2014/01/09

【図解!日中国際航路】50時間の過し方をマスターすれば、すぐに日本帰国さ!


さらば、上海!
さらば中国!
さらばアジア!

これで、今回6ヶ月のアジア編も、足かけ2年間17ヶ月の旅も終焉か、、、
感無量ですね。でも家に帰るまでが遠足ですから。


長江をフェリーは定刻どおり出航して進みます。


大型の船だらけ。
もうここは港なんだよなぁ。

川というより海。


さて、我々の寝床は一番安い8人部屋。
なぜか、スタッフが手違いでしてすみませんと謝罪にきていた。

二人だけですから!、、、と???

それってこちらがお礼いいたいんだけど?
最後は個室になりました。


レストラン。
まだやっていません。


ロビーに自販機。
日本すな。

乗客はほとんど中国人の団体さん。スタッフは全員中国人だけど日本語通じる。
数人の日本人は、物珍しさで乗った中国在中組ばかり。


洗濯と洗剤が無料な新鑑真号!
ここぞとばかりに洗濯します。

我々と中国人が、、、


中国人はなれてらっしゃる!


さて、フェリーターミナルで食べ物禁止されてたので、残ったデザート
日本に帰る前にまるごとバナナを食べる事になるとは!


フェリーには数日前からの新聞がつんである。
久しぶりの活字だ。

この間の地震が新聞にもでていた。
謎の残る事件だ。


基本やる事ないから、ゴハン食べてるよね。
これまた久しぶりに食べると絶品な日進カップヌードル。


海も穏やかだし、朝が早かったので、早くから就寝。


二日目
朝、快晴
外海は多少、波があるものの穏やかな方。


さて朝食はレストランへ。


鑑真号は朝食付!
これは食べないと!


まぁ大した事ないんですけど。


お昼は持ち込んだ食料を消費するかの様に食べます。


外は生暖かい空気。
でもじめじめ湿度高いから不愉快。

室内のクーラーが快適です。
しかしやる事ないね。って全然50時間の過し方なってないよな。

一番いいのは、他の乗客と話す事だよなぁ。
これから日本行く中国人は日本に何かしら関係があるから、食いついてくるし。
他の日本人もいろいろな人が乗っている。
昔はパッカーばかりだったけど、最近は学生さんやら、短期旅行者やら、滞在組の夏休みやらで。

お互いに普段聞かない会話ができる事という訳だ。
我々の場合は、チベットを二人乗り自転車で走ったとかね。


で、気づくと夕日に。


夕食は豪華にビールつきですよ。ビールは免税だから安いんだよな。
日本じゃビールは高くて飲めない。船内なら発泡酒の値段です。

ビール 200円(自販機で。でも瓶が250円であった)
野菜炒め 250円 x2皿
米 50円x2杯
中華スープ 50円x2杯
豆腐 100円

(お肉系は300~400円/皿)


本場中国からだと物足りないけど、まぁ船内だし仕方ない。
優雅に移動できる景色を眺めながら食べれる贅沢といしよう。


夕方には、もう九州と本州の連絡橋をくぐる。
早いなー
ここで、下ろしてもらえれば、九州の人も利用するだろうに。
何より、ここから新幹線乗ったほうが早いね。


はい!くぐりました~


日本が見えて安心したのか、酔っ払ってるのか、今日もさっさと就寝です。
ここからは瀬戸内海ルートなので、船はまったく揺れません!



三日目

瀬戸大橋、、、、ではなくて淡路連絡橋です。

瀬戸大橋は夜中に通過です。



こうなるよね?
中国人も興味津々でみております。

今なら中国にもでかい橋あるでしょ?


さて、無料の朝食タイムです。


ちょっと洋風??
まぁ、、まぁまぁですよ。
もう日本だし!


おお!南港が見えたぞ!



見慣れた南港に戻って着ました。


着岸です。8時前には到着!
約45時間です。結構早いな。

時間調整をして、下船!
我々の場合は、これからがいつも大変なんだよね。

日本のカスタムのチェックは世界一!!(我々への


タラップを歩いて渡って、、、


イミグレです。
帰国はすぐに終わる。

で、カスタム、、、


お帰りなさい!で終了、、、

、、、あれ??
いつも時間かかるのに??


しかし、狭い入国出国ブースだな。


さぁ自転車を組み立てて家まで帰りますよ。
家までは遠足です!

まだまだ!!


まだまだ!!


まだ、、、




、、、。

いやいや、上海でトンカツみてからさ、、、ずっと食べたかったんだよ!
帰宅道中で寄っちゃいました。

白いゴハン美味い!キャベツ美味い!味噌汁最高!
お代わり持ってきてぇ!


もちろん、、、、


回る寿司も行きましたよ!帰国の儀式終了!

これで、アジア編終了!!
次回からは、まとめ編です。
 

  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿