2012/03/28

【Tijana】”乗り遅れた”予約チケットでバス乗車方法?(アメリカ)

友人宅にゆっくりしてしまったが、、、
さて我々の今日の予定は、ここLAでない。

南下して再度メキシコ 入国してティファナを目指す。
数時間前にメキシコシティで入国スタンプあるんですけどね。



しかし、最大の問題がある。
ここLAから国境の近くの街San-Diegoサンディアゴまでのバス移動である。

もともとLAついたらメキシコ行く予定だったので、ペルーで事前にネットでアメリカのバス、グレイハウンドのバスをネット購入していた。(Greyhound.com | Home)
しかし、クレジット購入の欄を記入時に、他のバスの時刻表を見たら、それが反映されてしまい、
今日の朝2:30AMとか訳分からない時間に、しかも高い時間のEチケットが送られて来てしまった。

クレジット記入ページでは希望のバス時刻だったから、何度も確認して問題なかったのに。
まさか隣のページの情報が反映されるとは、、、

救いは払い戻し可能な高い24ドルのチケットであったこと。(ネット割引チケットは18ドル)
ネット上で払い戻しの欄でメールしたが、7営業以上かかりますの注意書き、、、

すでにバス出発してるがな、、、、



と、いうことでネットは当てにならないので、直接バスターミナルルのオフィスで文句言って、
せめて時間だけでも変更してもらう作戦予定。
しかも、とっくに”出発してるバスチケット”を!だ。

かなりもめる、、、いや、普通に考えて無理な依頼をする作戦だ。


そんなメキシコへ行く話しを友人にしてら、近くにキングタコスなるおいしいチェーン店があるから、
本場と比べてみたらと、買ってきてもらってもらってしまった。
ちゃんと包み紙にはチキンはpolloとスペイン語で書いてある。

やはりアメリカに来てもここはスペイン語圏か?

味はおいしい!トッピングのソースも辛くてうまい。
タコベル(こちらもチェーン店)の印象があったが、こっちのほうが断然うまい!
本場の前においしいプリトーをお腹いっぱい食べさせてもらった。



バスターミナルまでは友人家から車で15分くらいなので、送ってもらうことに。
でも、LAに12年近く住んでる友人はバスターミナルを知らなかった。

まぁグレハンのバスターミナルはどこの都市でも治安の悪い場所にあり、
普通の人はあまり使わないからバスターミナルの場所を知らないのだ。

旅行者か低所得者層の人ばかり。
アメリカの交通機関では、高いのは電車。
普通は飛行機(けっこう安い)
そして一番安いバスといった感じだ。



とりあえずPM2時前後のバスをねらって、7thとalamedaアラメダ通りのバスターミナル着。
(add: 1716 East 7th Street)

10年前に利用したときより、周辺はこぎれいになった、、、気がする。


それでは決戦!と意気込んで、いかにも黒人おばちゃんの居るカウンターへ!

「バスの時刻を変更したい。もうすでにメールで連絡したが、まだ返事がない。どうしてくれる,,,」
って、言いかけたところで、

我々の、もう出発してしまったチケット見て、
「5番入り口へ行って!」

???
5番ってバス出発待ちしてる人たちの列ですけど?


特に新しくチケットが用意されるわけでもなく、バス出発待合室へもそのままのチケットで入れてしまった。
このあと、運転手がチケットチェックするんだろうけど、大丈夫か?これで?

普通に運転手から、駄目って言われそうなんですけど?
しかも席の数とか込んでたらオーバーすんじゃないの?


待つ事30分、、、
バスが到着。普通にバスチケット持ってる方方はバスに乗り込む。

このチケットで乗れるのかよ、、、と思いつつ列にならんで、運転手に突っ込まれたら、
チケットカウンターで問題と言われた、と言ってたやろうと思ってたら、、、、

何も言われず、チケット回収されて、バスの席へ!


いいのか?アメリカ!
そんないい加減なシステムで!!


どうも久しぶりのアメリカ、全てが便利なシステムで、
そして人はいい加減!!!

今回のったグレハンのバス。
南米の豪華バスのあとだとショボイが、、、

なんとwifiつき。
アメリカもやるじゃないか。

席は狭くて汚いけど。

フリーウェイ爆走中。
結構運転あらいです。

と、言うことでグレハンのバスはハイウェイをすっ飛ばし、3時間かからず17時半前にはサンディアゴの街の、トラム駅の目の前のターミナルへ到着。
うーーん便利だ。

そのまま、トラムに乗ってさらに南下した国境の街へ向かう。
一人2.5ドル。1日券5ドル。日帰りなら1日券のほうが断然お得。

川むこうにティファナの街が見えてきた!
同じ街に見えるが手前がアメリカという、造りがまったく違う街である。


40分くらいで国境の街san ysidroサンイサイドロにトラムは到着。


駅の目の前にはマクドナルドに両替所。
日曜日なせいでやってないが、ここがメキシコ側より一番レートいい表示してあった。

アメリカ出国側は高速道路の反対側なので橋でわたる。
メキシコからアメリカに入国してくると、トラム駅目の前のたった10m。

高速もそのまま、イミグレと直結している。(右レーンがメキシコ方面)
アメリカ人もメキシコ人もマイカー持ってる人はそのまま出入国。

楽である。

そしてメキシコへは、10分徒歩で駅から橋わたってハイウェイ越えた先の回転ドアを越えればもう出国である。

うーーん、便利だ。

アメリカの今回の不便さは、小銭がないとチケット自販機も公衆電話も使えないということか。
お店は細かいお金への両替をしてくれないので、買い物するか、クレジット機能付自販機を使うしかない。


これでアメリカ出国。

日没前の18時すぎにはメキシコ入国のためアメリカ出国。
回転ドアを回すだけで出国!楽です。

24時間でアメリカ、メキシコと2回入国です。

回転ドア後で国境ライン

ここティファナならメキシコ72時間以内入国はスタンプもなにもいらないので、楽ですけどね。
しかし、誰がどう確認してるんですかね?72時間って。
ここから本格的にメキシコ入国する人は回転ドアの先のイミグレで入国カードかくから記録が残るが、
短期72時間以内滞在者はそのまま素通り。


本格的に入国する人は、アメリカ出国後(回転ドアの後)のイミグレをオフィスに出頭。
イミグレ官は声をかけてこないので、自己申告である。

アメリカの出国もメキシコの入国の記録もありません。
完全自己申告制です!

国境の橋渡って再度回転ドアの先はもうメキシコ。

なにか懐かしいような、、、初めてのような、、、




大きな地図で見る


--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved.

0 件のコメント:

コメントを投稿