2014/10/05

【大阪】歴史に残る偉大な世界一周サイクリストの自転車から前方後円墳まで見学してきた

大阪に帰ってきました。
残り大阪生活もわずか…やり残しないようにしたい!

で、向かった先は、


教科書にもでてくる、堺市の仁徳天皇の前方後円墳!


…の隣建物!


目的地は珍しい自転車博物館!
日本で唯一の実車体験& イベント参加型の自転車博物館のうたい文句。

 自転車博物館
add:大阪府堺市堺区大仙中町18番2号 
www.bikemuse.jp/
入場料:一般200円(試乗体験チケット付、後日利用も可能)

堺市といえばシマノの本拠地。
この博物館も公益財団法人シマノ・サイクル開発センターとなっております。


初代の頃の自転車から…


5人乗り自転車や、


変り種自転車に、


最新自転車までいろいろと自転車歴史を実物を見ながら知る事ができます。


保持してる自転車もごらんのとおり。

このほか、自転車の最新システムの紹介などある。


そして、今回この自転車博物館での最大の目的。


これ!
特別企画展として

「世界一周自転車冒険」(2014年4月1日(火)~2015年3月22日(日))開催中


こちらの自転車が我々の本命で見たかったもの!
著書もあるタンデム界の有名人、宇都宮さん夫妻の10万キロ以上走ったタンデム!
世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅

たった1.5万キロ走行しかしていない、へっぽこヘタレタンデム乗りとしては恥ずかしい限りだが…


いや~重圧感が違いますな!
ちょっと乗ってみたかったが、触ってはいけません。

宇都宮さんは現在、しまなみ海道にて自転車に関わる仕事(しまなみポタリング日記 - シクロツーリズムしまなみ)をしてるそうな。
いつか、しまなみ海道をタンデムで走りたいなぁ…


その他にも歴史を感じれる自転車が多数…
今回の企画はJACC の協力で、会員の皆さんの歴代自転車がならんどります。
JACCのHPによると、

池本元光代表、宇都宮秀俊副代表、永谷彰朗会員、待井剛評議員、宇都宮一成会員・トモ子さん、中西大輔国際部長の自転車が展示。

だそうです。




2014年度内開催してますので、自転車旅に興味ある人は是非どうぞ。

って、見るとまた旅に出たくなりますなぁ。


さて、博物館だけではもったいないのが、この界隈。


見事な八重桜が咲いてるこの敷地内。


なんとも広大なエリアに緑が広がってる事か!

大阪にこんな雰囲気のいい公園があるとか…最後の最後に知ってしまった。


で、隠れた巨大建造物。
世界最大級のお墓です。


教科書でならった、あの前方後円墳です。


残念ながら、管轄の宮内庁からご通達。はい、立ち入り禁止です。
皇族の持ち物扱いって事?

といっても、巨大すぎて地表から見てもただの森です。


上空からみれば、しっかり鍵穴なんですけどね。


お堀です。
お堀のすぐ外が…


普通に住宅地なのがシュールです。
面積はピラミッドより大きい巨大建造物でもっともっと注目あびてもいいはずなんですけどね。

ちょっとお堀を越えたら入れてしまいそうなくらい住宅地です。


もちろん立ち入り禁止ですよ。by宮内庁



※これは、桜舞う2014年4月ころのお話です…

【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿