2014/01/13

都会に疲れたら訪れるべきアジアの田舎街<3選>【お勧めランキング】

【6ヶ月間のアジア旅行編の総特集ランキング】

息のつまる都会から脱出して田舎な雰囲気を味わいに!
こころ休まる田舎街。
全てタイの街になってしまったが、やはりタイはいい!




【1】Chiang/チェンダオ
 -行き方-
タイ・チェンマイより北に70km。バスやバイクなどで行ける。

霊峰チェンダオ山の麓にある小さな街。
しかし、チェンマイの雑踏から逃げてきた欧米人などにはすでに人気な場所。
 リタイア組の日本人にも人気が高く、チャンマイにも近いので、タイの中での田舎暮らしのポジション的な立地。

日本食屋さんや、白人経営のいい感じの宿もあり。
何より、日本人有志たちによる手作りの温泉が気持ちいい!

 【関連投稿】

【2】タートン
 -行き方-
チェンダオ同様タイ北部の街。チェンダオからさらに北へミャンマー国境近く。チャンライからも西へ80kmくらい。バスが通る。

タートンの街から郊外はミカン畑やらが広がっていてサイクリングには丁度いい。
途中にはカフェもありファームビューのオープンテラスでゆっくりとカフェが至福。


ゆっくりアイスコーヒータイム。
お洒落で、畑に囲まれて、ゆっくりな時が進む、、、、

 【関連投稿】


【3】Phetchaburi/ペッチャブリー
 -行き方-
バンコクより南に150km。バスか電車で行ける。

のんびりした雰囲気の海沿いの街。しかしビーチより見た目に敬遠しそうなこのタイのお菓子の産地である。
見た目は毒々しいが、味はあっさりなパームシュガーを使っている。
素朴な味にびっくりである。


 【関連投稿】





●【おまけ】 1章の北南アメリカのランキング↓

2章のヨーロッパのランキング↓


  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿