2012/03/03

【Urcos】朝は温泉で優雅気分も午後は大雨,,,

やっぱ日本人として朝風呂だよね?
意外と現地人も朝から温泉に来てた。びっくり。

朝は湯煙。

現地の若い男女も結構朝早くから来てた。

我々は熱熱のプールへ。
現地人は誰もはいらず。

そこいらじゅうの地面から温泉がわいている。



独占かとおもった朝風呂。
それでも朝靄の中の湯煙、、、最高です。

朝からたっぷりつかって、リラックスチェアーで優雅に温泉眺めながら朝食。


温泉前には鱒焼き屋さん多数。

電車も止まってくれればいいのに、、、アグアスカリエンテス駅。

公共機関でここに来る場合は、クスコ~プーノ間のバス途中下車か、sicuaniシクアニから乗り合いタクシーみたいだ。
温泉前にはタクシーが多数待機中。




それではちょっと後ろ髪ひかれる思いだが、自転車で出発です。

ここから道は下り。のどかな景色がひろがってます。



すぐにsicuaniシクアニの街。
温泉効果か朝食食べたのにお腹が空く。


露天の羊スープ3ソル食べる。
結構大きい街だった。



途中、バス停休憩。
その後も下り。


だんだん標高が下がるのと、久しぶりの晴天で気温も暖かい。

途中リング状の虹が出てた。

昼くらいにはcombapataコンバパタの街に着いた。


幹線沿いの街かと思いきや、一本中の広場では、屋台がたくさん出てた。


見たことないチキン料理発見。

エスカ=デ=ポジョなる、酢かレモンもすっぱい系のチキン、野菜たっぷり!
屋台はおもしろくていい!


街はずれの橋。

その後も平坦か下りで楽だったのだが、昼過ぎから天気が悪くなり、雨が降ってきた。
午前中とても気持ちよかったのに。



料金所で雨宿り。
一向に止む気配がないので、合羽をきて出発。


あまりに雨がひどいので、途中のquiquijanaクイジャナの街で、フライドポテト休憩。
幹線沿いに鐘楼がある珍しい街だ。

幹線沿いに何件かホステルがあったので、もう本日はここに泊まってしまおうかと思った。
何気なく通った屋台の前、そこで食事してた若者が泡スプレーをtomomiに突然かけたのだ。
お祭りでスプレーを掛け合ってる子供たちを知ってはいた。
なら堂々としてればいいのに、影からこそこそと、、、。彼にとってはただのおふざけだったのかもしれない。

しかし、突然、泡だらけになったtomomiはそりゃキレますわな。

その若者に「オイオイ!」と詰め寄ったが、笑ってるばかりで、「泡なんて知らないよ」って顔。
なぜか周りの大人が謝ってくる始末。
そして屋台のおばちゃんが、泡を拭いてくれるし、、、
当の本人にティッシュ渡して拭く様に言い寄るも、何もせず。さすがに笑顔ではなくなっていたが。

結局彼は何もせず、周辺の大人たちが謝ってきたり、我々をなだめたり、、、、。


なんだかぁ、、、

ケチがついたこの街。雨の中でもさすがにもう泊まる気は失せた。
さらに次の街を目指すことにした。



途中の100mくらいの上り下りがあったが幸い次の街が25kmくらいでついた。
坂の街、Urcosウルコス。


街のセントロ中心は丘の中腹。
上る上る、、、。

街の入り口が一番低いので、セントロのプラザまで上り。雨が辛いぞ。
プラザ周辺にはホステル多数。

そのうちの一軒へ



Hostel Wiracocha
ADD:Jiron arica 110

プラザの周り。一階部分が商店になってて便利。
一人10ソル(トイレシャワー共同)
電気温シャワー(まぁまぁ暖かい)、wifiなし
プラザにネットカフェ(1h/1ソル)


3人部屋

共同トイレシャワー


プラザにチキン屋も屋台もあるので、食べ物には困らない。

串1ソル
チキンセット 2ソル

本日は長い一日であった。

雨のおかげで、自転車が泥だらけだし、靴はビショ濡れだし、洗濯物は乾かないし大変であった。



【データ】
KM
city
time
Altitude
0km
aguas-calientes 08:00 3950m
26km
sicuani 09:30
3450m
60km
combapata 12:30
3400m
98km
quiquijana 15:30

123km
urcos
17:30
3050m







--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿