2016/04/18

【古民家】雪に埋もれてた古民家も,雪融けとともに始まるリフォームの春<雪の対策8>

 三月上旬の古民家…


ええ、だいぶ雪の壁も少なくなりました。



それでも、三月中旬までこんな感じ。

いままでが、いままででしたから…だいぶ少なくなりましたよ。
(いままで⇒【古民家】やっぱり屋根雪落下で積雪アップ!&土蔵の屋根雪降ろし<雪の対策7>


これでも今年は雪が少なかったんだから!!

その証拠に…


三月下旬になったあっという間に雪解けが進んだ。
まぁ、職場のスキー場ですら三月は雪不足でしたからなぁ。


陽のあたらない場所はまだまだ残雪。


北側も残雪。

しかし、屋根も雪のダメージなくよかった。


四月上旬。
まだ残雪ですけど、もう季節は春なんですよ。
まぁ、ここくらいしか雪ないですが。

春になれば?


雑草が伸びる(泣

このあたりの雑草郡も今ならかわいいもの。
今のうちになんとかしなければ。


あと、もうひとつ。
まったく去年手をつけていない「原野に戻った畑」である。


お、お、おう…

草木が枯れてまだまともに見える。
去年の夏はこれは緑の塊だったから。

まずは、家の中よりこの辺の雑草対策から、今期のリフォーム開始としましょうかね?


それでは、2016年度のリフォームの始まり始まり~~♪

つづく…



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved-

0 件のコメント:

コメントを投稿