2015/08/27

【古民家】我が家見学ツアー!間取り図参照に、なぞの部屋含め全8部屋を確認


屋根をなんとなく修理した我々。

次は、室内をなんとかしようと思います。



間取りです。

A 北西の部屋 (10畳?
B 北側の部屋1 (4.5畳
C 北側の部屋2 (4.5畳
D お勝手?
E なぞの東の部屋
F 一番広い部屋 (12畳?
G 廊下的な場所1
H 廊下的な場所2
I 居間 (8畳
J なぞの部屋 
K 玄関の廊下
L 玄関
M キッチン
N お風呂
O トイレと廊下(2つ)


えっと…間取りは「8K」でよろしんでしょうか??
詳しく室内の現状を再度確認したいと思います。


玄関です。
昔は旅館だったみたい。

それで細かい部屋が多いのかな?


玄関内部です。

正面には…


5年前のカレンダー
「K」の位置です。


この引き戸の奥が、「D」の部屋。

物が散乱してよくわからんが、お勝手場だったのかな?


北側の壁はふさがれてますが、外へ出る勝手口が残ってます。
 

で、この部屋から隠れるようにある、東のなぞの部屋。「E」の位置。

なんなんですかね…この部屋は。


で、キッチン。
ここは、リフォームをしてあるので、床や壁は比較的新しい。

玄関の横の「M」の位置です。


これまた、玄関横のなぞの部屋「J」

ここだけ、狭いワンルームのようになっている。
小さいキッチンもあるし。


真ん中の部屋「G」を通って、


 居間です。
「I」の部分。

南向きなので、薄暗いこの家では明るい。
唯一、まともな部屋です。


 本棚とか、そのまま残ってます。
壁とかはいい雰囲気なんですけどね。


 生活観残ってるな~


居間「I」から、「G」方面を望む。


では、居間の南側窓は縁側廊下みたいになってまして、


 外からみるとこの位置ですな。
手前の窓はワンルーム「J」です。


こちらの窓は破損がはげしい。

雪よけ用の壁があるが、それでも雪が入り込んで、ガラスを割ったのだろうか?


廊下の奥の押入れ。
押入れを片付けるのが怖いな~


 廊下を通って隣の部屋「F」へ
  

 「F」の部屋。
一番広い部屋なんだろうけどさ…ごみ置き場??


 そして「A」の部屋へ。

 この部屋も「F」の部屋に負けないくらい散らかってますわ。


TVとかおいてあるし、こちらもリビングだったのか?


どうしましょうね?この荷物たち。




 床の間もあるし、客間的な感じだったのかも?

 なんにせよ、この部屋が一番ため息がでるな。
荷物も多いが、床が抜けてるのだ。
 

 最後に四畳半部屋「B」「C」


 どちらの部屋も狭く、座敷牢みたい。

 現在、北側にある窓はこの二つだけ。
谷間にあるこの家は、南北に風が抜けるらしく、北側の窓は重要です。


さて、ため息しか出ないゴミ山 …宝の山だらけだが、部屋はこれで以上。
トイレとお風呂はとてもじゃないけど…うん…、やばいので自主規制します(笑


 続いて納屋です。

 雪深い地なのか、土蔵の納屋にさらに外壁で覆ってます。


本来はこちらが、土蔵の壁と入り口。


こちらも、農作業道具が散乱してますわ。


これは、ぜひ再利用したい雪かき機。
動くよね??

こちらも次回チェックしたい。


納屋内部です。

えっと??よくわからんものだらけや~


 米農家だったらしいから、それ関係の道具もあるし、ゴミもあるし…


ボ、ボ、ボチボチ片付けていきますわ…



なんてことは言っていられない!
まずは、片付け!続いて片付け!最初は片付け。

荷物を動かないと、何もできませんな。

なーのーで~


撤去撤去撤去!!!!

つづく…




【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿