2011/11/19

【ancud】街プラ&海鮮丼再び in アンクド

予想だにしてなかった朝食付き。
パンとハム、チーズなどの結構しっかりしてるじゃないか。

まけさせちゃってゴメン、お父さん。



本日も晴天。天気の悪いことで有名なこの地方で、この天気は珍しいのか?
港の方へ散歩へ。
うろこ状の壁のこじゃれた家が多い。

メインストリートだが小さな街なので人もまばら。

港からの景色。
丘の上におしゃれな家が多い。

海岸線沿いのホテル。
このホテルの正面に教会と博物館がある。

教会
カテドラル(教会)も木造作りで、いいじゃないか。
ここの教会は世界遺産かどうか不明。

ついでに教会前の博物館へ。
たった600チリペソ(学生300)なので、とりあえず入ってみた。
まぁ小さな博物館です。日本円で100円だから別にいいけど、高かったらショックな場所だなぁ。
見晴らしはいい。

原住民?
鯨の骨?
中庭。外は気持ちいい
要塞の様な博物館
囲炉裏?
木の文化だと日本と同じようになるのかな?


さて、本日のメインイベント。
魚介市場である(また,,,)
ここチロエ島も海鮮で有名らしい。


港近くの市場は小さくて活気もなかった。
これだけしか出店してないしサーモンもない。
クラントセット。

ウニ1500チリペソ

市場の裏のレストラン街。

ここはサーモンもないのでもう一つの市場へ行くことにする。


港の市場よりメインストリートの宿とスーパーの間にあった巨大テントの市場の方が活気があるぞ。
地元民も込み込み。
サーモンたっぷり。

ウニも白身の魚をたくさん。

サーモンでか!!

本日の戦利品
サーモン半身2800チリペソ也(kg/3800チリペソ)



早速米炊いて、さばいてみた!

プエルトモンと同じくサーモン半身(2800チリペソ)とウニ(小瓶1500チリペソ)。
ウニは前回より見た目いいぞ。
さっそく前回同様に海鮮丼にしてみた。
美味い!美味いぞ!サーモンもウニも甘くてとろける。なんて贅沢なんなんだ。


こんな贅沢、、、もうタマリマセン!
ウニがとろける、、、。


夜は夜で、、、
フライパンでウニを、、、

昼よりもっと贅沢に焼きウニとサーモンです。
前回同様に甘みがまして、もう、、、、言葉になりません!








にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
--Copyright (C) 2006 hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿