2013/09/06

【孵化寸前の卵”ホビロン”】アジアのゲテモノ珍味と言えばこれ

本日は休養中な我々。

やることは、のんびりと食事だけです。


たとえば、市場に行って屋台飯を食べるとか、、、。


部屋でタイから持ってきたレトルトを試食するとか、、、、

ちなみに、味はなかなか美味かったです。


夕方になればビール求めて、ナイトマーケットへ。


本日も、、、、

麦酒タイガー10000キップ
チャーハン 5000キップ
焼きソバ? 5000キップ
生春巻き4個 5000キップ
(8000キップ = 1US$ = 100円)



満足な夕食でした。

ところでポビロンってご存知?
アジアのゲテモノ珍味の一つで孵化寸前のアヒルの卵らしいけど、
以前ベトナムで食べた事があって結構美味かった。
(ホビロン?ホヴィロン?はベトナム語)
 Wikipedia⇒バロット  


いや、、見た目はアレなんですけど。



さて、、、
それではデザートに行きましょうかね?

デザートというより、メインイベントか?


あったんですねー
ホビロンがここのナイトマーケットにも!

といっても他にもツマミを売ってます。


これは、孵化寸前の卵ではなく、薬味を入れて蒸したみたい。
これもなんとも微妙なお味。


本命のポビロンはこちら↓

白い卵です。はい。

ヒナの孵化度によって中身は変わる。
まだ卵状態⇒うっすら鳥形状と黄身⇒ほぼ鳥。

割らないと中身は不明。
で、、、、


こんな感じ、、、。

食感はにゅるっとしてて、まだ孵化度は低いので卵の味が強い。
コレに塩を入れて食べれば、、、まあ悪くないか?
でも見た目がね。
ラオスのは一回でいいかな~


ラオスも悪くないけど、以前ベトナムで食べたポビロンの方が美味しかったなあ。
もう少し孵化度が高く、そこに塩とミントなど香草を混ぜて食べた。
鳥肉と卵の味両方がして、言うならばすでに親子丼の味だったのだ。



お一口いかが??



【ブログ村】人気ランキングへ投票<<<<If you like my Blog! Plz click this button!!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। - 

0 件のコメント:

コメントを投稿