2011/12/06

【Aysén】本格パタゴニア走行始動!フェリー到着そのままアイセンへ走行

乗船三日目
朝にはpuerto chacabcoプエルトチャカブコへの湾内入り口の街(島?)へ。


そこそこ大きい街のようだ。
船を皆で手下ろし。

何か商店はないかと思って街に行ってみるも、
早朝すぎてまだオープンしていなかった。

天気が悪くなり雨がまた降ってきた。
今日は自転車で走る予定なんだけどなぁ、、、

大分トラックや車も減ってきた。
乗客も下船する人がほとんどで、数人乗船してくるくらい。


最後の湾内に入っていく。
この先にpuerto chacabcoプエルトチャカブコがある。


そしてやっと12時半には終点のpuerto chacabcoプエルトチャカブコへ雨の中到着。
約37時間の航海でした。

隣の港には高級フェリーのNAVIMAGナビマグも止まっている。

ついに(やっと?)上陸である。
37時間でこの料金だからお得なのかも知れないが、長いかった。

はい上陸。
雨です。

ちなみに朝よった島も、ここチャカブコもちゃんと待合所ありやがる。
結局なかったのは、ケジョンのみ,,,作ってくれよ。

雨の中ついにパタゴニア本土の本格的走行が始まる。

この街には特に何もないので、15km先のAisenアイセンの街を目指す。
一応チャカブコにもホステル(民宿?)はあった。


雨とはいえ、ついに本格的なパタゴニアの走行。
チロエ島はオマケみたいなものだし。
はたしてアイセンの街はどんなのだろう?

チロエ島とは景色が違う。
全てが大きい感じである。

しばらくは湾内沿いを平坦に進む。

内陸部にはいると、雨がきつくなってきた。
平坦なのと、本日の街が近いのが救いだ。


小一時間ほど平らに移動して街が見えてきた。
まずは住宅街が広がり、赤い大きな橋を渡った先がセントロの様だ。
橋を越えたとたんに大型スーパーUni-marc発見!
あれ?物にあふれてるのかパタゴニア?

街もそこそこの大きさ。
まぁまずは宿探しから。しかし小雨になって天気が回復したとはいえ突然スコールのような雨が降り視界不良。うまく宿が見つからない。

たまたま、メインストリートで宿の場所聞いた女性が英語はなせて、これから、民宿やってる友人の家に行くと言う。
なんてラッキーな。


宿は1ブロック先。
食堂兼宿の様だ。

宿の女将に値段を聞くと7000チリペソというではないじゃないですか!
狭い部屋だがお世辞にも7000では高い。
英語話せる彼女も通訳に入ってくれて「ここはかなり安いわよ」とのこと。
宿は高いのか?パタゴニア。

でも今まで”一人”6000チリペソだったしなぁ。
「6000にならない?」と聞いてみたら、6000チリペソで交渉成立。
「普段の7000でも安いのよ。”二人で”」と女性。

ん!?一部屋6000チリペソってことか!?
「一人3000チリペソずつよ」と女性。

てっきり一人ずつの話をしてるかと思いきや、
一部屋で値段を言ってた様だ。スペイン語ができないがから意思疎通がうまくできてなったが、
こういうパターンはたいてい安いほうに勘違いするのだが、今回は珍しく高いほうで勘違いしてた。


6000チリペソ一部屋ならもはや文句はありませんよ。
雨降ってるし。
部屋や共同トイレ温シャワーも古いがキレイにしてるし。


El Niajesa
add:E.Ranirez 1202

一室7000⇒6000チリペソ(一人3000)
wifiなし、温シャワー、ペーパー、家族のキッチンがあるが使用は不明。
お湯はくれる。
1階はレストランなので食事はできる。

部屋。狭いが値段を考えると十分。

部屋の窓からの景色。
宿に居たら天気が良くなってきた。
走ってるときに雨ってのはよくあることです、はい,,,。

wifiのない宿だが、窓あけたらどこからか電波飛んできた。
野良電波ネットです。


自転車は裏庭に置かせてもらった。

レストラン。
食事3000チリペソくらいからある。



さっそく荷物を置いてスーパーへ。
大きいスーパーだ。物にあふれてるぞ。
正直、チロエ島より安くて豊富じゃね?
わざわざチロエで大量に食材買ってきたのに、、、。


晴れてきたら、メインストリートやその脇にそこそこ民宿やホステルを発見。
たまたま安いところ発見できたけど、それなりに宿のある街なのね。
雨降ってるとまったく気づかんな。


本日の夕食。
簡単に部屋でできる料理に。


A:puerto chacabco
B:Aysen

大きな地図で見る
【データ】
KM
city
time
Altitude
0km
puerto chacabco 13:00   0m
15km
Aisen 14:00
  0m









--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿