2013/05/26

【chiang-dao】脱だらだらニート宣言。また孤独な自転車旅がはじまるのか

「フッ、、、これからまた孤独な旅がはじまるぜ、、、、アンタ背中がすすけてるぜ、、、、」


さぁついに1ヶ月以上滞在したチャンマイを出発する時がきました。
しかも1ヶ月ぶりの自転車というね、、、すっかりニート生活でしたので、漕げるのか心配。


チャンマイ市内を北上します。
さすがタイ第二の都市です。
郊外に向けて走っても交通量が多いです。

暑くてチェンマイ出る前からテスコ休憩、、、、
寝坊しまして、いつもの涼しい早朝走行作戦は失敗です。

というのも、この一ヶ月だらだらと生活してた訳で、昼前に起きるのは当たり前だったというね、、、

さすが第二の都市、、、
すぐ田園風景にかわりました。

やっぱりバンコクはでかかったんだな。
1位と2位の差がありすぎですが、田舎なチェンマイの方が我々は好きです。

田園、、、、

お昼休憩。
ここまで平坦なので、久しぶりな割りに快調じゃないですか!

こういうのも久しぶりですね。
旅行者が絶対寄ることのない、路上のローカル食堂でご飯。

2品チョイスで30B也

北上を続けます、、、が、暑い。

そして体が急に重くなってきた。
まだたった30kmしか走ってないのに?

これが、チェンマイの呪いか!
(ただの運動不足です)


パイとの分岐の先mae taengの小さい街の手前に、あきらかに場違いなビルが、、、、

周辺は田園風景で、大きい建物ないのに、、、
一回部分に看板にHOTELの文字。

これは!!

アパートみたいなホテル。
自動車のいすづのショップの隣。

ma-o-nomg hotel 
add:マツダの隣の青い4階建ての建物
周辺にビルはないので、目立つ

パイとの分岐の500mくらい先、反対車線
表記はHOTEL以外はタイ語

ツイン 350B

ホットシャワー、AC,タオル、TV付
無料wifi (フロント周辺のみ

綺麗とは言いがたいが、まぁ地方レベル
シャワーは鉄分豊富のなぜか茶色、、、


さらに500m以上先チェンダオ方面北上したらセブンイレブンやら食堂がある。

夕食はお部屋で、、、
チキン上げ 30B
もち米 10B
チキンカレー 30B
ビール 45B

部屋でネットも出来ないし、へロヘロなので、本日はサクサクと就寝です。
いまいちだらだらニート生活が抜けず、、、



二日目
朝から晴天。
朝は、気持ちいくらい涼しい。

さぁ、本日は頑張ってチェンダオchiang-daoの街まで行きますよ!
本当は昨日到着予定でしたけどね、、、。

さすがに昨日21時前には寝てたので、朝7時出発です。

ちょっと行ったらmae taengの街の中心だった。
といっても小さな街です。
 
 ね、、、すぐ草原ですから。

この街の先は道がクネクネして、登ったり下ったりの繰り返し。

ああ、疲れた、、、バス停で休憩です。
この区間にコンビニや街がないので、いい休憩ポイントなし。

曇ってるので、走りやすいのが救い。

107号線がチェンダオの街手前の分岐している。
左にカーブしていくとバイパス。
真っ直ぐいくと街中へ。


 チェンダオオの旧道。
いい感じの田舎街です。
 

 旧道を街中心へ向かう途中に、ルームレントの英語表記発見。
どうやら、このPTガススタを左折した先に宿があるらしい。

とりあえず行ってみる。

 わき道を進むを学校らしき建物の先に、さらに、ルームレントの看板。

看板の先は、、、ジャングル?

ジャングルかと思ったらコテージ風の建物が並んでるじゃないか。
いい感じ。

そしたら、オーナーの白人さん(オランダ人らしい)がでてきた。
ここに住んで8年とのこと。
英語で普通にやり取りできるから楽でいい。

チェンダオ市内マップ
 
Chan and  Cees 
add:434 soi 8
107号の旧道を街の中心方面へ
PTガススタのわき道。中心までは500m以上ある。

AC ダブル 400B 
ファン ダブル 300B

タオル、TV、水、ペーパー
ホットシャワートイレ
無料wifi(部屋で可能)



のんびりしてていい感じの宿じゃないか!!
だんだん自転車旅っぽくなってきましたなぁ。

脱ニート宣言!



一日目
★走行距離37km(2.0h
chiang-mai

mae taeng


二日目
★走行距離36km(2.0h
mae taeng

chiang-dao



大きな地図で見る



ブログ村】人気ランキングへ投票<<
<<If you like my Blog! Plz click this button!!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿