2014/04/25

【四国~九州】まったく楽しめない佐田岬メロディーラインから新大陸「九州」に入国したが真っ暗だった件

朝です。


お偏路さんはもうすでに出発してた。
徒歩で旅ってすごいよなぁ。

スペインのサンティアゴでも思ったけど、徒歩旅も面白そうである。

 
 せっかくテーブルのある道の駅なので、ゆっくりと朝食です。
チャリダーは徒歩の旅人に比べて朝が遅い!

サンティアゴと一緒だな。
 

 お遍路道を北上します。

意外と歩いてるんですよね…お遍路さん。


 お遍路のお寺。
我々は素通りです。


山道に。
途中で、先に出発してたお遍路さんに追いついた。
徒歩なのに早いなぁ。


 下ります。


 お遍路の休憩場。
こういう場所があると助かります。

なかなか日本にはこういう場所少ないよね。


ん?
直売所みたい。盛上がってます。
寄ってく?


新鮮な野菜がたくさん!
しかも安いぞ。


いちじく!


自転車でなければ、あれもこれも買いたい!


で、買ったのはピオーネブドウ(200円)とイチジク(100円)
大阪のスーパーで買ったらいくらするんだろうね。これ。

海外ではよく食べてたイチジク。っていうかその辺になってた。
日本じゃ高値なフルーツだと思ってたけど四国ならお気楽なフルーツなのね。
ブドウもだけど。


予讃線路沿いに北上します。


 伊予市あたりなら、まだ水田があって平坦ですが、、、


 八幡浜に抜ける25号線沿いは山!
道も狭い。


ミカン畑を抜けて…


 八幡浜に到着です。
港周辺は、立派な公園がありました。

さて、我々はここ四国から九州を目指す!
八幡浜から別府まで出てるフェリーの最終便に乗ると、到着しても朝まで船内で寝れてお徳な路線なのだ。
宇和島運輸フェリー船内休憩案内HP


でも、貧乏な我々は半島の先まで行って、一番安いフェリーに乗ります、はい。


じゃ、景観のいい海岸線沿いに行きますか?



 景色はいいけど、上り下りが結構激しいぞ。
 

 大きな街がでてきたぞ。

 
大きな街というより、伊予町役所だけがやたら立派な街だな。
町営レベルというより、市営レベルの建物だな。


結局、幹線197号線にでちゃいました。
なぜかメロディーラインと名前がついてます。
(佐田岬メロディーライン)


道の駅。
ここで、役場が立派だった理由がわかります。

ここに四国電力の原発があるんですね。なるほど。


 あの辺らしいが、どれ?


ああ、もう太陽がぁぁ

佐田岬メロディーラインを全然堪能していないぞ。
って車じゃないとメロディーを奏でないじゃないか?

 
 日没ぎりぎり三崎港到着です。

2007年のチベット帰りの時も通ったけど、相変わらず上り下りや風の強い過酷なメロディーラインでした。

 
 フェリーターミナル
『九州・四国の最短航路』 国道九四フェリーがここから出てます。


 タンデムは自転車一台計算ですぞ!

大人1人1070円
自転車1台460円です。



1時間に1本でてますから、すぐに乗船開始。


船内です。
しっかりタンデムも固定!


 船内のまったりシート。
ただの雑魚寝スペースです。
席もあるけど、靴を脱ぐ文化の場合はこちらがいいよな。

って、いうか海外のフェリーでも通路でみんな横になってるんだから、
人間靴脱いで横になるのが本来みんな楽なんでしょ?


出航です。
さらば、四国よ!

たった数日だったけど、いろいろと過酷だったぞ!
我々は次なる大陸、九州を目指します。


で、あっという間に佐賀関に到着です。
1時間ちょっとだからね。


着岸!

九州に上陸です。
感動の新大陸がはじまる、、、、
 

 、、って事はないんですよね。

まぁ、もう真っ暗です。周辺に何もないんだ。ここ!
はい。テンション下がりますよね。うん。


でも、以前も通ってるルート。


すぐそこに、道の駅「佐賀関」があるのはわかっている。
6年前ぶりに同じ場所に宿泊です。


 ここもやっぱり何もない場所なんですけどね。


 四国で買ってきた野菜と、レトルトカレーです。
 ししとうカレー!
らっきょがカレーに良く合う!


そして、6年前同様に、展望台になってる東小屋で就寝です。

あれ?昨日もシャワー浴びてないし、今日も??
またかよ!

温泉大国九州に期待しよう、、、。


続く…



大きな地図で見る


 【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿