2015/01/25

【キッチン】大量のリンゴを使って、ワインに保存食にカレーにデザートに調理してみた結果


リンゴをワインで漬けたサングリアです。


いやー、リンゴがたくさんあるんですよ。
農家さんからもらったリンゴが。


冷蔵保存するば、鮮度はある程度保たれるらしいんだけど、
農家さんと違って巨大冷蔵庫なんて我が家にはねぇ!

2ドアの小冷蔵庫だけ…


となると、常温で保存できる方法や、調理方法を考えないと!


まずは観賞用??


簡単なのがサングリア。


リンゴを切ってワインを注ぐだけ。


あとは、待つだけ。
ただ、ワインはアルコール度数が少ないので、長期保存には向かない。


数日で飲み頃になるお手軽さ。
でも、すぐに飲んじゃわないとね!

甘いリンゴのワインの完成です。
飲みやすいけど、ワインですので酔っ払い注意ですな。


続いていろいろな種類のリンゴを使った…


リンゴジャム。
これが一番長期保存できて簡単。

砂糖の割合を種類によって分けたりして、味が異なって面白い。
色も違うしね。


甘く煮込んだコンポートとか?
これも、やわらかい種類のつがるリンゴとかだと難しいけど、しっかりした食感のリンゴだとうまくいったりする。


朝食にはリンゴジャム。


パンもジャム作りもパンメーカーで作れまっせ。
 

時間はかかるけど、長期保存といえばドライフード。


いい天気の日には外に干すなどして数週間。
ぱりぱりにはならず、しっとりした食感です。

そのまま食べてもいいし、デザートやパンに入れてもいい。


 リンゴジャムセット完成です。


リンゴドレッシング。
リンゴをすって油醤油砂糖で作ったもの。

これが便利なんです。


コンポートもジャムもとりあえず冷凍しておくんですけどね。


鶏肉やサラダにかけてもいい!
さっぱりした酸味が料理に合うんです。


リンゴ三昧な食卓になりました。

リンゴドレッシングに、パスタに混ぜてもいいし、サングリアといいね。


で、もっとも合うのがカレー!
活力鍋(【キッチン】「活力鍋」って知ってる?圧力鍋よりすごい圧力で調理可能で節約できてカレーもうまい!?)でリンゴも粉々に煮込むと、数分で何時間も煮込んだかのようなカレーになりますよ。
お肉なしのべジカレーなのに、味わい深いカレーになります!


あとはデザートでアップルパイとかね?


こんな感じで保存したコンポートとかでデザートも作っていきますよ。


フランス人旅人(【一宿一飯の恩義】フランス式のお礼はフランス版お袋の味の家庭料理だった)が以前作ってくれたクランブル。
小麦とりんごで簡単にできるフランスデザートです。


さぁ、ボナペティ!



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿