2013/12/05

【甘孜】チベタンに案内され近道(?)してガンゼに到着。ガンゼの宿情報

続き、、、


脱け出せぬチベットの渓谷。


が、やっと景色に変化が!
まさに崖に書かれている仏画がホトケ!


谷が終わる!


終わったぁ!
長かった、、、90km以上この繰り返しだったからなぁ。


うーん、空が広い。
高原出たぁ。


この先で成都からラサへの北ルート317号線との本線合流だ!


と、合流前に何気なく道を聞いたチベタンライダーに、甘孜(カンゼ)はこっち言われて、、、


ショートカット!
どこここ?


麦の草原畑を抜けます。


名もしらぬ村を抜けます。


いい景色ですな。
ダートだけど。


ダートですけどね。おっちゃんチベタンも、わざわざ我々を待っていてくれる。


いいね。


しかし、悪路すぎるぞ!
まぁ距離は短いけど、悪路なんでショートカットの意味あんまりない気がする。


アスファルト!
やっと、317号線に合流です!!


今日、すでに100km近くダートを走ってきました。
久しぶり快適路!


おっちゃん、ありがとう!



快適路を甘孜(カンゼ)までゆっくり下りです。


あかん、、、また陽が、、、



102km地点 バイパスと分岐

道はバイパスと、方面で分岐。


ちらほら建物が!街まだ?


甘孜(カンゼ)の街の入り口です!
この街も13年ぶり。

立派になりなさった!


ここの門で、白人発見!
宿聞いたらこの先の宿に泊まってるそうな。
案内してもらう事に。


一緒に、街の中心まで。


賑わってますなぁ。
チベタン率も高いし。

12年前は、この辺りは工事中で砂煙が舞ってたのに綺麗なったものだ。



街のメイン交差点。川蔵路の交差点。
角にバス停がある。


この辺りは12年前と変わっていない気がする。
でも前に泊まった宿はなくなった様子。


宿の前に、ロンリープラネットに載っているレストランがあるとの事で、寄っていく。
我々も丁度お腹空いてたし、ガイドブックに載っているレストランが気になる。


バスターミナル向かいの、商店街の2階部分にある、「印度西蔵レストラン」へ。
何故にインド?

見た目はおもいっきりチベタン風なんだが?


店員はおばちゃん一人で、中国語もままならない状態。
ロンプラ見て来ても白人相手一切できません!
結局、中国語できるお客のチベタンに通訳してもらう有様です。

まぁ言葉はともかく、、、、このおばちゃん、メニューは覚えれないし、計算できないし大丈夫?

西蔵面 15元
ポテトモモ 10元
ビール 5元
(1元=16円 / 1ドル=100円=6.1元)

微妙な感じでした、、、、


 鴻福旅館 (”サンズイ鳴”福旅館。鴻の土ではなく口)
add:バスターミナル(交差点角)でて、川蔵路(317と217号線)がメインストリート
交差点 左折すぐ(徳格方面)100m
大きく左へカーブする手前の右側の路地(英語看板あり)の奥、4階部分。

3人ドミ部屋のみらしい ベット40元
他にあるのかも?
シャワートイレ共同
無料wifiあり

チベタン式、テラスが気持ちいい
1階に自転車置けるらしい


三人ドミトリー


共同トイレシャワー
過去データではホットシャワーは無いとあったが、現在はある。


眺めのいいテラス。

しかし、ネットが繋がらず(たまたまか相性が悪かったか…)。
ネット中毒な我々は、他のネットができる宿を探す事に。


さぁここから怒涛の宿探しが始まる!


ちなみに、バスターミナルのバス駐車場内にある有名な宿は…
★金髦牛酒店(金”牛毛”牛酒店)
add:バスターミナル駐車場内

現在ドミはないらしい
ツイン(トイレシャワー付)150元から

wifiあり


 バスターミナル出口(解放街路側)周辺
★マウントエベレストホテル(珠”方参”朗”王馬”賓館)
150元(トイレシャワー付)以上
wifiあり


★定点渉外賓館、酒店
150元(トイレシャワー付)以上
wifiあり


バスターミナル周辺は150元前後する


川蔵路を東へ来た道を戻る。両脇や路地に宿多数。


 川蔵路との交差点(河濵路と清河街)あたりの…


★雪域青年賓館と★格薩旅社

 


★雪域青年賓館
川蔵路の橋わった、南側路地(河濵路)
ツイン 80元(共同)
ツイン 150元(つき)
wifiなし

新しいがケミカル臭で我々には無理


上記宿の向かい
★格薩旅社
も、中はリフォーム済みであたらしい
値段一緒でwifiなし

でケミカル臭、、、





 ★金太陽賓館
sdd:川蔵路の橋から東へ戻って、北側道はいったところ、(通りに看板あり

ロンプラ掲載
ツイン 160元(付
綺麗だけど高い
wifiあり



金太陽賓館の向かいの路地あたりの★昌台”巫(亜?業?)”青年旅館


金太陽賓館の向かいの路地あたり
★昌台”巫(亜?業?)”青年旅館
ツイン 80から60元
1ベット 20元の部屋もあるらしい
wifiなし
トイレ共同、シャワーなし

安いけどシャワーがほしい!


★喜馬拉雅賓館
add:東大街17号
ロンプラ記載
ツイン 150元



建設中の大酒店、、、手ごろな値段でネットとシャワーある宿ないのぉぉ??

で、発見し泊まった宿は…



 鉄雪曼札客桟
add:川蔵路の北側道路。
近くに川蔵路と東大街路(北へ)と紅軍路(南へ)の交差点がある。

2階部分。カフェ併設。
3人部屋のベット 1ベット30元(共同)
ツイン 70元(共同)


80元をなぜか70元にしてくれた?
トイレホットシャワー共同
無料wifi(2階の併設の茶屋(フロントもここにある)から)

(1元=16円 / 1ドル=100円=6.1元)


最初に泊まった3人部屋。掃除しておらずシーツ変えてないので、臭いベットあり。


共同トイレホットシャワー
しかし、あまり使わず。何故ならこの街には、、、、(次の記事で理由を)


泊まった窓側のツイン。なぜかこちらは掃除している。
明るくて気持ちい部屋。
カフェ(フロント)に近い部屋ならwifiが飛んでくる。


自転車は1階の階段下の鍵付の倉庫へ

せっかちな親子が、面白い。
女の子はちょっと英語話せた。

この宿で意外や意外なのんびり休養になる事とは…



★走行距離 105km (9.0h) 平均11.7kph
新龍 
【標高33000m】

95km ショートカット入り口
↓ 
98km地点 合流地点ショートカット出口

102km バイパスと分岐 街中へ

105km 
甘孜(ガンゼ)中心 【標高33350m】


大きな地図で見る


 

  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿