2016/03/12

【登山】霧が一気に晴れ、絶景な雲海と白銀の世界の白馬三山が顔を出す!(中半)

つづき…
(前回⇒【登山】初の冬山登山をいきなりソロで挑戦!初心者入門な唐松岳へ行ってみた(前半)


最初の八方山ケルンを過ぎてからも幻想的な雪山の世界。

雪もしまってて歩きやすく、ゆっくりと登っていきます。


前方にまたケルンを発見。

って、太陽が出てきたら暑いぞ!
すでに、Tシャツにフリースとアウター状態でも暑い!


右側にはたぶん尖った白馬鑓。
それとも白馬岳??


たぶん、第二ケルンです。

雲の切れ間から見えるのは五竜と鹿島槍かな?


後方を振り返る。
バックカントリー組はケルン下から滑り出す様子。

まだ白馬の町並みは雲のなか。


第二ケルンからの登り道。

丸い丘状態から、ちょっとは稜線ぽくなった?


先頭を行く、ソロの人々。


ちょっと登って振り返る。
先ほどの第二ケルンがだいぶ下に。


稜線ぽい場所だけど、柵がでてるので安心。
左手には、五竜と鹿島槍がくっきり。


正面から右手には唐松、白馬鑓ヶ岳、白馬岳…なはず。
どれがそうなんだ??


たぶん、このきれいな三角形の山が白馬岳だと思うんだよなぁ。
いや鑓ヶ岳か??


なんて言ってる間に第三ケルンです。


ああ、疲れた。
しかし、雪はしまってるので足はそれほど沈まない。


第三ケルンの横には八方池が!


池が…

雪の下です。


八方尾根を進みます。


ソロの方々と。自分とこの3人は今後抜きつ抜かれつ登っていく。


白馬岳を右手に見ながら登っていく。


だいぶ稜線が尖ってきましたかね?


下界はまだ雲の中。



途中、林が。
地図上にはダケカンバと記載がありますなぁ。



下界の雲海風景。


盛り上がった雪の塊かと思ったら雪洞!
だれかキャンプしたんですなぁ。

うらやましい。
次回はキャンプしたいぞ。


結構狭いね。


ダケカンバの林を抜けます。


後方。




途中、一気に追い上げてきたバックカントリー組にあっさり抜かれる。
早いぞ!


早いぞ…

ここの結構な急斜面で息があがる。
まったく追いつけず。


後方。
だいぶ遠くの山が見えるようになりました。

正面は雨飾山??


雲海とダケカンバ


先ほどの二人はもうあんな上に。


振り返って、自分の足跡と雲海。


正面に見えるのが丸山かな?


このあたり、新雪すぎて足が埋まる。
歩きづらい。

スキー板がうらやましい。


林を抜けます。


だいぶ、山が近くなった?


近くなったね。

あの急に下ってる稜線が、不帰キレット??


さらに右手には鑓ヶ岳(白馬岳?)


振り返る


振り返る。

みなさん~
丸山まであとちょっとですよ~!


あれか?


あれでした。

約2400mの八方尾根上にある丸山と丸山ケルンです。


11:10 丸山 2400m

ここから不帰ノ嶮と白馬三山がきれいに見えるとな!


おお、きれいに白馬岳が!

たぶん、右端から栂池スキー場~乗鞍岳~小蓮華~白馬岳??


ケルンと白馬三山です。
たぶん、右側から白馬岳~鑓が岳~ケルンの後ろに不帰キレット。


後ろを振り返る。
下界も雲が切れ始めてます。

さぁ、ここからが最後の追い込みです。
もう、山頂はすぐです!!


つづく…


【行程】


8:00 ゴンドラ山麓  標高770m
8:45 八方池山荘  標高1800m
    八方山ケルン 標高1950m
    第三ケルン(八方池) 標高2100m
11:10 丸山(丸山ケルン) 標高2400m

つづく…
 



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved-

0 件のコメント:

コメントを投稿