2015/08/20

【古民家】勢いで中古物件を買おうとしてる話!!契約までの流れ編(プロローグ2)

つづき…

(前回⇒【古民家】田舎暮らしサイトを見てたら、素敵な古民家が売りに出てたので見学に行ってみた(プロローグ1)



前回、古民家の物件を見学した我々。

ひとまず、物件を押さえてほしい依頼をメール!
続いてきたメールには、初期費用などが記載されていた。
 

→諸費用を記載致します。

①  売買代金(古民家と畑すべての値段)
②  所有権移転費用 約17万円(司法書士に依頼して正式な金額が出ます) 
③  媒介手数料 売買代金×5%+消費税 
④  印紙代金 1,000円 
⑤  固定資産税(月割り負担分)    


→ご購入される場合の契約の流れ 

契約当日は重要事項説明書と契約書の読み合わせ及び署名捺印を行い、
費用として売買代金の2割と、上記の②~⑤を現金にてご用意頂きます。     

以後1ヶ月を目途に残金決済日を設けて、振込による入金確認後に所有権移転となります。      


家代金に+15%くらいが他に諸費用って感じか…

あれ?気分は購入する気満々??


(ちなみに冬はこうなる物件周辺)

不安要素はもちろんある。

・ちゃんと修理できるのか?修理費の方が購入金額より高かったなんて話はよく聞く。
・家を買う値段にしては安いが、我々には十分大金。
・広い畑をちゃんと管理できるのか?
・幽霊いないよな…
・etc,,,(雪も?


 しかし、この値段でこの立地の古民家はありえないよな?
今まで、ずっと物件サイトを見てきたが、悪くない。


か、か、買っちゃう??


「購入したいので、手続きお願いします」
と、気づけば不動産屋にメールをしていたのであった…

(ここまで、物件サイトで見つけてから、たった10日間の話)


仮に失敗した購入であっても、大阪に出稼ぎに戻ればいっかな~?な、気分で行こうと思います。
 


(画像はイメージです)

では、契約!!
(おお…怖ええ)

購入希望を伝えた時点で、不動産屋さんが、書類や準備。
持ち主が家に残されたものの身辺整理を開始(仏壇とか位牌残されても困るし…)。

その関係で、3週間ほど待ち時間に。


契約当日は、持ち主とともに、物件の確認。
その後、不動産屋のオフィスにて契約、頭金や諸費用支払いだそうな。

そのほか必要なものは、身分所と住民票と認め印だけ。


そして契約日はやってきた…(ドキドキ)

つづく…



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -





0 件のコメント:

コメントを投稿