2013/10/20

【中国でバス乗車の極意】修理不能で昆明までワープします

結局、ここ景洪ではタンデムの修理が不可能である事がわかった。
当初の予定といえば予定とおりだけど、バスで雲南省の省都である昆明まで行く事にする。


朝、6時にホテルをチェックアウト。
街の北側にあるバスターミナルを目指す。
 

昆明まで行くなら、本来は街のはずれにある南バスターミナルの方が本数は多い。
でも、我々には壊れたタンデムがある。
バックパッカーならタクシーでも使えばいいけど、自転車はタクシーは無理もんなぁ。


という訳で、比較的近い街中のバスターミナルへ。


で、、、
6時半現在で次のバスは、8時発。が、満員!
次は9時10分発。あと2時間もあるのかよ、、、、

昨日のうちに買っておけばよかったなぁ。
もしくはこれから南バスターミナルへ?

、、、おとなしく9時10分のチケットを買う。
 

チケット

昆明行きバス 一人 219元+1元保険
(1元=16円 / 1ドル=100円=6.1元)


まだ夜行バスもあるのね。

北バスターミナルは夜行バスは多いが、昼便が少ない。
南バスターミナル経由でもなく、それぞれ出発してるみたい。
南の方が昼間便は多そう。


かつては高速道路がなかったから500km先の昆明まで2泊3日とか訳わからん山道だったけど、
全線開通した現代では8-9時間で昆明までいける。


ちなみにトイレ無料な待合室でした。
そして荷物チェックは英語で中国語わからん作戦で突破です。
だって面倒じゃないですか~
目的は中国人の爆竹持ち込み禁止によるものなんだし。


8時半になったらバス乗り場へ
さぁここからが勝負です。


何が勝負って?

バスはタンデムも積めそうな大型バス。
そう、自転車が荷物代として交渉なんですよ。これが面倒。

料金が一定ならいいんだけど、ドライバーに値段は委ねられている。
その為、チケット売り場でもドライバーに聞いてね!って感じで正規料金が決まっていない。


この間、100元で高かったしなぁ、、、

乗客の荷物積み込みが始まったら一番で詰め込む。
後になると、荷台が満杯になったら積めなくなる。


余裕の積み込み。
正直、重さも20kgだしさ、スペースも薄っぺらくて場所とってないんだからさ~自転車って。

自転車ってだけで追加料金取らないでほしいわ。
絶対、白人旅行者の大型バックの方が重たいぞ。


さて、ここからが交渉で。


ドライバーはしっかりみている!っていうか誰が見ても目立つわ。

ドライバー「100元な(中国語)」
我々「??中国語わからないよ(英語)」
ドライバー「おいおい、外人かよ。100元だよ(中国語)」
我々「わからないアルよ(日本語)」
ドライバー「韓国人か?(中国語)」
我々「???」(ちげーよ

中国語理解できずにすっとぼける作戦である。
ちなみに中国人はたとえ通じなくても中国語で押し通す。
まるで、日本のおばちゃんと一緒、、、。


ドライバー「これだよ、これ(中国語)」100元札見せ付けてくる
我々「高い高い。まけて(日本語)」紙に50元と書いてみせる
※上記繰り返し

我々「だって65元しか財布にないし~(英語)」(わざと財布は少なくしてた)
ドライバー「じゃ、それでいいわ(中国語)」
我々「50元で~(日本語)」
ドライバー「、、、。しょうがねぇな。おら出発するぞ!(中国語)」


わーい50元!
よかった話の通じるドライバーで。

中には完全に足元みて、会話にすらならないパターンもあるし、英語作戦がよかったのかもしれない。なまじ中国語がわかると、まからない事もあるし。


9時25分出発
遅れたのが我々のせいだったスミマセン。

って、昔みたいに満席にならないと出発しなかった時代に比べれば、これくらいマシですよね?


快適バス。
快適な高速。





バスって楽ですなぁ



楽しかったぞ。景洪。
また友人の家に遊びに来ますよ。


次くるときはもっと街がでかくなってそうだな、、、。


数回トイレ休憩

あたらしい高速だからトイレも綺麗というね。


これなら、中国のトイレがひどいとは言われないのにな。


山岳地帯の高速をバスは登ったり下ったり。
下にかつての旧道が見えます。


13時に昼休憩。
謎の高速バス大終結の食堂。

ぶっかけ料理しかなかったから食べなかったけど。


その後もバスがガンガン登ったり、下ったり。
高速が高い位置を走ってるので景色がいい。


山道で登ってるけど、これから行く昆明のほうが標高2000mで高いんだよね。


段々山がひらけて、高原に出ます。
そうしたら省都の昆明。


、、、の手前なのに、もうビル郡が!
僻地の景洪ですら建設ラッシュだもんな、、、省都はもっとすごいんだろうな。


竹の子です。
にょきにょき。

かつては畑だった場所にビル建てまくり。
おかげで地盤沈下とか、手抜き工事とかで問題だらけというね。


ここから、昆明の郊外にあるはずの南バスターミナルまでまだ着かない。
どんだけ、郊外に街が広がってるんだ。昆明よ!




  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿