2013/10/07

【景洪】中国マンション事情。中国で新築マンションを買ってみた!

おはようございます。

中国の朝です。
同じタイ族とは思えないほど、街の景色が違います。

、、、ごほごほ、、、。
いつも思うのだが、何故に中国に入ったとたんに、喉の調子が悪くなるんだ?


朝食はホテル目の前のお店の米干麺屋さん。

5元x2杯
(1元=16円 / 1ドル=100円=6.1元)

この木炭の火鉢も空気汚染の原因なんだよなぁ、、、。


トッピングは各自で自由に。
どうも、中国のお肉は何使ってるかわからないで、肉類は避ける。
ついでに、中国人大好き味の素(中華名:味精ウイジン)も抜いてもらうように頼む。


シンプルに野菜だけ。
これでいいんですよ。

シンプルに美味しいんだし。
現代の中華はあれこれ入れすぎなんだよ。


朝食を食べたら自転車を整備しますか、、、、。


タンデムの壊れた部品
ぽっきりですな。

はっきりいってこの街でも修復不可能です。
同じ部品は自転車行ってもないし、アルミ溶接できる場所もなかった。


もう、焼けお昼ですかね?


最近はみかけない、中華ぶっかけ飯屋さん。
昔は3元から5元でたくさんのおかずでお腹一杯なったものだ。

ここ景洪ではまだ結構残ってるぶっかけ屋さんだが、大分値上げして二品チョイスで4元~
それでも安いので労働者で賑わってる。


2品チョイスで4元。
安い。

友人と一緒に食べる、、、、。


そう、ここ景洪に寄った最大の理由。
この街に住んでいる友人に会いに来たのだ。
十年以上前からお互いここ景洪を知っているので、街の変化で話は盛り上がりですよ。


友人案内の元、古きよき中国の残る場所へお散歩。

といっても市場だけど。


、、、。
くさい。

中国の市場ってたしかにこんなんだよなぁ。
カオス!


鳩だって何だって売ってますぜ!


鶏も新鮮なままです。

何故に、同じタイ族なのにこうも違うのか、、、(アゲイン)


かつては小さい街だった景洪も、今は郊外までマンションが出来ている。
でも、立てるだけ立てて、道路とかインフラが整っていないというね。

これぞ、ザ★チャイナ。

それでも地価は上がり続けているし、現在も建設中のマンションだらけ。
誰だ?中華のバブルはすぐはじけるって言ったのは?
全然弾けないぞ。


そんな一角についに友人もマンションを買ったのだ。

まさに時代はバブル。
土地が下がる事などありえないと誰もが思ってた時代だ。
中国人なら誰もが思ってるだろうなぁ。
現在もガンガン上がってるしね。


そんな新築マンション!
どれどれ、お邪魔しまーーーす!


、、、?
あれ?
窓すら何もないよ!


中国のマンションは箱買いです。
日本の様に、すぐに住める様になってません!


なので、住んでる部屋と誰もいない部屋は一目瞭然。

それでも買い手がいないわけではなく、投資目的で購入する資産家が多い。
資産家は資産として買ってるから住むわけじゃないから、部屋はそのまま。
結局、マンションの半分は廃墟の様に見えるという。


なので、マンションとはいえ各自家でレイアウトも床も壁色も全然違う。
まったく同じ作りの日本のマンションとは勝手が違うますな。

友人の家も大きめのドアを着けようと、壁を壊してます。
しかし、このコンクリートの中身大丈夫なんかな?

ちなみに最上階な彼の部屋は雨漏りがします。
新築なのに、、、。
これを業者に言うと、「ここの雨漏りはまだマシな方だ」と。

、、、。
「いやいや。雨漏りを直してくれよ!」って無意味な会話に突入するそうです。


最上階なので眺めは抜群。

いい風が入ってきます。
なんせまだ窓がないからね。


これから友人の家も本格的工事が始まる!という訳で住める様になるまでは時間がまだかかりるそうな。


夕食は友人夫妻と4人で一緒に景洪名物?の串屋さんへ。
南バスターミナル周辺にお店がたくさんあります。
こういうとき地元に詳しい人がいると助かるね。


好きなものをチョイスして、、、、


お兄さんに焼いてもらうというシステム。
ラオスとかに近いです。

違いは具材の多さか。


まずは、この地方の特産の苦い豆を肴にビールです。

乾杯(カンペイ)!!

って、言うと飲み干さないといけないので要注意!
ビールならいいけど、アルコール度高い酒だと死にます。


おお!来ました!
魚、豚皮、ビーフジャーキー、苦い豆、ナス、豆腐etc,,,

種類にもよりますが一皿10~20元くらい


茄子焼きが美味い!


タイの名物といえばパイナップルご飯ですかね?


こうやって、外人観光客のまったくいない景洪の街の夜はふけていく、、、、



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿