2017/01/23

【ログハウス(14)】<屋根>アスファルトシングルを張り5層目構造の屋根が完成

安曇野も冬に突入で観光地わさび農園もすっかり寂しい雰囲気ですよ。



七日目です。

前回の屋根材アスファルトシングル張りのつづきです。
(前回⇒【ログハウス(13)】<屋根>オリジナル屋根作り、ルーフィング材を屋根の4層目として張る


アスファルトシングル材です。
これは名前のとおりアスファルトの様な屋根材です。
そして重いです。

ログハウスのキットでついてます。

1層目は、ログハウスのキットの屋根材(天井板兼用の野地板)、
2層目は、断熱のスタイロー材、
3層目は、べニア板、
4層目は、カラールーフィング、
5層目としてアスファルトシングル材を張っていきますよ。


前回、ひさし部分からスタートした屋根材張り。
一番最初は上下逆さに張るので、直線部分が軒先にきます。

その後は、凹凸がある方を下にして張っていきます。
ちょうど、釘でとめた部分が隠れる様に。


この様に、釘の部分が隠れる様に…


こんなん…。
これを繰り返していきます。


ちなみに、裏はべとべとしたシール状になってますが、低温すぎてドライ…
夏になったら付くのかな?


端は合わないので…


カッターでカット。
裏から切ったほうがキレイにできます。

表(アスファルト側)から切ると、ぼろぼろ崩れます。


カットです。
カットした部分は反対側の端で使えます。


これも同じく釘が隠れる様に…


隠れました。


では、再び釘で固定していきます。


意外とたくさん必要なアスファルト材です。


たくさん張ってもなかなか終わらない!


やっと頂点へ。
それでは反対側も。


あとちょっと…



あと…


到達です!


反対側と重なるまで張ります。


頂点部分は、長方形のアスファルトを張ります。


スタートラインの釘は隠れないので、シリコーンで防水。


後は同様に、釘が隠れる様に重ねて張っていきます。


完成です!!

これで雨が降っても大丈夫!


あとは、破風板に笠木をつけます。


その前に、破風板と笠木の間をシリコーンで防水加工。


ねじで上から固定します。


こんな感じですかね?


遠目に。いいんじゃない?


破風板と笠木を横から。


5層目構造になった屋根の断面部です。


うーん、このままではみっともない。


キットの屋根材(天井板兼用の野地板)が余ったので、張ったらいい感じに隠れました。

これで、屋根は5層目構造にて完成!
のはずでしたが…


つづく…



【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved - 



0 件のコメント:

コメントを投稿