2015/02/24

【大町】極寒な雪山絶景で見られる海老の尻尾と呼ぶ「樹氷」と「結氷」した湖


寒い寒い長野の山の中です。
-10度くらいでしょうか?

朝は木々にびっしり霜のようなものが、開花したみたいについてます。


 晴れると余計に寒いんですね。
雪が降っているほうが暖かく感じる。

早朝は安定して天気がいい。


まぁ天気がいいだけでスキーに行きたくなるんですが…
 

眼下には青木湖が!

 さぁ!湖目指して滑り降りるぜ!(無理です…初心者なので迂回ルートにまわります



 朝は太陽もまぶしいし空気も冷たくて景色も良いしいい感じですよ。




 凍った木がかっこいい。


 積もった雪の上にさらに霜状態。


このような状態を樹氷:じゅひょう(霧氷:むひょうの一種⇒wikiへ霧氷 - Wikipedia)というらしい。
たぶん。
 
wiki先生によると、
樹氷(じゅひょう)は、濃霧が地物に衝突して凍結付着した白色で脆いもの。気温-5℃以下で風の弱いときに発達し、気泡を多く含むために不透明で、白色を呈する。手で触ると簡単に崩れるほど脆い。この様を俗に「海老の尻尾」とも呼ぶ。

だそうな。



 見るからに寒そうな景色です。
実際寒いんですけどね。

撮影している間は手袋を外すので、手が痛くなるほど寒いです。



 この日は山までくっきりな晴天日和。


なら、先ほどスキー場から見えた青木湖へぷらぷらドライブ。


さすがに湖面は凍っていません。が、


 これ、平原に見えますが青木湖の隣の小さい中綱湖なんです。
完全に凍ってさらに雪が積もってます。


しつこいですが、湖の上です。
まぁ平原にしか見えませんから…

毎年凍る訳ではなく、今年は雪が多いせいもあり久しぶりに全面凍結したそうな。


 なので、テントはワカサギ釣りをしてる方々なんです。
まぁ、氷の上にいるわけですから、寒いんですよ。

まして風なんて吹いた日には釣りどころじゃないと思います。
それでもたくさんの人が楽しんでますけどね。


 最後に大町市内を見ながら帰宅。
安曇野と違って山が近いし、雪も普通に残ってます。

たった20kmしか我が家と離れていないのにこの違いは相変わらず驚かされます。



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿