2013/03/13

【tao】サイクリストがダイバーへ転職するほど魅力的なダイビング天国な島



タオ島(koh tao)マップ


「いやーリゾートアイランドでの、昼寝って至福な時~」



いつも、宿近くのビーチで泳いでる我々二人ですが、せっかく島に来たのだから、他のポイントでも泳ぎたい!
で、初タオ島でタンデム始動です!

普通、この島ではみんなレンタルバイク(1日200B以上します)して島内を巡ったりします。
決して大きな島ではないので、自転車で十分!
こんな時、自転車は役立ちますなぁ

それでは、さっそく東海岸(宿や街などは東海岸に集中してる)のビーチとか行ってみよう!

、、、。
何この急さか、、、

そもそも、この島では一本のメインストリートくらいしかまともな道路整備がされていない。
これでも、だいぶマシになった。

まだまだきつい未舗装な道路も多く、バイクに慣れない(慣れてても)外人がレンタルバイクで転んでバイクを傷つけて、よくレンタル屋ともめている。
おかげで、普通の街以上に借りる前後の傷チェックが厳しい

苦労して訪れた、aow leukアオラックビーチは大荒れ、、、
泳げないじゃん!!

この苦労は?

波さえ穏やかなら綺麗なビーチなのに。


ならさらに南下で,sai daeng beachを目指そう!
ここは湾になってるから、少しは穏やかなはず!

メイン幹線分岐から2kmとの看板、、、まさか先ほど並の道じゃございませんな?

、、、。
急すぎ、、、

写真じゃわからないと思うけど、荷物がないタンデムでも、漕げません。
素直に自転車を降りて、押した方が楽なレベル、、、

20パーミーくらい角度あるんじゃないか?

うりゃーーー!!

と、一人がんばってみましたが、かえって疲れた。
押した方が楽だわ、、、
うーーん、この島ではレンタルバイクの方が楽ですよ、、、ホント

おお、いい景色!

でも、上りが急坂なら、下りも急坂、、、怖くて自転車に乗れない。
素直に降りて歩きます。


下りきったところにあるsai daeng beachのホテル。

おお、いい感じじゃないですか。
苦労して来たかいがあったか!

何より人が少ないのがいいね。


浜辺も珊瑚だらけ。

ビーチでのんびり!

いいビーチなんですけど、、、
帰ることを考えると憂鬱です!

なので、早めに帰ります。
やはり、部屋が目の前にあるビーチが一番だな

ふ~
疲れた、、、泳ぎより自転車が、、、。

ここで、本土で買ってきた缶詰をつまみにビールを!
このつまみが美味い!
日本で売ってそうな蒲焼な味である。
たしかに商品名に蒲焼とかいてあったが、ここまで日本の味に忠実とか!

なかなかやるなタイ!
これはいいおつまみです
ちょっと26Bと高かったけど

飲んでたら、夕方になってもうた、、、

今日の夕食は我々らしくなく、白人さんご用達のレストランに行きます!
我々も別に食べ物に関しては、多少高くても美味しければ、文句は言わない。
むしろ食べたいくらい!

でも、二人だけだとまったく情報がないので、ついつい新規を挑戦するのが遠のく。



港近くにあるpranees kitchen。

地図

ここタオ島で、以前であったマレー人チャリダーと再会である。
我々よりだいぶ先行してたが、ここタオですっかりダイビング三昧で、我々が追いついてしまった。
もともとライセンスを持っていた彼だが、タオのダイビングの魅力と安さも手伝って、レスキューを現在受講中。
最終的にはマスター(ダイブの指導者になれる)までいきたいらしい。

すっかりサイクリストからダイバーへ転職ですよ。
いつ目的のバンコクに着くんでしょうね?って我々もだが。

いくつものダイブショップも立ち並ぶタオ。
日本人にもダイビングで有名なタオ島だが、やはり他の外人にも有名。
タオはダイバー天国といわれる由縁ですかね?

その彼のオススメなレストラン。
すでに食べた人がオススメしてくるお店って安心ですよね~
(スーパー他力本願!)

オススメのチキンハンバーガー120B!とグリーンチキンカレー70B

たしかに地元料理に比べれば高い。
そもそも物価の高いタオでもランチなら40Bから食べれるタオ島だが、夕食は最低でも60Bからかかる。
それでもちょっと物足りないので、結局トータル的に80B以上つかってしまうのである。

そう考えると、白人さん胃袋仕様の料理なら、満足な量なので、あまり料金的には変わらない気がする。

あと、タオ名物(?)のノーネームや春巻きも美味しかった。
名無し(ノーネーム)という料理だが、日本でいうところのかき揚みたいな料理。
なかなかボリュームもあって美味しかったぞ!


たまには、白人さん好みなレストランもいいですな。



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!

<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿