2011/10/14

【valladolid】仏壇のある宿 in バリャドリッド

朝9時のんびり出発。
暑い、、、。

コンビニで朝プリトーを食べて、内陸部分へ進む。
しばらくは小さな商店などがある。

しかし、cobaとの分岐にはガススタしかなく、ここから先はchemaxまで何もない。
基本平らなので楽だが、腹減った、、、



やっと昼過ぎにchemax着。
何もない小さな町だが、小さな教会前にバスターミナルがある。
ここの前の食堂でランチタイム。

トルタス(サンドイッチ)、タコスランチ。
田舎はトルタス12ペソで安い!

この街からはメイン幹線と合流なので、トラックなどが出てくる。


約30kmでvalladolidへ到着。
とりあえずセントロを目指すが、コンビニoxxo発見。


フラッペ休憩。22ペソで冷たくて美味い。
暑いユカタン半島で最高である。
あと最近お気に入りの各種スポーツ飲料16ペソ。オレンジとピンクグレープが特にお気に入り。

正直、たいした街とは思ってなかったので、適当にセントロで宿を取ろうと思ったが、
セントロ方面へ向かおうと思って入った路地にホステル発見。
こんな街に?と、は思ったが、ツイン(共同)200ペソと安いし1泊だけなので、早々に決めてしまった。



hostel kinbi
add:#200 ,calle(street)38

セントロは道路が一方通行な為、
西(カンクン方面)から来ると、calle39 が東行き。calle 41が西行きになる。
セントロの広場(calle39.40.41.42の中心)の西側2ブロックのcalle38の真ん中にある。
Parque Los Heroes公園ミュージアムがホステル目の前にある。
ホステル裏にタクシーの待機場があるらしく、ホステル前はタクシー運転手が順番待ちしてる。

ツイン(共同)200ペソ~
wifi、タオル、温シャワー(出なかったけど)、ペーパー

建物入り口。机はタクシーの運転手記録用

1階ツイン部屋。部屋によって料金が異なる。二階のツイン(共同)は240ペソ

共同トイレシャワー。お湯は出るといっていたが出なかった。暑かったので突っ込まなかったが、言えば出るんだろう。よく、湯沸かし器の種火が消えてたって事はあるので。

キッチン

しかし、このホステルが変わってて経営一家の部屋の間貸しみたい。
キッチン、リビングも共通。

リビング

リビングに何か日本で見たことのあるものが、、、、

そう、仏壇みたいのがリビングにおいてある。
メキシコ流の何かかと思いきや聞いてみたら、
「ブツダン」!!?とのこと。
え?仏壇?

聞けば、仏教徒らしい(仏壇が日本語とは知らなかった様だ)
でも、仏教徒は母親と娘達で、おばあちゃんはキリスト教らしく、
ひとつの家に仏壇と十字架のある変わった家だ(ホステルか!)
お経をあげていたが、なかなか、、、。


のんびりして夕食を食べにセントロに行こうとして、ミュージアムが無料だったので見学。

ホステル目の前の無料美術館へ

よくわからないがマヤ遺跡の出土品?


セントロの広場も行ったら結構広い。
この街結構大きい?
しかも白人旅行者結構いる?

ライトアップされていい感じのセントロのソカロ(中央公園)

そのソカロ沿いの北側にフードコートを発見。

いい感じのこじんまりしたカフェもある。

定食25ペソ。安い。


しかし、ここは有名な町なのかな?
後で調べたユカタン州で2番目の大きさで、街中にセノーテ(湧き水の大きな池)洞窟や郊外にもあるらしい。

A:tulum
B:ホステル周辺(Parque Los Heroes公園),Valladolid 

大きな地図で見る
【データ】
KM
city
time
Altitude
0km
tulum
09:00   0m
45km
coba分岐 
  0m
75km
chemax
13:00
  0m
104km
valladolid
15:00
  0m






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
--Copyright (C) 2006 hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿