2011/09/03

【juarez】らくらくメキシコ入国とらくらくバス移動?

早朝にタンデム準備とチャックアウトして自転車で出発である。

しかし、暑い。メキシコも暑いそうである。
しかし他の人の情報では、自転車をバスに乗せても無料で簡単らしい。
タンデムバス乗車は、もう台湾で経験済みである。

乗せてもらえる可能性が非常に高い。

、、、もう、涼しい地までまたワープしようか、、、(もはやタンデムも持ちながら旅している旅人である、、、)

これは、車専用の国境。

とりあえずは、国境を目指す。
ダウンタウンに徒歩用の橋があるので、まずはそこを目指す。

モーテルから paisao st'沿いに行くと、国境近くまで行くとマクドナルドの前に両替屋MELEKがあって、メキシコペソをドルを両替。


公式レートが12.5くらいで11.9で妥当?

両替屋さん手前の通りを南下。
ちなみにこのあたりにロス行きのバスが止まっていたのでバスターミナルがある様子。

Stanton st'を南ですぐに国境の橋と料金所かと思うイミグレがある。どうやら改装工事中らしいが利用できるよう。

しかし、イミグレ係員が英語をうまく話せないのにはビックリした。まだアメリカだろう、、、

しかし料金所みたいなのは車専用なので、徒歩は隣のただの通路を通って、アメリカ出国。
、、、なんにもなし。

以前ティファナに行ったときは一方通行の回転ドアがあったが、ここはそれすらなし。
橋の中央まで行って、逆走できる。
なんせ人もいないのだから。


橋の真ん中の国境ライン

すぐ西側(santa fe st')にも橋が架かってるがこちらは込み込みなのに、東側のこちら側橋はガラガラ、、、メキシコ側からの車も誰もいない。なんで?
あっさり、橋をわたりアメリカ出国。
メキシコ側では、短期滞在であれば、そのまま素通りでかまわないが、長期滞在の場合はツーリストカードが必要。

渡ってすぐの建物でパスポート渡して、カードに記入。

ガラガラ、、、

あっさり180日間をツーリストカードをくれた。無料。
過去に20ドルと聞いたことがあったが、今はそんなことないのかな?
イミグレに街の地図があったので、バスターミナル調べるのにもらっといた。


外にでれば、機関銃をもった御巡りさん(軍?)がお出迎え。
しかしその先は一気に景色が豹変。

メキシコ人だらけ(あたりまえだが)。市バスもぼろい。
うーん、これが悪名高き、メキシコjuarezシアルダーか。

でも、賑わっててそんな不穏な雰囲気はないのだが、、、
軍みたいな車うろうろしてるし。

とりあえずタンデムでバスターミナルを目指す
central de autobusとスペイン語で言うらしい。

しかし、道をきいてもここまで英語が通じないかとおもうほど通じない。
頑張ってスペイン語覚えないと。
でも人々は、普通にバスターミナルまで親切に教えてくれる(スペイン語だけど)

結構、迷いながら10kmは走って、空港手前のteofilo borunda stの西端に バスターミナルへ到着。

ずっと南下してるメイン通りの
AV' tecnologico(mexico 45号線)を南下した方がteofilo borunda stで標識でてるのでわかりやすいかも。
しかし場所によって通りの名前が変わるらしく、複雑で迷う、、、




大きな地図で見る

A:モーテル6
B:バスターミナル周辺






とりあえずでかいバスターミナルである。
トイレは5ペソ、、、高いのか安いのか、、、?
ATMが複数、レストランもある。
適当にバス会社のカウンター覗くもどの会社も同じ料金。
バスとサービスの違いなのか?
夜中にバスが到着してほしくないので、3時間くらいの近場か、夜行で朝着く場所がいい。

詳しくは知らないが、メキシコ北部は何かにつけてギャングとの警察の騒動でいい話を聞かない。
ならさっさと下ってしまおう、
ということでzacatecasサカテカスという世界遺産の街を目指す。

1時間に1本らしいく、自転車は無料。11:00のバスで翌早朝に到着との事。

一人1060ペソ


チケットをもって、バス前へ。しかし、チェックが厳しい。
金属探知機に、X線、荷物開封、、、、とメキシコ人はさせられてたが、
我々は口頭で質問のみ、、、いいのか?それで。

まぁ自転車から荷物取るの面倒だからいいけど。


その先でまたパスポートチェック。やたら行き先を聞かれる。

何をスペイン語で言ってるか不明だったのだが、どうやらツーリストカードの提示が必要だったらしい。
持ってないと勘違いされて、新しいカードを出してきた。
ここでも記入できるの?

持ってたから、記入は不要だったけど、国境で忘れる人が多いのかな?
11:00発のバスは11:00に入ってきた。それから荷物積んで、チケットチェックだから出発は当然遅れる。まぁメキシコだから。

タンデムは一応前輪外したけど、外さなくても入りそうなくらい大きい荷物室だった。
こりゃいいや。今後また利用してしまいそうな感が、、、

一応トイレ付であるが、くさいので前の席のほうがいいかも。



それも灼熱の荒野の中、バスは南下を始める。途中いくつかの街と休憩で泊まったが、バスの中に物売りが入ってくるのが、アジアの様で新鮮。


最初の休憩ポイントで食事。
初めてのメキシコ料理
焼きナチョスに焼きナスみたいのとチーズをまいてある。
コーラも安くなった。

意外とアメリカは少量の場合は高かったからなぁ、、、

荒野をひたすら進む、、、、

席は広く快適で、
気づけばいつの間にか寝てしまった、、、

0 件のコメント:

コメントを投稿