2013/11/24

【摩訶不思議な風景】4500mのチベット高原の果てまで転がる岩岩岩!

夕べの激峠から一晩、、、
なんとか体は復活。


朝からゴハン炊きます。
これはランチ用。どうしても外では料理しづらい。ならもう朝のうちに作ってしまう作戦。


夕べの大雨からなんとか雨は止んだ。



宿に商店が併設されてたので、水2Lのペットボトル5元を2本買う。

時刻は9時半。
それでは、本日も出発です。


せっかくアスファルトになったかと思ったら、まだダート。



しかも現在、アスファルト工事中なため、基礎が終わってない場所の道ぼろぼろ。
ある程度固めた道は走りやすいのだが。


半分完成している場所もある。
アスファルトの偉大さを痛感するなぁ。


川の対岸にゴンパ発見。


道は工事区間だらけ。
ゆっくりと川沿いを登っていく。


まったく手をつけていないダート部分。
昨日の雨のせいで、どろどろ、、、汚れるしタイヤは埋もれるで最悪だ。



また少しづつ登ってきた。


ところどころで大きな工事をやっている。
車も待たされる。
そういうところに限って、、、、


まさに泥んこ!

とてもじゃないが漕げない。押すのすら辛い!
何?この罰ゲーム。


うおー
進まねーしかも靴が泥に埋まる。


最悪だよ。この道。


車もじゃぶじゃぶ。

乾いたら乾いたで、さらさらな砂が舞い上がり最悪。
雨降っても固まる事なくどろどろというね。


川沿いは大きな石だらけ。


道路工事労働者用の建物で休憩させてもらう。
助かった。



朝作ったご飯休憩です。
とてもじゃないけど、どろどろの道路脇でゴハン食べる気にならん。


突然立派なアスファルトが出てきた。
しかし、これは空港方面だけ。

最近この辺の亜丁の空港が出来てテストフライトの為、稲城が封鎖と聞いた。
ずいぶんと稲城と離れてる空港なのに封鎖とはいったい?


メイン幹線はぼこぼこなんですけどね。



段々大きな石がゴロゴロしてきた。


遊牧民のテント。


道は登る登る。
たまにアスファルトが残っている場所がある。

どうやら昔のアスファルトの様だ。
それを剥がして、基礎から工事しているみたい。


スタートして21km地点 標高4300mあたりで高原にでる。


おかげでアスファルトとダートの繰り返し。
こちらとしては、工事せずこのままの方が走りやすいのだが。


ゆっくり登っていく。
岩だらけの高原


登り平原
登り平原、、、、



岩がたくさんでてきて、変な風景になってきた。



黄色い花。


どこからこんな岩が来たんだ?
まるで、岩山が砕け散ったみたいだ。


休憩中のチベタンドライバー達。


不思議な高原だ。


岩の合間に黄色い花々が咲いている。
なんともシュールだ。



気づけばスタートして36km地点 標高4500mまで登ってきた。


ゆっくり登っていた高原が、今度は下り。


相変わらず悪路です。


このまま下りなのか?


トラックがたまってる場所で休憩させてもらう。
まったく村とかないね。


先ほどの残りのゴハンと甘いコーヒーとクッキーで糖分補充です。


ああ、温まる。
水筒もってきて良かった。


高原の景色はいいんだけどね。


またどろどろの道とか。
早く工事終わってくれないかなぁ?


お!下っている!


スタートから41km地点 標高4500m
ここからがっつり下り!


が、、、前方は雨降っていない?


降ってきました!
またかよ!


急いで雨合羽を着ます。
また、昨日の様にタイミング逃して、濡れるのも嫌だ。


完全に霧と雨に包まれた、、、
車からの景色なら幻想的なのに!!

自転車なら苦行でしかない。


雨でまた道路はどろどろ!
そこに前方から中国人チャリダー参上!

やはり雨が降ってきたらしく、この先の登り道はどろどろで最悪だったよ~

、、、?また登るの!?しかも雨の中の泥んこダート!!


今日も長い一日になりそうだ、、、。

続く。




  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿