2015/02/04

【静岡】ミカン栽培にも天敵が多数も、絶景富士山みながら陽気な気候に収穫も進んだ話(後半)

つづき…
(前回⇒【静岡】安曇野の氷点下の気温と10度違う海岸部で、海を見ながらミカンを収穫した話(前編)


さぁみかんを収穫しますか!


まぁその前にモノラックで山を登っていくんですが、



途中にある竹林。


ここが前回の台風で大崩!

大規模な土砂崩れには弱い竹林。
竹は根っこが上部には根付かず、深くまで根を張る木よりも大雨に弱いらしい。

歴史的な大雨だった台風のおかげで静岡も大洪水に土砂崩れの大被害。
だいたい崩れたのは竹林の場所だったらしい。



この景観で有名な「さった峠」の場所の東海道本線も不通になっちゃいましたしね。


収穫中

さらにこの大雨のおかげで、みかんに変化が?
山に水分が多いせいで、みかんの皮浮いてしまう状態に。


みかんは水捌けのいい場所で、そんなに水分がないほうが甘くなる。

今年のみかんはここ40年で最悪という農家さんもあるらしい。


そして、人間においしいミカンは動物にもおいしい!
見事に食い荒らされたミカン。
きれいに下の部分だけ食べてます。


だいたいイノシシかハクビシンだそうな。


ハクビシンって、こんなんやつね。かわいい顔して獰猛らしいです。
中国から来たそうで、フルーツばかり食べるから、ハクビシン自体もおいしいって話。


イノシシ用の罠や、



ハクビシン用の罠とか仕掛けてるけど、ぜんぜん引っかからんそうな。



まぁそんな問題はあるけど、とりあえず収穫ですよ。


安曇野じゃあ雪降ってるって話だけど、静岡は日中はポカポカ陽気です。
遠くに富士山と…


駿河湾に伊豆半島を眺めながら収穫です。


で、楽しみのランチ。
陽気な太陽の下でピクニック気分で昼食です。


眺めもいいしね。


午後も切ります。


切ります…


切り…


ひたすら切ります!


りんごと違って、そこまで丁寧に扱わなくても、傷がつかないのがミカンのいいところ。


コンテナがいっぱいになったところで…


夕方です。
17時には真っ暗になりますので撤収です。


街もすっかり陽が陰って…って、安曇野は15時には太陽が陰って16時には暗くなるぞ!


富士山と満月。

たった200kmしか離れていない長野と静岡。
お互いイメージないけど、隣の県同士なんだよね。

しかし、この違いっぷり!
気温にしろ陽の陰り方ににしろ…

あ、静岡ではリンゴが喜ばれて、長野ではミカンが喜ばれるので、たくさんミカンを安曇野にもって帰りますか!




※これは、安曇野ではもうすでに小雪が舞ってるってのに、まだ暖かい静岡の2014年12月ころのお話です…

【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿