2011/11/07

【antigua】木造瓦屋根のアンティグアの町並み探索

アンティグアの町並みは世界遺産に登録されている。
日本で言うところの古都京都に位置する。

石畳で建物もコロニアル風でいい雰囲気である。



高い建物はない。

街の北には有名な時計台。

崩壊した教会。しっかり入場料を取るらしい、、、。

一見洋風な建物なのだが、屋根は木造瓦屋根なのである。
日本人にもホッとできる家の作りなのである。

ここで、通り沿いから屋根を見てみると、、、
タイルが張ってある。
オシャレである。

こちらは通路となってる天井部分。
こちらも模様がある。

現在は銀行といして利用してる建物だが、こちらもタイル。
一軒一軒パターンが違う。

マルのパターン

星のパターン

どの建物もオシャレなのである。

もちろん屋根以外に壁や看板もどこかオシャレ。
こちらはレストランの看板。

薬局の看板。

お皿をつかって住所表記。

町並みもいいが、こういった細かいオシャレを建物一軒一軒見ながら街プラするのも面白いアンティグアである。

そして最後に、、、

中央公園の中心に、、、、

有名な噴水がある。
何が有名って、、、
この水の噴出し口。
これはまだ序章、、、
はい、メインはこちら。
それぞれ顔の違う女性が4体もいらっしゃいます。


以上、オシャレなアンティグアでした!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
--Copyright (C) 2006 hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿