2013/03/05

【krabi】100本以上のオファーを蹴って出演したディカプリオ映画の街

クラビーです、、、、

周辺には有名なビーチや島があるので、基点になることが多いですが、
大体の外人さんは、有名なビーチのあるアオナンビーチへ行って宿泊することが多いです。

しかし、我々はこのなんてことない田舎町のクラビーが結構好きなんです。
(田舎といってもそこそこの大きさ)


周辺には奇岩がぽっこぽっこして風光明媚だし、物価はタイ人価格(普通の街なので)だし、
でも、そこそこ旅行者がいるので、安宿も多いという。

ちょっと足を伸ばせば有名な島や、ボートトリップもできる便利な街なんです。



そして、好きな映画は?と聞かれたら5本の指には入る映画「ザ・ビーチ」のロケ地!
ハリウッドスター、レオナルドディカプリオも映画撮影や撮影中の定宿になっていた街でもあります。


街のランドマーク?の原始人信号機。

タイタニックの後の出演だったが、正直激ヒットしたといはいえないが、、、、
別にこの映画は彼目当てで見たわけではいので、ヒットどうこうはいいのだ。
映画の原案の小説原作者が元パッカーだったせいかもしれないけど、内容は旅行者には同感できる部分が多かった。

何かを求めるように海外まで来たけど、結局海外でもやってることは、自国にいたときと同じだったり、映画ラストのいろいろあったけど、結局は元の自分の世界に戻ってく的なところとか。

この映画は旅の出発前と帰国後にみたら、印象が変わるんだろうな。


実は映画にはまったくクラビーのことは触れていない。
もちろん楽園のピピ島も。

撮影こそは、ここ西海岸のクラビーやピピ島で行われたが、
映画の設定はマレー半島はさんで反対側、東海岸のパンガン島周辺の島の設定なのだ。

クラビーでは冒頭のバンコクのシーンを撮っている。
なぜにクラビーで?
と、思ったが、メインの撮影地のピピ島に近いし便利だったんだろうな。

wiki先生⇒ja.wikipedia.org/wiki/ビーチ

これですね。
有名なカオサンです、、、、ってただのしょぼいわき道じゃないですか!

さすがハリウッド。
一つの通りを違う場所に作ってしまう事など、たわいもないということか。


そんなクラビーですが、街は普通のタイの街です。
何も特色もない普通の街が我々はいいんですよ。

映画の主人公みたいに、特別なことしなくてもね。

普通に屋台でランチです。

そうめんカレー 40B
カレーぶっかけ 40Bです。


ここが良かったのは、付け合せ!
手前の二皿以外は無料でついてくるんです。
野菜付け合せてんこ盛り!!

普段野菜足りてませんから!


葉っぱも食べ放題!

え~?葉っぱ??
と、思うなかれ。
葉っぱ美味しいんです!

味もいろいろしますよ。苦味があったり、甘みがあったり、柔らかったりとね。


 ここクラビーには日本人の奥さんが経営するツアー会社もあります。
有名な「さくらツアー」
 http://sakurakrabitour.sharepoint.com/

カフェにもなっているので、ゆっくりお茶を飲みながら日本語書籍漫画を読むも良し。
日本食を食べるのも良し(1年前から始めたそうな)

いろいろとクラビーや、ツアーのことも相談に乗ってくれますよ。

 「さくらツアーに、ようこそ!!」


えっと、それ以外にクラビーの見所は、、、と、、、
 実り方が気に食わないジャックフルーツ!
なんで、直接幹から出てるんだ。
しかもめちゃくちゃ収穫が楽だろ!こんな位置じゃ!

、、、これは、見所じゃないゾ、、、
 デパートの地下のカラオケボックス!
若者が熱唱してました。

どこの国の人もカラオケが好きですね~って、声駄々漏れ、、、


、、、いかん、これもどこにでもあるカラオケだ、、、


 「もう、クラビー案内するのが無理なんじゃニャー?」


 じゃ、じゃぁマッサージ屋でも!
一時間250B
ニ時間450B

 モミモミモミ、、、、



普通ですね、、、


やっぱ、我々は特に見所もなく、普通の街が好きなんですよ!
じゃ、いつも通りの場所へ行きますか?
 はい、屋台街。

ナイトマーケットなので、普通に食材も売ってます。
暑い常夏では、昼間はみんなおとなしくしてるので、夜にぎやかになります。

シェイク屋 20B

なんのシェイクかわかり易いですな。
なぜかこの店員さん、俺の顔みるなり中国語で話しかけて来ました。

簡単な中国語ならこちらもできるんで、会話が成立して中国語で注文、、、って、なんで中国語なんだヨ!

夕食のぶっかけ屋さんでシェイクも一緒に!
2品チョイスご飯 40B x2皿

ここも葉っぱ食べ放題!



やっぱ、普通が一番ってことで、、、



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿