2016/03/29

【登山】再び冬山の唐松岳挑戦も、体が飛ばされるレベルの八方名物の強風に遭遇(前半

3月某日。
2月と違って雪山も安定してくる3月…と勝手に思ってました。


そうだ!

また唐松岳に行こう~
春ももうすぐだから、天候も安定してるやろ~

前回に続き唐松岳登頂を狙います!
(前回⇒【登山】無事に唐松岳登頂!360度の絶景冬山パノラマが広がる!<後半>


そう思ってた時期もありましたが、
今回はスノーボードで滑って帰ろうかなーと気分が舞い上がっておりましたよ。

あ、ちなみにボードは借り物です。


一路白馬村へ!


朝日~


唐松岳のゲートウェイ、八方尾根スキー場です。
山は雲の中ですが、前回もこんな天気から回復した!

期待しましょう。


前回はソロでしたが、今回は友人と二人のコンビで登頂を目指します。



二人ともボードで滑り降りる気満々。


登山届けをチケット売り場横に提出して、いざゴンドラへ!


平日のスキー場はガラガラですな。


途中まで視界良好でしたが…


ゴンドラの終着駅の兎平は真っ白!


何も見えません。
次のリフトはこっち?


リフト発見。
前回、来てるからわかるけど、初訪問だったらスキー場内でも遭難するレベルの視界。


ゴンドラに乗っても真っ白でしたが、


晴れた!

晴れるとテンションが嫌でもあがりますぞ。


リフトを乗り継いで、スタート地点の八方池山荘。

前回は、ここからすでに真っ白だったので、幸先いいスタート??


それでは、登山用に準備です。

ちなみにゴンドラ内にボードを持ち込めずゴンドラ外に取り付ける関係で、バックから一旦外した。
リフトはボードを履かずに手に持ったままでも乗車できる。

そんな理由からボードをバックに再度括り付ける。


それでは、時刻は9:00!
登山開始です。


山荘の右横を抜けていきます。
晴れてるとルートがわかりやすくていいな。


まずは緩やかな丘を登る。
この辺は前回経験してるので余裕。

が、ちょっと風が強くありませんか???


雲と雪が舞ってくるレベル。
経験的にこれは風速15~20mくらいない??


前方にパーティ。
強風の中進んでます。

強風とはいえ、まだなんとか歩けるレベルの風です。


が、ボードに風がもろに当たって歩きにくい!
これは計算外だ。


登れば登るほどに風が強くなってくる。


八方山ケルン到着。
ケルンを風除けにする友人。


強風にびびりながらも進んでいきます。


お、八方池。


八方池ケルンで、前方を歩いてたパーティは作戦会議中。
強風なので、撤退か前進か…検討中。

われわれは??


もちろん進みますよ!
ただ、ボードがあると風に煽られて危険なので、八方池ケルンにデポすることに。

いやー、今まで風に煽られてましたが、ボードがなくなったら楽になりましたよ。


それでも強風は強風。
いつの間にか、前方には誰もいなくなりトップになってしまいました。


ダケカンバ地帯を抜けます。
このあたりは風が弱い。


それでも、がけ下は舞い上げられた雪で真っ白。


ここから急登。

足元は風で雪が飛ばされて凍ってます。
アイゼンさえ履いてればむしろ歩きやすい。


が、突然吹き溜まりにぶち当たるとこの有様。


ひざ下まで埋まりますな。
強風にこれは体力を奪われる。


前方も強風で真っ白じゃないですか…


尾根沿いを行きますが、突然の突風に注意!
体ごともっていかれます。

常時風速20mくらいですが、突風は体持って行かれるレベルなので風速25m以上ですかね?


丸山手前の再び急登。


もう、横風で顔が痛いのね。
後で見たら頬が軽く黒ずんでたので、凍傷みたいになったのかな?


うおー!穴にいいい!
って、遊ぶ余裕がまだありましたよ。ええ。


丘の上に近づいたら、更なる強風。


あいたたたたた…(強風が痛い







そして丸山手前で…吹き飛ばされそうな友人…


video

動画(強風な唐松

 風の音が痛々しいな。


はぁはぁ…丸山ケルンはあとちょっと…


時刻は11:30
なんとか丸山ケルンに到着!!!

が、風が強すぎ!!


もはや、他のパーティーは撤退済み。
残るはわれわれのみ。

どうする??

ても、このままでは強風で体力が奪われる。


とりあえず風よけにテント出してみたけど、煽られてパニックですわ!!!
教訓:強風の中でテントを出してはいけません!

おかしいな、昔に強風荒れ狂うパタゴニアで経験した教訓なはずなのにな…
(過去記事⇒【???150km from El-Chalten】強風荒れ狂う中で土管で野宿





さぁ、どうするんだ?撤退?!

つづく…



【行程】


8:15 ゴンドラ山麓  標高770m
9:00 八方池山荘  標高1800m
    八方山ケルン 標高1950m
    第三ケルン(八方池) 標高2100m
11:30 丸山(丸山ケルン) 標高2400m


つづく…






【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved-






0 件のコメント:

コメントを投稿