通路と通路の間にいろいろと作物を植えてきましたが、管理が大変!
特に雑草刈りと消毒時。
来年は、何も植えないで緑肥のみな方向で!


新たに追加のジャンボニンニク。
こちらは、去年と同じ丹波産を同じお店から。

あと、北海道の無農薬ニンニクを購入。
品種はホワイト六片かな?書いてないので不明です。


トラクターで耕した場所をクワで畝を作って、ニンニクをさしていきます。


こんな感じで地味な作業、、、。


こちらはジャンボニンニク。

畝の通路を作りながら、ニンニクに土をかぶせていく方式でやってます。
しかも、マルチ無しで今年はいきます。


初挑戦のラッキョウです。
簡単らしい。


三つの畝が完成。

畝が完成したら、上から菜種粕10㎏分+有機資材アグレット666を5㎏分を散布。
この辺は適当な量です。
本来は自然農でやろうと思ってたので。
まったく作物を作ったことない場所なので、ちょっと肥料いれておきます。

さて、定植した数ですが、、、
・買ったジャンボ(50こくらい
・買った北海道ニンニク(60こくらい
・自作ジャンボ(60こくらい
・ラッキョウ(100こくらい

★東の南から、
1m分、葉ニンニク用小さいニンニク
9m分、北海道ニンニク(15cmピッチ

★東の北から、
2m分、自前ジャンボ大蒜の小さいの10個くらい

★真ん中の南から、
15m分、丹波ジャンボ大蒜(30cmピッチ

★西の南から、
15m分、自前ジャンボ大蒜(30cmピッチ、

★北側ブロック
21個が、五列で15cmピッチ


最後にもみ殻で乾燥防止と雑草抑制で大量にかけておきます。
まぁ、風で飛んでいくので、春になったら定期的にもみ殻追加か、草刈り対応予定!

去年に比べて、やせた場所だし、肥料も少ないけど、どうなるかな?
(去年の記事⇒【農業】ニンニクで、わっさわっさガッポガッポリ作戦実行すべく植えてみた


<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights-- 

2019/09/18

【農業作業9月18日】稲刈りが始まって、もみ殻が大量入荷です


今日は朝から雨。
そんな時はミニトマトの収穫ですよ。

別に晴れても収穫してましたけどね。
なんせ1週間放置でしたので。


あいかわらずキャロル10は病気がひどい。


葉っぱだけでなく、実のヘタまで茶色になってきた。
こうなってしまうと出荷はできないので、自宅用か、ヘタを取って直売か、、、


リトルジェム。

こちらは順調。

しかし、キャロル10は11月まで持ちそうにない。


ひとまずJA出荷です。
値段が今までの2倍にあがってきたので、今後の売り上げが楽しみ。

本日は16箱収穫。


家に帰ってきたら、もみ殻が置いてあった。
もう稲刈りしてるんですねぇ。


アスパラの株に、もみ殻投入です。

雑草対策と病気対策です!



<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights-- 

2019/09/17

【佐久】有機作物講習会で先進地域の佐久市で実際に法人ほ場見学

県の主催するオーガニックアカデミーの3回目の参加で佐久市までやってきました。

今回は、講義はもちろん、実際に有機JASを取得した法人の圃場見学があるので楽しみ。
論より証拠です!

見学は佐久市にあるヨコハチファームさん(https://satoshiyokohati.wixsite.com/yokohachi-farm/blank


社長みずから案内してもらいました。
こちらはズッキーニの畑。

基本、緑肥を使い、通路の雑草対策でリビングマルチを活用。
自分が失敗したてまいらずを通路につかってました。
ここでは、てまいらずが成長するまで、手カキ棒みたいので時間をかけて除草してるとのこと。
収穫時期になれば、てまいらずが成長して雑草は生えてこないらしい。

緑肥以外は、鶏糞ペレットなどの微量要素な肥料を元肥として使ってるとのこと。


こちらはソバージュ栽培のイタリアントマト。


会社理念も素晴らしかったけど、従業員への扱いも素晴らしかった。

寮完備、車支給、なによりびっくりなのが、冬の3か月は完全休養。
しかも給料発生で、自由に休んでいいらしい。
海外に旅行行ったり、他にアルバイトしたり、社長とスノーボードのイントラしたりetc,,,

その他、今後の労働力確保として、労働弱者(老人や女性)でも作業しやすい品目のミニトマト、ズッキーニ、エンドウ、アスパラに絞ってるという点。

他にもいろいろと思わされること多数でしたが、先の先まで見据えてる会社でした!


自分にはできないスタイルの農業体系の社長さんだから、あえて質問してみた。
「今後小さい個人農家の行く先、強味のアドバイスを」と。

『フットワークの軽さが違うのと、尖って(ニッチで)いけばいいのでは?
もしくは、個人の農家同士でチームを組む。ただ農家はみんな個性の塊だから大変だけどね』と。

たしかに、農家はよくも悪くも個性的な人間多いよなぁ、、、。



<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights-- 

【小諸】6年ぶりに触れたチベタン文化!長野県のチベット祭りに参加してみた

キキソソ チベットまつり KiKi So So Tibet Festival. ཀི་ཀི་བསོ་བསོ་བོད་ཀྱི་དུས་སྟོན།

9月の三連休中に長野県東部は佐久市で開催されていたチベタンイベントへ行ってみた!
以前は松本でも開催してて存在はしってたけど、今回第5回目の開催で初参加。

チベットといえば、これくらい好きでしたねぇ、、、


ラサのポタラ宮にて
エベレストBCにて
カイラス巡礼にてラーギャロー!
グゲ遺跡にて
2007年の自転車旅→【Tibet season】-チベット旅行編-2007~


中国の雲南省と四川省を結ぶ幹線道路のチベット人エリアをタンデム自転車で走る
 ラルンガルゴンパ
お祭り
2013年の旅→【3rd Season】 -第3章アジア縦断タンデム編-2013~


そして日本


装いがチベットと同じやな、、、。


もちろんSoutaも初チベット参加!


しかも、初キャンプ!


初アルコール!!

まぁ父親が酔っ払ったワインの残骸ですけど。


チベットゆかりのある日本人のライブや語り部や、


チベットアーティストの作品とか、催しものは多数。

3日間でいろいろなものがありました。

FBより引用(https://www.facebook.com/events/710984539330511/


◉出演予定アーティスト&プログラム◉

チベット人アーティスト

テンジン・チョーギャル(オーストラリア)
カラッグ・ペンパ(韓国)
ドゥルクモ・ギャル(エストニア) (特別出演)
クンチョク・ツルティム(チベット書道家)(カナダ)
テンジン・クンサン(長野)
ゲニェン・テンジン(長野)


内田ボブ
多民族芸能楽団わたら
寺原太郎(バーンスリー)
池田絢子(タブラ)
KIKISOSO BAND

※ALKDOは都合によりキャンセルとなりました。

渡辺一枝(作家)「チベット写真展とお話 ツァンパで朝食を」
星泉 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授)「チベットの怖くないおばけの話 vol.2」
小川康(チベット医) 「素顔のチベット医学生」
クンチョック・シタル (チベット仏教普及協会ポタラ・カレッジ副会長兼主任講師) 「チベット式祈り方 五体投地/ チベット仏教に夜瞑想の実践について」


◉チベットドキュメンタリー上映 (14日21:00〜22:30)
◉チベット&ボリウッドダンスタイム(15日21:00~22:30 体育館にて)
◉五体投地ワークショップ(16日10:00〜)

◉チベット習字ワークショップ
クンチョック・ツルティム先生
15日10:00〜11:00
16日 10:00〜11:00 無料
定員12名(ゲルまたはグラウンドにて)

◉チベット衣装を着て写真撮影:チベット人写真家が撮影します。

◉漫画家:蔵西先生のチベット伝統衣装のかたクロッキー(14,15日 チベット展テント前にて) 無料

◉羊毛フェルトでチベットのヤクを作ろうワークショップ(Tigleブースにて)



◉SHOPS

<FOODS>

キキソソ食堂&Bar (チベット料理モモ)
キキソソ蕎麦(3日間)(急病のため臨時休業)
Gaiadance (3日間)
パンダ食堂 (3日間)
炙りやゆうじ (14,15日)
こーさんのうち (15日)
みちくさ ~蕎麦粉のガレットのお店 (16日)
アジアの屋台Sapa (16日)
奏の森-kanadenomori- (14,15日)
Vegan Masala Wala べじ屋 (15日)
KUKU (3日間)
Pure Plants(15日)
Aloha Cacao (3日間)
大分かぼす量り売り (3日間)
はたけののぼの (15日)(Hatakeyama Tomoakiブースにて)


<GOODS>

森のくすり塾 (15日)

Tigle (15,16日) 羊毛フェルト小物販売

🐏チベットのかわいいヤクを作ろう
(大人向け、所要約1時間) 定員12名(予約承ります)
"羊さんの毛と石けん水で作ってみよう!
🐏三日月ペンダントとかざり球" ワークショップ (こども向け)
15日10~17時/16日9時〜のあいだ随時 
Tigleブースにて開催


漫画家・蔵西 チベット衣装のかた無料クロッキー(14,15日 チベットテント前) セルニャ無料配布 etc...
pandapainting (15,16日)
おっぺ工房/帽子屋トーリ (3日間)
パラディッシュ工房 (3日間)
籠目堂 (15,16日)
Hatakeyama Tomoaki (3日間)
木工家具 ゆずりは (15,16日)
あゆみや & Organica商店 (3日間)
素数の社 (15日)
Herb Craft Sea麦工房 (15日)
Hazki Candle Works (15,16日)
たからの森 (3日間)
あんまサロン結まど (3日間)
Ropes Organic Cotton(15,16日)
gato (3日間)
わくわく屋 (3日間)

and more...!!



夜は体育館で、クラブ状態。
雰囲気もチベットの田舎風でいいんじゃないかな?


夜は酔っ払ってふけていく、、、。


イベント最終日の女性チベタンシンガーは圧巻だった。

これは言葉では言い表せないので、下記youtubeからどうぞ。


FBより引用
ドゥルクモ・ジャル
『KIKISOSO SPECIAL SESSION with Drukmo Gyal』
9/16(mon) 13:00~13:30
世界から注目を集めるエストニア在住のチベット人女性マントラ・シンガー、ドゥルクモ・ジャルがキキソソに特別出演です!!!😍
チベット伝統の教えの伝承者にして5ヶ国語を操る才媛、
さらにその歌声はどこまでも優しく澄み渡り、パワフルな癒しの力を感じます。待望のチベット人女性シンガーの登場に胸踊ります🥰多忙の合間を縫って出演してくれます。バーンスリー寺原太郎さん、タブラ池田絢子さん、ギター・テンジン・クンサンとの共演となります。短い出演時間ですが、どうぞご期待ください!!
ドゥルクモ・ジャル
 
チベット北東部で修行者の家庭に生まれ、幼い頃からチベット仏教のマントラ(真言)、チベット・ヨーガ、瞑想法などを学び、実践、地元のチベット・ヨーガの実践者たちの支援を受け、マントラを古代のメロディーにのせて歌うマントラ・シンガーとして2008年にデビューしました。2012年に青海大学経営学部を卒業したドゥルクモは、チベット医学ソワリグパの伝承と世界への啓蒙に向けてソリグ・カーン・インターナショナルを創設したニーダ・チェナグツァング医師に師事。2013年に中国青海州立チベット病院、翌年にはマレット・チベット病院に研修生として勤務した後、ソワリグパの自然療法の講師として、ソリグ・カーン・インターナショナルのエストニア支部に着任しました。
 マントラ・シンガーとしても2014年に初のアルバム、「Purification Voice of Tibet」を発表、欧州諸国、ロシア、マレーシア、中国、米国などで、地元のミュージシャンとのコラボによるコンサート活動を継続。2016年にはソワ・リグパで医療として臨床で使用されてきたヒーリング・マントラを紹介するアルバム、「Tibetan Mantra Healing」を発表しています。
ドゥルクモはチベット語、中国語、英語、スペイン語とエストニア語に堪能。中国国立演説コンテスト、CCTV CUPで準優勝した経験も持ち、エストニアで開催されたTEDxでのスピーチは1万人を超えるアクセスを得ています。現在28歳、エストニア在住。ソリグ・カーン・インターナショナル(国際チベット伝統医学研究所)エストニア支部長。
Female in Buddhism | Drukmo Gyal Dakini
https://www.youtube.com/watch?v=zl9zwCKyQQk&t=192s
ドゥルクモ・ジャルさんの2度目の来日コンサート&ワークショップが、9/14&15、東京で開催されます。
詳細&予約はこちらから
https://naturalspirit.ws/drukmo_201909/



<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights--