2015/09/28

【仕事】黄色から赤色まで!秋本番、待ちに待ったリンゴの収穫全盛期がやってきた!

もう、夏もおわりですよ!
先週まで満開だったと思ったら、もう…


まだ8月下旬なのに一気に稲穂の頭が垂れ下がり始めた。
もうすぐ収穫ですかね?


この時期はリンゴの仕事はしばらく休みなしで続きます。

こちらは、「トキ」。
小さい実をさらに農家さんが滴下して落とします。

ちなみに、トキは黄色いリンゴなので、葉つみも玉回しもしません。
作業工程が楽なので、最近生産者には人気な黄色いリンゴ。


主力のフジも再度摘果。
こんなに大きくても摘果!

普通に売ってる大きさだよな…


今年は8月下旬からずっと雨が続いた。
9月に入ってもすっきりしない天気…日照不足が心配。

それでも、ソバの花が満開に。


では、次は「ドルチェ」です。
長野出身の最近のリンゴです。

なぜかイタリア語のデザートの意味のドルチェです。


赤いリンゴなので、葉つみから。

さて、いくつのリンゴが隠れてるでしょう。


まぁ、これだけリンゴが葉に隠れてるわけですよ。
葉が覆いかぶさってるリンゴはまだ青いわけです。


そして、安曇野の秋が本格化。
稲穂がもう黄金色に!


ソバもますます満開。


なーんて間に、ドルチェの玉回しです。

玉回ししたらもう真っ赤になるリンゴがいるわけですよ。


となると、先に真っ赤なのを収穫です。

これが、難しいのですよ。
農家さんからこの色で取ってくれと言われるんだけど、陽のあたり加減で色が飛ぶこと飛ぶこと。
だんだんと色がわからなくなっていく。

人間の目なんざぁいい加減なもので、一度狂うとどんどん狂う。
おかげで、まだ収穫できない色のリンゴまで収穫して怒られるわけです。


収穫したドルチェ。
これくらい赤ければ大丈夫。


コツは、いかに赤い残像を目に残せるか。
なので、無理やりにでも3,4つ同時にとります。
でも、狂ってくるので、そんなときは真っ赤なリンゴを見る、遠めに見るetc,,,
最後は迷ったら取らない!ですな。


これぐらい木全部が赤ければ迷わないんだけどね。


さて、近所の畑も収穫まもなく。
が!


今年の長雨の影響か、稲が倒れまくってる田んぼ多数。


こちらも。


ひどいと、全部倒れてる田んぼも!


大丈夫なところは、大丈夫なんですけどね。
違いは何なんだろう?


さて、同時展開で「トキ」の収穫です。


黄色いリンゴの収穫は農家さんが基本します。
作業工程が少なくて楽な黄色いリンゴですが、収穫が難しい。

ドルチェも難しかったが、黄色いリンゴはもっと難しい。
なので、農家さんが収穫します。


えー手前のリンゴが収穫大丈夫で、奥のあれとこれがまだ早い。

うん…違いがわからん!


熟練の技なんですかね?


9月も中旬になってやっと天候も安定してきましたよ。
秋晴れ!

リンゴ畑の先に、松本市内と美ヶ原がくっきり。


で、無事、田んぼの収穫が始まった。
ちゃんと倒れた稲穂も収穫されているみたい。

器用にコンバインが刈り取っていきますな。



さぁさぁ、リンゴ作業は次いきますよ。

こんどは「シナノスイート」
甘くて大きくて人気なスイートです。

やっぱりまずは葉つみ。
葉があった場所はくっきり葉の跡が。


これからの赤いリンゴは葉を完全に取ってむき出しにします。
もう、太陽の陽も真夏に比べて弱くなったので大丈夫。

むしろ、これくらい葉を取らないと全体が赤くならないんだそうな。


葉を取れば、すぐに赤くなります。
もう、立派に赤くなって収穫できそうかと思う。

けどね、玉回しをすると…


やっぱり裏側はまだ白い。


玉回しをして数日放置して、全体が赤くなるのを待ちます。
味は、十分食べれる甘みですが、赤くならないと出荷はできませぬ!


9月も終わりに近づいて、朝晩が寒くなってきた。
すっかり朝は松本市内は靄の中…

まもなく作業のつらい寒い時期がやってきますよ!!


つづく


【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿