2013/09/05

【Luang Namtha】ラオスのローカル市場に潜入!イメージを覆すほど物にあふれてるじゃないか!


ルアンナムター探索。
実は3回目。
2005年、2010年に訪れているが、両方とも1泊しただけの経由地点。

まっとうに街を見るのは初めて。


バイク屋さん。
中華製バイクが多いが、ホンダも頑張っている。


で、やってきたのは、バイク屋より奥にあるローカルマーケット。
地元民の生活のある市場です。
今までの村では小さすぎて市場自体がなかったからね。


意外や意外。
今までが何だったんだってくらい物にあふれている。

ここは中国ともタイとも国境が近いから物が流れてくるのか?


まず、市場でやるべきことは、両替。
最近は街にATMやら、銀行の両替所があるけど、昔の両替と言えば市場だった。
これはカンボジアと同じである。

レートは悪いけど本日は日曜日で街の両替所はお休み

1ドル7500キップ
10ドル両替⇒75000キップに

(ちなみに街の銀行は10ドル⇒76500キップ)

これで懐が暖かくなった。
もう40000キップしかなかったんだよね。


それでは市場を探索するか!
市場にはかならず食堂!

基本高い食事代のラオスだけど、ここなら街のカフェより安い。


豆腐発見。
ラオスではどうやって使うんだ?
中華料理用か。


魚も売ってました。
川魚だよな?


美味しいのかなあ、、、。


たけのこみたいの。
ゼンマイや山菜も豊富。


これも、どう料理するんですか?


え、、、、っと、、、、。リス?

こ、こ、これもどうやって料理を????


今までラオスは食材が乏しいから、メニューのバリエーションが少ないかと思ってたけど、
食材は豊富じゃないか。
これだけあれば、いろいろと料理できそう。


それでは、屋台の試食タイム!
これは卵焼きにモヤシみたいのが入ってる料理。

一つ1000キップ
(2000キップ = 0,25US$ = 25円)

甘いもの屋。


いろいろとチョイスして氷で冷やして食べるデザート
タイにもありましたな。

一皿 2000キップ x2杯
(2000キップ = 0,25US$ = 25円)


ソーメンのような食べ物。暑いときによさそう。
麺つゆがほしい!

1杯 1000キップ
(2000キップ = 0,25US$ = 25円)


普段、街中のカフェでは絶対みかけない山菜料理。
野菜系惣菜は結構安い。


お肉系の惣菜は結構高い。
一皿平気で10000キップとかするし。

もち米のカオニャウ 5000キップ。


でも、まともな食事屋さんは麺屋さんくらい。
大体10000キップ前後と田舎の村と値段かわらん。



結構楽しい市場巡りでした。
だいぶラオスの見る目が変わったな。

今まで、高くてたいした食べ物がないイメージだったけど。
ローカルな場所にはそれなりに物がある。


帰りに見かけた、中国ナンバーの車。
国境はすぐそこだし。


帰りに宿近くの地元学生で盛り上がってる喫茶店へ
商店も兼用です。


値段表
ちょっとした軽食もあり。


シェイク 6000キップ
6000キップ = 0,75US$ = 75円 = 25タイバーツか。

まあ悪くないお値段です。


ラオスのビール ビアラオ 9000キップ。

ビールは大量消費の大きな街が一番安い。
田舎の村だと輸送費がかかるからだろな。


街なかにあった旅行会社のバス料金表。
ローカルバスは手数料上乗せ分高いけど、多分バスターミナルまでのトゥクトゥク代も含まれるはず。そう思えば悪くないお値段。

ベトナムやタイへのジョイントか直通バスのチケットも取り扱ってる。
これなら楽に東南アジアは旅行できるな。

、、、バスならね。



さて時は18時。
ナイトマーケットの時間がやってきました。
ここは観光用みたいなところだけど、地元民も盛り上がってますよ。


ちゃんと値段表記してるじゃないか!
前回の時はものすごく高く感じたが、今回はそんなに高く感じない。
なぜだろう?


田舎が物がないわりに高かったからか?

ホールチキンが 28000キップ!


で、ハーフダック 15000キップ
チャーハン 5000キップ
パパイヤサラダ 10000キップ

ビールは今度はタイガーを注文 10000キップ
(10000キップ = 1.3US$(130円)= 40 タイバーツ)

満足なマーケットじゃないか!


ビールが美味い。
ほんと久しぶりに物にあふれてますわ~


奥にはローカルな食べ物も置いてあるし、意外と安く食べれた気がする。

大満足なナイトマーケット。
前回なんで、あんなにも高く感じたんだろうね?




【ブログ村】人気ランキングへ投票<<<<If you like my Blog! Plz click this button!!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। - 

0 件のコメント:

コメントを投稿