2012/02/02

【santiago】観光魚市場でもやっぱり海鮮でしょ?

海鮮ではビーニャやプエルトモンが有名だけど、ここサンティアゴにも市場はある。
かなり観光地で高いが魚が手にはいるのはうれしい。

さっそく魚市場の中央市場へ。
自転車で15分くらい。歩いても40分くらいか。地下鉄もあるし便利な市場だ。

市場建物近くまでいくと、レストラン店員からウニウニ、カニカニと日本語攻撃。

まるでプエルトモンのアンヘルモ市場みたいだ。
でもアンヘルモのレストラン数に比べれば少ない。


市場中央がおしゃれなレストランが並び、その外周に魚屋や、安い定食屋風レストランが並ぶ。

種類は豊富

殻付ウニもありました。

市場はサーモン4500/kgから、カニ一杯800チリペソ、殻つきウニ1000チリペソと高いが種類は豊富だ。
結局、2500/kgの白身魚を半身で750チリペソで購入。



タレスの情報ノートに乗ってた97番のお店へ。
魚介スープが3000チリペソ。

量は少ないが、貝類に魚と入ってて美味いじゃないか!
味は魚介の出汁がでて美味い!
チリ風にレモンをたっぷりかけるとな美味し

まぁ夕食も魚ですから!


今夜はシンプルに魚とトマト、たまねぎ、セロリで煮込みスープに。
やっぱ魚には白ワインでしょ?






--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿