2015/09/02

【古民家】天敵スズメ蜂参上。去年、刺されて手が腫れた自分に死角はなかった


去年夏に、スズメ蜂に刺された左手。
グローブ並みに晴れ上がりましたわ。

(過去記事⇒【仕事】スズメ蜂に刺された!が、長野県民は蜂刺されより、「蜂の子」が気になるらしい…)


今年もすずめ蜂の季節がやってきました!

そう、我が家の古民家にも出ました、やつが…


やけに蜂が庭をブンブン跳んでるかと思いや、軒先に!


ハンドボール並み(20cmくらい?)のスズメ蜂の巣!

えー、これ以上は怖くて近づけません。
二度目ですからね、アナフィラキシーショックとか勘弁です。

これ以上、大きくなる前に駆除したいと思います。
しかし、去年の恐怖が、よみがえる。

うん、生身で近づくのは無理!!

去年は、合羽着て完全防備だったのにもかかわらず、手が軍手二重でそこを狙われた。

なら…


去年の教訓をもとに、最初から人間が近づかない作戦です。

廃材を使いまして、このような小窓に網を張る。


で、車の窓に装着!


え~
この様に、この網目の小窓から、


ぷシュー!!


再度ブシュー!!完璧。

これなら、最初から自分でスプレーすればいいじゃない?と、お思いのあなた。
スズメ蜂を舐めすぎ!

ええ、去年の自分もそう思ってましたよ…

あいつら、すぐには死なないからね。
ズブリ!と、自分の左手を刺したやつにずっとスプレーしても、針を離しやしない。
結局、右手で叩き殺した。でも相打ちで左手はご覧のとおり。

伊達に、キラービー(殺し屋)の名称を与えられてない。



それでは、隙間なく窓に張ります。
隙間があって蜂が車内に侵入したら、阿鼻叫喚ですわ。


こちらも完璧!


では、いざ出陣!



プシューーーー!!

どうやら蜂用スプレーが効いた様子。
まだ、巣も小さいせいか蜂も少なく、数匹が逃げていった。

特に、車も攻撃されずで、終了。
ふう、一安心。

次回は、小窓の網部分をやわらかくして、ここから口の閉まる虫取り網で、巣ごと収穫してみようかな?


ほら、長野県民は蜂の子がうまいって言うしさ、それにこれ作りたいんだよね。


スズメ蜂酒!

滋養強壮にいいらしいぞ!




【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿