2013/08/25

【Chiang Khong】タイ最後の街チェンコンでは納得してラオスに行きたい

あ、あ、あつい、、、
暑い!

北部のこの酷暑の時期はバンコクより暑い!
雨季は肌寒いくらいらしいのに。

大きな幹線に合流した。
それなりに街並みがでてきた。


かつてはラオスとの国境の僻地だったチェンコンだが、
郊外には大型スーパーテスコ建設中。

まもなく、チェンコン南部のメコン川に交友橋第三弾の橋がかかるらしく、
ラオスを経由したタイと中国の物資の往来が激しくなりそうです。



Chiang Khongチェンコン到着です!

ああ、疲れた、というより暑かった。
2005年に初めてきて今回で3回目。

かつてはメインストリート1本の小さい田舎街だったが、
来るたびに街が大きくなってる。

かつてのショボイメインストリートもにぎやかになったものだ。

メインストリートを北上していくと、ラオスとの国境イミグレである。
今日は出国しないけど下見ということで。


現在、トラックのカスタムも同じ場所にあるので、街の規模ににつかわしくない大型のトラックが、
街中を走っていく。結構危険。

でも、これも橋がかかれば、トラック用のカスタムも移動するだろう。


ラオスへの国境。タイ側イミグレ。
現在は橋がかかっていないので、渡し舟での越境となる。



この国境の近くに日本人女性の経営する小さい宿がある。
国境よりさらに細い道を北上した場所にある、、、


チェンコーンの安宿 喫茶&民宿 パパイヤヴィレッジ -
HP: ameblo.jp/papayavillage/
※現在休業中みたい。詳しくはHPで


え?ここってくらい地元民の村中にある。

シングルルーム(トイレシャワー共同)

が、誰もいない、、、
タイ語オンリーのお母さんが出てきて部屋を案内してくれたけど、
日本人女性は現在外出中の様子。


宿からの眺め。
メコン川の向こうはもうラオス。


今回は他の宿へ。
ラオスに出入国するには国境が近いから便利だな。



とりあえず街中へ戻る。
こういう時、自転車は楽である。

街中の中心、メコン側にメインストリートを路地(ピンクの建物角)に入った宿

ここは2005年当時からあった老舗のホテルが二件。

左手の小奇麗でお洒落な Tam-mila GH は以前宿泊したことがある。
ここのオーナーとは2005年時に中国で知り合っており、当時チェンコン訪問時に宿泊したのだが、
お金を受け取ってもらえなかった。

申し訳ないので、今回は他の宿へお試しということで右手の宿へ行く


Huan-thai Sophaphun Resort

500B(ACつきで、川ビュー
300B(ファン、中側の部屋

200Bの部屋もあるらしい。
(1B=約3円)
タオル、ドリンク水、ホットシャワー付
無料wifi



「オイ!変な自転車乗りがやってきやがったぜ!」



いい雰囲気の建物である。
川が見える部屋は高い。

300Bの安い部屋、、、
いい雰囲気なのだが、掃除されていない??


ロビー
老舗らしく過去の写真が飾られている、、、が管理されていない?

お客があまり来ないから、やる気がないのか?


ロビーからのメコン川の景色は素晴らしい。
目の前にはラオス側の街フエサイが見える。

ああ、タイもここが最後か、、、、
となると恋しいのはタイビアー!!


いつものことですが、明るいうちから飲んでます。
なぜかこの街のビールはコンビニより商店が安い!
チャンビール瓶がコンビニでは46Bが商店では40B。


さて、ビール飲んだら夕食ですが、この街夕方にやってる安い食堂が少ない。
ご飯系の屋台も少ない。
レストランならあるが、別に安いぶっかけ料理でかまわないのだ。

なんとか閉店間際の安食堂へ。
カレー 30B x2皿

うーん、もっといいレストランないかな、、、
最後のタイ料理がこれでは、悔やまれる。

物足りないので甘いもの屋台でも。

タイお菓子 10B x2個
ココナッツ風味でした。


メコンの夜景を眺めながら、今日もゆっくりと夜が更けていく、、、、はずだった!




朝です。

太陽はメコン川に反射してすがすがしいのに、我々の気分はイガイガ、、、
どうやら、掃除されていないホコリまみれの部屋で、咽をやられたようだ。

朝ごはんも食べずにチャックアウト準備!
眺めも雰囲気もいい宿なのに、管理さえしっかりすれば、、、、残念な宿である。



急遽、川沿いを南下して宿探し。
今回のアジア編で一番長く滞在してるし大好きタイの最後なので、すっきり出国したい。


Baan Pakpon
add: 上記名刺参照

街中心のセブンイレブンをメコン側路地に入ったところ。

ファン 350Bから(川ビュー

ドリンク水、ホットシャワートイレ、TV、タオル付
無料wifi(部屋で可能

家族経営なのかフレンドリー

入り口
自転車も入り口駐車場へ
部屋は階段を下った川沿いになる。


ロビー

部屋前のテラス。
メコン川が!!

350Bのファン部屋

シンプルで綺麗。
これならタイ最後の宿にふさわしい!!



★走行距離 117km(7.0h)
Chiang Rai 

Chiang Khong



大きな地図で見る


 

【ブログ村】人気ランキングへ投票<<<<If you like my Blog! Plz click this button!!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿