2016/03/03

【白馬】ダイヤモンドダストな寒い寒い朝の白馬の真っ白な絶景な景色

後日、晴天日に仁科三湖から再び北上探索!

つづき…
(前回⇒【安曇野】幻想的な雪景色!安曇野わさび農園と仁科三湖を行く


雲ひとつない晴天な朝です!
鹿島槍に朝焼けがきれい。


中綱湖。
寒すぎで、木が凍ってます。


見事に凍ってます。


湖面と川は気温が高いので、外気との差で靄発生して、凍った模様。
幻想的です!


靄に飲み込まれし湖畔の村風景。


続いて、青木湖。
こちらは、澄み切った朝の空気の中、湖面に白馬の山々が反射してます。
これまたきれいじゃないですか!


自分と青木湖。

では、さらに北上して白馬村内に突入です。


うーん、真っ白。


道も真っ白です。

やはり安曇野はもちろん、大町とも差にならん雪の量ですな。


白馬の山々。
たぶん右から天狗ツ原、白馬乗鞍、白馬岳…かな?


こちらは右から唐松、五竜、雲の中に鹿島槍かな?


ちなみに、この日の朝は氷点下15度ほど。
なにやら、キラキラした現象が??


撮影は無理でしたが、空気中の水分が凍る現象、ダイヤモンドダストだった様子。
って、そんなに寒いの?

ここまで冷えると、寒いというより痛い。


冷え込んだおかげで昨年に続きある現象を鑑賞。


えびの尻尾
(去年⇒【大町】極寒な雪山絶景で見られる海老の尻尾と呼ぶ「樹氷」と「結氷」した湖


去年よりびっしり。
水分が多いのかな?







幻想的で寒い寒い白馬の朝でした。



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved-

0 件のコメント:

コメントを投稿