2013/12/12

【甘孜】なぜこんな楽しいガンゼに来ないの?楽しい一日観光の手引書。

温泉もあり、ネットも問題なく繋げる事もできた甘孜(ガンゼ)。


朝からのんびりとコーヒードリップできる余裕も出てきました。


ん?併設のカフェが何か朝から煙臭い。火事か?


と、思ったら松みたいのを燃やしてた。
お香の代わりか、消臭代わりか。

まぁいいにおいです。


でも、燃えすぎじゃない?
本当に火事になりそうだ。


「今日もだらだらDAYかね?」


体力も回復してきたので、ガンゼの街を探索しますよ。
まずは近くの寺へ。


外には大きなマニ車。では入ってみますか。


小さいながらも立派な境内。



天井までしっかり装飾されています。


ダライラマも飾ってあった。
小さいゴンパだから大丈夫なんだろうな。



修行をしてる場という感じではない。
街の中にあるお寺。



寺の周りにも仏画仏画。


続いてこの街の象徴的なゴンパ。
丘の上に聳え立ってます。


ゴンパまでの道順には小さいチベタンの街並みを通り抜ける。
中国スタイルの建物じゃない。


日本で言うところの参道だ。
途中にも大きなマニ車がある。


カラフルな家が多い。
しかし、ゴンパまでの道が迷路状態。
ここどこ?


ファンキーなチベタンお嬢さんに、道聞いてみた。


この坂道を登っていくそうな。
いままでに比べて標高が低いとはいえ、息が切れる。


ツ、ツ、辛い。


上りきったところに本堂。
結構でかいな。

12年前にも来たはずだが、いまいち記憶がないなぁ。


景色は抜群。


本堂の隣のビル型お寺。


いい眺めのゴンパです。


それでは本堂へ



迷路ですな。


迷ってたら屋上にでた。


道順がさっぱり?
道をお坊さんに聞いたら、彼の宿坊に案内してもらってしまった。


日本人とわかったら、好意的好意的。
お茶飲んでけとな!


冷蔵庫やらDVDやらで意外と、ハイテクな宿坊。
まぁ坊さんはみんなIphoneもってるくらいだからね。
それも、Iphoneならチベット語が入ってるそうな。


お茶といいつつ、準備してるのは、チベタン主食のツゥアンパ。
煎った大麦をお茶とバターと砂糖で食べる。


こんな感じかな~


手でこねこね。
団子状にします。


チベットで何度も食べてるhirokazu。
初めて食べるtomomiはなかなか団子状にならない!


はい、完成。
(まだ団子にならないお隣さん)

クセになると美味しいツァンパとバター茶です。
特に新鮮な材料で作ると美味しい。

ツァンパ食べながら見たDVDはダライラマのインドでの公演。
日本にダライラマが行った事も知っているし、師匠さんもインドに行ってダライラマに会ってるらしい。

ずいぶんと12年前の厳しい取締り時代と印象が違う。
暴動などあったわりに、ネット普及などで、中国政府は取り締まれていない感じだな。
もしくはチベットに対して対話路線に切り替えを、、、って、それは共産党にはありえないな。


お礼に鶴の折り紙をプレゼントしてきた。


帰りは、違う道から。


マニ車が並んでいる順路だ。


こちらのルートの方がわかりやすかったね。


降りきったら、テントの祭壇がでていた。
いかにもお偉いさん風な僧侶が説法を終わって、チべタンと雑談してた。


そこに現れた我々珍客も招かれ、お偉いさんと握手。
ありがとうございます。
お偉いさん坊さんなんだろうけど、、、誰でしょ?

さっき宿坊に招いてくれた人の師匠?


お寺見学終了です。

こうなったら、午後のやる事は、、、


 ここですよね?


すっかり温泉のスタッフ(家族経営?)とも仲良くなってしまった。


ワンコの芸(?)を披露!


いやー!最高ですよ。温泉。
ガンゼって湯治のためにあるようなものですな。


せっかく売店があるんだから活用しないと!
ビール5元です。

ちなみに標高は3300mありますので、長湯しながらのビールはやめましょう!


お風呂の後は、ご飯でしょ?


白油豆腐 15元
”酒昔”爆白菜 15元
米 2元x2
麦酒 5元

またビール、、、

温泉に、なるべく野菜で体によさげなもの、、、すっかり湯治です。
湯治にビールは駄目だっけ?


ホテルに帰る道中にあった串屋。


野菜系なら安いじゃないか。
ちょっとお試しを。


醤油のみで、BBQにしてもらう。
辛いのとか、油とか味の素とかいろいろと中国人はつけたがる。


コンニャク(2本) 1元
にら(2本) 1元
豆腐 1元
人口キノコ(2本) 1元
ポテト(2本) 1元
合計5元也


焼きながら、おばちゃんが何もつけないと美味しくない!って言ってたけど、、、
やっぱりシンプルが一番美味しい!!

その辺の商店でビール買ってきて飲んでもいいかもしれない。



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿