2013/12/21

【最後の目的地へ】出発したはいいが…おいおい遠いじゃないか峠!

夜中雨、、、野宿


朝 6時半起床

窓を開ければ、異世界が広がってるのがテント泊の魅了!
お湯沸かしながら、昨日貰った肉まんを暖めます。


いまいちの天気です。
そもそも昨日も天気悪かった予報なのに、チベタンパワーで回復したんだなぁ。

 
 寒くてテントからでれません。
ああ、寒い。
ちなみに、この狭いテントに我々は二人。


 友人は一人でこの大きさ。うらやましい、、、


 あまったヨーグルトに、貰った肉まんと、フルーツです。

 
 小雨が続きますが、お互いに別方向に出発。


情報交換をして、出発です。次は日本かな?


彼はこれから下り。いいな。
我々は登りですからね。

 
我々もお坊さん達にお礼とバイバイを言って出発です。

あれれ、、、今度は霧が出てきたぞ。


 真っ白。


 タルチョが!という事は、、、ここから聖山が見える!!
 真っ白で何もみえね。


 登るにつれて天候が回復してきた。
というより雲の上にでた?



青いリンドウですね~


登ってきました。



  まだぁ?



 やっと、峠らしいぞ。
 

 峠です。
天気も回復してよかった。


 祭り会場から11km地点(四通達から21km地点)  峠 標高4400mです。


いい天気になったので、休憩がてらテントを乾かす。
朝は雨降ってたんでね。


そこに通りすがりのお坊さん集団。
で、例によってタンデム強奪ですよ。


 大人気だな!オイ!


 さて、峠を下りますか!
こちらも九十九折!



 これもリンドウですね~


 ライダー参上。


川沿いをゆっくり下っていきます。

 
 村が出てきた。



13時 
スタートから32km地点(四通達から42km地点)  泥”木可”郷 標高3550m
商店しか見当たらず。
水 2元 x2本
 

 街の奥、橋の手前に宿があった。
多分、この街唯一の安宿だろうな。
 

 橋を渡って大きな川沿いを行きます。



 川が増水中。
道路も水浸し。


この川沿いがまた悪路なんだ。

登ったり下ったり。辛い。


謎の分岐。
看板もなし。

 えっと、、、?どっちに行けば良い訳?


 スタートから39km地点  謎の分岐 標高3550m

仕方なく、やってくる車を待つ。
目的地の色達シーダー方面は、川を離れて登っていくらしい。

また登りか、、、


 谷間をゆっくり登っていきます。




 川沿いをゆっくり登り。
しかし悪路だな。穴だらけ


途中に、似たような家。
ジオラマか?
多分、遊牧民を定住させる為に作った家々だな。
 

スタートから60km地点(四通達から70km地点)  塔子郷  標高3800m
 なんもない街だな。


先の、並龍郷で分岐
進む先はまだまだ登ってますわ。

 

 登りが終わらん!!
こりゃ、昨日野宿して正解だったかな?


と、と、峠か!


75km地点(四通達から85km地点)  峠 標高4050m

 時刻は、、、18時半!!


街まで、たどり着けんか?これ、、、、



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿