2011/11/04

【san pedro la laguna】同じような名前のアティトラン湖畔の村へ1000mダウンヒル

本日も約800mくらい登る峠がまずある。
まずは、グアテマラ方面の幹線に戻るため、サルカハ経由でcuatro caminosクアトロ カミノスへ。

分岐のクアトロ カミノス手前で、右折。そのまま登りの幹線へ。
がっつり崖沿いに登ってる。


でかい岩が、、、。

しかも途中結構崩れているし。
登っていくとシェラの街並と山が見える。
どこか静岡と富士山の様な景色?

まだまだ登っていく

道はひたすら登り、山の内陸へ。途中2本の電波鉄塔を過ぎ、まだまだ登っていく。

登り始めてから3時間。やっと峠の看板。
なだらかな峠である。

標高3000m以上、、、。

峠のすぐ先で左に分岐しており街がある様だ。
ちょうどお昼どきだし、ランチがてら寄って行こう!


nueva santa catarina ixtahuacanの街。分岐から2kmくらい。

小さな街であるが、立派な教会があって男どもが杭立ててた。
閉鎖するのか?

教会手前に市場あり。定例市場のみに出店も少ないが、チキン屋台発見。
しかも7Qで安いじゃないか。

チキンセットとコーラ4Qでランチ休憩

ついでに5Qでフルーツも。

市場にゲームセンター。少数民族衣装でのゲームは何かシュールな感が、、、。


腹ごしらえもすんだし、あとは湖までの下りだけのはず。お気軽気分で下山だ!


下ると霧が発生。なんも見えん、、、、。

下っていくうちに霧も晴れ、眼下に街が見えてきた。
nahualaナウワラとの分岐あたりである。


しかしこの先ずっと下りかと思いきや、標高2400m前後で上り下り。
道がいいから走りやすいが、小刻みの上り下りは精神的にも肉体的にも辛い。

そんな上り下りを繰り返してやっとアティトラン湖への分岐148kmポストへ到着。
ああ、疲れた。

商店もあり、湖へのコレクティーボ乗換地点もあるため人はそこそこいる。
まぁとりあえず甘いもの休憩。

3Qのケーキで糖分補充。

さぁ、ここから本当に湖まで下りだろう!と思ったが、湖が見えん。
立ちはだかるは山?
小さな集落を抜けると、本当に山で登り、、、しかも道悪、、、。

また霧が出てくるし、本当に湖にむかってんのか?

悪路をなんとか155kmポストあたりまで上りきり、今度こそ、今度こそ下り。
しかも、ただの下りじゃない。激下り。

ただでさえタンデムは二人乗りなので重量がある。下りはスピードが出すぎてしまうのだ。
ブレーキがきかね,,,
一気に標高を落とすが、くねくね道で悪路なので、スピードも出せないのでゆっくりゆっくり。
ここでブレーキ吹っ飛んだら洒落にならん。

サンタ・ビシタシオンの入り口。

santa maria visitacionサンタ・ビシタシオンの街手前の沢で激下りから激登りに!
登れねぇ,,,この旅初の登り手押し。
登りきった標高2000m付近にはsanta maria visitacionサンタマリア・ビシタシオンと、
santa clara la lagunaサンタクララ・ララグーナの街がある。。
ちなみにこの街の先まで上り、、、。下りと湖はいったい?


登りきった先で、ついに来た!!
アティトラン湖!世界一とも中米一とも言われるキレイな湖である。まぁ世界一は大げさだが。


いやーやってきました。アティトラン湖。ここからは下りだけでしょう?


こからも激坂下り。ものすごーくブレーキ熱でホイールが熱い。大丈夫か?これ。

徐々に下って、、、。

と言ってるうちに前輪がパンクした。
熱でチューブ修理箇所のパッチが離れると聞いたことあったが、今回のパンクはこれか?
しかも激坂の途中では修理も出来ない。なんとか緩やかな場所まで自転車を移動。
で、修理開始したら、パンク時にそうなったのか、無理やり移動したからなのか、
チューブの空気入れる芯(バルブ)が根元からポッキリ,,,オイ!
もはや修理不能。

二本しかない予備のチューブがあっさり一本ご愁傷様。この先700のフレンチバルブチューブなんて売ってんのか?

修理したら今度はブレーキ負荷のかからない様に下る,,,が無理なので、結局熱を持つことになる。
途中いくつか、川越えをしたので、ホイールも冷めたかな?
おかげで何とかパンクせず下りきった。

だんだん湖畔が近づいてきた。

下りきった湖畔の小高い村はsanta pablo la lagunaサンパブロ・ララグーナ。
この街ものんびりしていい感じではあるが、今回目指すのはさらに湖畔を行ったサンペドロララグーナ。

村をあとにして、湖畔沿いまで下る。ここから湖畔沿いに上り下り。
道も悪い。湖畔沿いにいく。半島の先に町が見える。san pedro la lagunaサンペドロ・ララグーナである。
しかし似たように名前ばかりである、、、。


最後の最後まで登り下りでヘロヘロで、なんとか目的地のsan pedro la lagunaサンペドロ・ララグーナの高台の市場へ。


目的の宿は市場からsantiago atitlanサンティアゴ・アティトラン行きボート発着場へ下った途中。
右側に看板が出ており、路地に入っていく。
有名なサンフランシスコ(こちらはツイン50Q/一泊)のさらに先。

ホテルへの路地。

hotel peneleu
add:不明。村人に聞けば皆知ってるが、お小遣い稼ぎで案内する人(子供)も多し。

パナハッチェルからボートでこのサンペドロ・ララグーナ(一人25Q)で来た場合は、
一回、激坂を登って市場まで行ってからアティトラン行きボート乗り場方面に下った方がわかりやすい。
村の中を通って、坂なく行く方法もあるが、迷路の様なので、荷物持っては難しいかも。

一階1人15Q、2人30Q ホットシャワートイレ付(要交渉) 
二階1人25Q、2人40Q
三階長期なら貸してくれるそうな,,,

キッチン(冷蔵庫)、ホットシャワートイレ、ネットwifiなし。

部屋は左側の建物の方が新しく、二階のテラス以上の階であれば湖が見渡せる。
屋上からの景色はいい。
おっちゃんが切り盛りして掃除はマメにしているが、どうもシーツは交換してなさげ,,,。
見た目はキレイなのだが、シーツによっては匂いが,,,(特に日の当たらない1階)


2階の部屋。

テラス

1階部分。

キッチン。
設備はたいしたことないが、簡単な自炊なら可能。



今日は峠の後は下りだけかと思ったので、精神的に激坂の登りと下りにやられヘタヘタ。
さすがに自炊する気にはならず、宿のおっちゃんお勧めの近くのレストランへ。
路地から通りにでて左へすぐの左側。新しいのかな?

チキン定食(30Q)とポテト卵炒め(15Q)みたいの。





大きな地図で見る
【データ】
KM
city
time
Altitude
0km
Quezaltenango(xila) 09:00 2300m
14km
cuatro caminos(分岐) 10:00
2300m
32km

12:00
3000m
34km
nueva santa catarina ixtahuacan 12:30
2950m
55km
148kPポスト分岐 14:30
2450m
60km
155kP最高地点 15:30
2600m
68km
santa maria visitacion 16:30
2000m
85km
san pedro la laguna 18:00
1550m





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
--Copyright (C) 2006 hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿