2013/04/23

【tak】灯篭祭り「ロイクラトン」のタークは素朴で静かな古き良きタイ

タイ正月の水掛祭りソンクランを避けるために、5日も滞在したスコータイの街。
正月も明けたのでチャンマイに向けて北上再開です!


 「いつまでもダラダラしてないで、はやくチャンマイまで北上しなさいよ!」



久しぶりのまっとうな走行です。
カンボジア国境からタイに入って、そこからは電車でスコータイ最寄駅まで移動してしまった。
最寄駅からスコータイまで走ってるけど、それはオマケ走行みたいなもの。

しっかり走るときは,ちゃんと5時起床で早起きですよ!


6時には太陽が!!
北上してだいぶ涼しくなったとはいえ、日中は暑いことには変わらない。
乾燥してて不愉快指数は低いけど36度とかになるからね。

 先日、訪れた世界遺産のスコータイ遺跡の横を行きます。
朝はまだ、涼しくてサイクリング日和。

郊外は、なんもないです。
休憩はどこですんの?

25kmくらいで、ガススタ発見。
、、、がその後は、掘っ立て小屋レベルの商店しか見ず、、、、

そのまま80km走りきってしまうという。

まともな休憩ないまま、TAKタークのバスターミナルです。
やっと、まとまに休憩できそうなポイントですが、目的地のバスターミナルとはね。

まぁ基本ターミナルには宿とか商店とかたくさんあるから。

 本日、やっとランチです。
時間はまだ12時ですが、朝ご飯が早かったので腹ペコ、、、、

豚炒めぶっかけ 30B
パッタイ 30B

ああ、運動後のコーラは至福ですな。


 さて、このTakタークの街だが、スコータイ方面からだと、バスターミナルがあって、
国道ルート1(バンコクとチャンマイを結んでいる幹線)と交差する。
さらに、先の川沿いとルート1の間に広がる街である。

なぜか沼が多い街である。

宿は、その辺の人に聞いて、発見した沼沿いのホテル。



Mckwilai hotel
add:上記地図参照

ダブル ファン 220B
AC VIPルーム値段不明

(タオル、ホットシャワートイレ、TV,無料wifi、水付き)

広い敷地にレストランやら沼やら、安い部屋から高い部屋まで。
ちょっと日本語が通じるスタッフがなぜかいる。

部屋でもネットは可能だった。


 街中心の市場周りにも数件宿あり。

 入り口がわかりづらいが、看板がレストランみたいな表記。
小さくHOTELとも書いてあるけど。

いきなり広い敷地なので、戸惑う。
奥にレセプションがある。
安い部屋は、入り口近くの建物。

レセプション

なぜか少し日本語をしゃべるスタッフがいた。
絶対、日本人皆無なここでは、披露する機会ないだろな、、、

白人さんも個人で泊まりに着てたけど、何があるんすか?この街、、、
(郊外には国境やら森林やらダムやら見所あるけど)


一番安いファンの部屋。
エアコンは使えません!

最近エアコンで贅沢してきたので、あえてファン部屋です。


さて、街ですが、徒歩で十分な小さい地方都市。
スコータイより小さいな。
市場を中心に、街が広がってる。

また川沿いの市場も大きい。

 そして、なぜか沼が多い。
何か釣れるんですか?って沼に浸かってまで何が捕れるんですか、、、?

小さい街なのに、立派な自転車屋が!
北部は山も多しし、趣味で走るには楽しそうではある。

タイで自転車はブームですからね!
 

夕方には市場も活気つく。
まぁ昼間は暑いくてみんな引きこもってますから。

街中の人が集まってるんじゃない?

お持ち帰りぶっかけオカズも美味しそう!!
お持ち帰りの方が、量も多しお徳だから、タイ人はだいたい持って帰るよね。

我々は、屋台で食べますよ。
なんせやっと涼しくなってきた夕方なんですから!

パッタイ 30B
卵焼きぶっかけ 30B

 川沿いの市場周辺の方が、屋台は盛り上がってますな。
もっと川沿いに屋台だしたら雰囲気いいのに。


定番バナナパンケーキ。

でも、店舗によって微妙に違うんですよ。
味はもちろん、形とかもね。
ここは、一番安いミルクかけただけのプレーン(7B)は、こんなに小さいタイプ。

これは初めてみた。
 

 そして、ここのバナナパンケーキは卵入りで20Bだった。
お徳ですな。
でも、スコータイのお店は、バナナだけで20Bだったけど、生地が多くてボリュームがありやんした。


うーん、たかがパンケーキ、されどパンケーキ、、、奥が深いぜ?

夕日

お腹も一杯になったんで、帰りますかね、、、、



★走行距離 84km(5.0h)
sukotai

Tak



大きな地図で見る


【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿