2013/04/20

【sukhotai】タイ人の心の故郷幸福の夜明けな世界遺産スコータイ遺跡へ


「もふもふもふ、、、(意味なし)」


さて、ここスコータイへはソンクラン(水掛祭り)をやり過ごす為に来た。
バンコクやチェンマイのは過激で性に合わないし。

ただ、水掛祭りが終わるまでダラダラするには勿体無い。
ちゃんと世界遺産のある街なんですから。

スコータイの遺跡公園は街から西へ12kmいった場所にある。
こういう時に自前の自転車があるとお気軽。

スコータイの街にもレンラルサイクルあるし、遺跡にもあるのでおき楽サイクルおすすめ!
暑いけど。

公園の入り口。
ここも水掛祭り仕様です。

通ると濡れるというね、、、

入場料 お堀内 一人100B
自転車持込 10B

料金体系が変わって、お堀内で100Bというシステムに。
お堀の外のお寺などは別途料金かかる。

遺跡公園内は広い!
アンコールワットみたいではないが、さすがに歩くのは辛い。

ここスコータイ遺跡はタイ族が初めて作った王朝らしい。


いくつかのメインのポイントであれば、入り口から徒歩で十分だけど、全てを回るとなると大変。
みなさんレンラルサイクルで回ってます。

では、一番の遺跡wat mahathatから
これが一番でかくて見ごたえあり!

柱だけ残った建物に仏像だけってのがいい感じですなぁ。

柱だけなのが、どこかギリシャとかの遺跡みたいに見える。

結構広いんですよ。
ここ。

有名なはさまれた立った大仏ですねぇ。

ここも昔は屋根があったんでしょうか?

裏手にも仏像が。

ストゥーパだらけで、いかにも仏教遺跡でいいですな。

アンコールワットにも似た3頭の建物。
小さいけどね。

自転車で回ると、気持ちい遺跡公園。
公園という名だけあっていい感じに整備もされてるし、アンコールワットみたいにでかくないので、おき気楽にサイクリングできる。

アンコールは広大すぎるからねぇ、、、



ゆっくり2時間くらいみて満足!
思ったより面白かったし。
自転車で回れるから、タンデムと遺跡のツーショット撮影も撮れたし。

何より暑くない午前中に観光が終わるのが素晴らしい!
最近、無理をしない旅人になれました、、、ってヘタレなだけですが。


さて、帰ろうかと思ったら、、、
お供え物パレード?

ソンクランはタイの正月にあたるので、日本でいうところの初詣的な感じなのだろうか。

お供え物と音楽団を先頭に人々が行進してくる。

 お供え物は仏像の前に並べられていく。


美味しそう!!

煩悩を捨てるのは無理だな、、、。




【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿