2013/11/09

【チベットを前にリタイア?!】出発すぐ二人して嘔吐、下痢…【虎跳峡】



三江併流の一つ、金沙江。


ここより狭い虎跳峡へ 金沙江流れ込んでいく。


ここに流れ込んだら、間違いなく死ぬレベルの激流な金沙江の虎跳峡部分。


 その虎跳峡入り口の虎跳峡鎮。金沙江の支流沿いにある小さい街である。


まずは宿さがし。
街の手前(街中心まで徒歩20分)で見つけた酒店。
とりあえず覗いてみた

 
毛家大酒店
add:街の手前

ツイン 50元
寂れたホテル。wifi、ネットなし


掃除してないので、ホコリっぽい。虫の死骸も一杯
もったいない。


街の中心で、宿を取る事にしよう。
ちょっと不便だし。


ツインの部屋

最初の分岐には多分、この街一番の酒店(ホテル)は120元で高いが唯一綺麗そう。


市内には、賓館などあるけど、どれもショボイ。
ショボイだけならいいけど、掃除してなくてホコリっぽいんだよな。


小さい街の全てのホテルを聞きまくり。



見た目綺麗なんだけど、なぜかホコリっぽいんだよなぁ。


最近できた新しい建物の入場ゲート。

いいホテルやユースホステルは、どうやら虎跳峡内にあるらしい。
でも、そこに行くには入場料金がいるというね。


中は立派だな。チケットブース。




結局選んだのは、橋を渡った、虎跳峡のチケットゲート近くの新しそうなイスラム系宿。

穆斯林賓館
add:橋の近く


ツイン 60元
一通りそろってる
wifi、ネットなし




自転車は一階のレストランへ。
他にも中国人チャリダーがいた。


2階の部屋はリフォームしたばかりとの事。
綺麗である。


シャワールームも綺麗。
中国特有のホコリっぽさがない。

これだけ綺麗なら安心でしょ!

、、、、と、思ったがこの綺麗なのが仇となる。




~翌日~

窓、扉全開の、蚊帳で就寝、、、、。

何があったかというと、壁にペンキ塗り立てで、ケミカル臭酔い。
安いペンキを使っているのか、ペンキとは乾燥させないと臭いものなのか知らないが、
新しすぎてペンキのケミカル臭がすごい!
もはや吐き気を催すレベル。


ぐったりなtomomi
朝、中国人チャリダーに聞いたら、彼が泊まった階はまだリフォーム前だったので、問題なかったらしい。
、、、新しいってのも問題だな、、、、オイ。


天気も悪いが、体調も最悪。
吐き気が止まらん。

でも、この街にいるのも嫌である。
むしろ、郊外に行った方が空気もいいはず。


10時くらいに頑張って出発。

小さい川沿いをゆっくり登り。



景色はいいのに、、、あかん、、、限界。
10kmしか走れず。

今日は、この後1500mの登りが続く。
とてもじゃないが、この体調では無理だ。


幹線に数件のトラック野郎の宿があった。

如意山荘
ツイン(ホットシャワートイレ付) 50元

ネットなし

(1元=16円 / 1ドル=100円=6.1元)


普通の宿だが、昨日のケミカル臭に比べればまだマシ。


自転車は、他の部屋へ。


食堂もあったので、頼んでみた。


ファンタ 3元
ラーメン 10元


キャベツ炒め 8元

まったくもって二人して食欲なし、、、。


二人しても嘔吐に悪寒も!
アカン…
どうやら、卵ゲップみたいな症状
胃が消化できてない。


明日、このまま先に進めるのだろうか?
もしくはチベットを前にリタイア??



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿