2016/12/29

【ログハウス(6)】<ログ壁組立て>やっと地味な作業が終わり、ログハウス作りらしくなりました!

続きです。
(前回⇒【ログハウス(5)】<根太組立>道具って大事だな…今度は電動ドリルがへタレて、まったく組立が進まない


今日も、絶好のログハウス作り日な天気です。


 最近のホームセンターは軽トラックを貸してくれるから助かりますね。

資材とともに購入した…


RYOBIリョウービの電動ドリル !


 どうだ!こん畜生!

 さすが新バッテリー!
昨日は歯もたたなかったネジがぐいぐい入っていきます。

これで、一番下段のログと土台の根太がくっつきました。



ログの内側にさらに細い根太を打ち付けていきます。

 
よく見ると、沓石に止め金具が付いてたんだけど、これがログに干渉。
思いっきり体重乗せたら、ログが凹んでちょうどいい感じに。


 それでは、本日も友人たちに手伝って頂いております。


 まずは使う番号順にログを並べる。


そして、交互にログを順番とおりに打ち込んでいきます。


こんな感じ。ログハウスっぽくなってきました。


 3段ごとに水平かどうか確認。
まぁ大丈夫そうだ。


図面とログに書いてある番号を確認しならが、組み立て。
間違って打ち込んだら、もう元には戻せないですよ。


どんどんログを乗せていきます。



 早い早い。
どんどんと壁が高くなっていく。


 あっという間にこんな壁の高さに!
組み立ては早いのね。


 窓枠部分です。
短くて軽いの簡単。


 工事現場です。
 だいぶ、材料が減った?


窓枠部分ですが、ログが短いので歪んでますね…
日本語説明書には木枠で万力みたいので挟んで矯正してましたが、そんなのはないのでそのまま続行です。


 正面のドアと窓枠は後回しで、後方の壁を積み重ねていきます。


もはや、脚立を使わないと作業できないレベル。


 ここで、ドアの枠をはめ込みます(ドアとドア枠は完成品です)。
本来はもっと早くつければ、短い窓枠のログ組み立てが簡単でした。


押し込みます。

まぁ、このタイミングではめ込んでるのは、純粋に忘れてただけなんですけどね。


 こんなん状態。


 はめ込ました。

知らなかったけど、ログハウスはセトリング(沈むの意味)という現象がおきます。
木同士の隙間が埋まっていくからなのか、どんどん沈んでいきます。

そのため、ドアや窓枠は挟み込んでいるだけで固定はできません。


ここで、日没。

半日の作業で、何とかここまで進みました。
屋根まで残り2段くらいかな?

ログハウスらしくなったじゃないですか。


屋根がないので、使ってない材料を適当に乗せて、簡易屋根の骨組みに。


ビニールシートをかけて屋根の完成です。
飛ばされないように重石を屋根にのせます。

本日(三日目)の作業終了!


つづく…



【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -



0 件のコメント:

コメントを投稿