2013/01/31

【準備1】出発!とりあえずのアジア編の予定ルート

3年ぶりのアジアへ
何度も訪問してるアジアだが初の自転車旅。

今回もすべても自転車走行とせず(へたれですから、、、)
走りたいルートのみ走行し、途中はバスや電車で輪行でワープする。


【前半】

大きな地図で見る

【シンガポール】ノービザで滞在可能
・シンガポールに飛行機で到着。
準備でき次第マレーシアへ北上。小さな国なので数日で十分である。
・問題は暑さか。


【マレーシア】3か月ノービザ滞在可能
・マレーシアを北上していく。途中、マラッカ、クアワラルンプール、キャメロンハイランド、ペナン島を経由。
キャメロンハイランドは1500mの高原なので、平地からバスで単純往復の予定
・またペナンでタイの観光ビザ(できればダブル)取得予定


【タイ】陸路15日間ノービザ滞在可能 / 観光ビザ2か月
・トラン(クラダン島)、クラビー(ピピ島)、スラートターニー(パンガン、タオ島)でビーチ観光しつつ北上。 バンコクを目指す


【カンボジア】国境で観光ビザ1か月取得
・バンコクより自転車か電車にてカンボジアのシェムリアップを目指す。
(バンコクにて自転車を預けるか否かでルート変更)
・シェムリアップからバスで首都プノンペンを目指す
(自転車はシェムリに預ける)


【ベトナム】ノービザ15日間滞在可能
・ホーチミンへ。
・帰路は同様のルートにてシェムリ経由バンコクを目指す
・タイの観光ビザを取得。ペナン島でダブルが取れれば望ましいが、シングルしか取れない場合は、再度ホーチミンかプノンペンにて。それすら難しい場合は、チェンマイからミャンマーにビザランし再度陸路15日間ノービザ延長予定


【タイ】陸路15日間ノービザ滞在可能 / 観光ビザ2か月
バンコクかチェンマイに1か月滞在予定。
ダブルか二度目の観光ビザを取得しなかった場合は、ミャンマーあたりにビザラン。
チェンマイで中国ビザ申請





【後半】

大きな地図で見る

【中国】ノービザ15日間/観光ビザ取得日数による。
チェンマイからラオスを経由して中国の雲南省にはいる。
チェンマイで2ヶ月ビザ取得が望ましい。1ヶ月の場合は、中国国内で延長予定。

景洪→昆明→麗江→理唐(東チベット)→成都→上海

東チベットが無理な場合は、昆明から上海に直接行くかも。
上海から船で大阪へ帰国予定



ーまとめー
まぁいつも予定たてるけど、予定とおりいかないよね、、、。
走れたら走るし、面倒なら電車でもバスでもかまわない。

最後の旅なので、ゆっくりと納得いくように行きます。



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←ぜひ投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

2013/01/30

【準備】日本出国にあたって「航空券、海外保健、市役所関係」の準備

〓〓〓〓〓〓【エアチケット】〓〓〓〓〓〓


今回は初めてLCCのジェットスターhttp://www.jetstar.com/jp/ja/home)を使う。
ヨーロッパでLCC利用したことはあったので、仕組みはわかっている。
日本でも早くLCCが導入されればいいのにと思っていたら、アジア周辺でも急加速なLCC。

長距離便でなければ、そんなに、機内食やサービスなのど求めないし、
まして今回は片道利用なので、LCCはものすごく助かる。
(一般の飛行機会社は片道チケットは割高)


 
--フライト--
大阪(関西) (KIX)01/29/2013, 10:30 
シンガポール (SIN)01/29/2013, 16:20  

運賃 大人     2 x ¥10,000
手数料および税金 大人 合計金額     2 x ¥11,650
追加オプション 手荷物 (25kgまで) 2 x ¥3,400 
 ----------------------------------
合計金額 ¥50,100 


その他追加オプション 事前指定席料金 2 x ¥700
クレジット決算手数料 2 x ¥1000
---------------------------------- 
支払い ¥53,500 JPY (二人分)



●LCCで注意しなければならないのが荷物である。
ジェットスターのHPには下記の様にある
www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/baggage/checked-baggage

受託手荷物  1個の荷物は32キロ以下であるか、または次のサイズを超えないものとします。 
飛行機の種類 : A330 
高さ :  277cm (9' 1)



●また予約後の追加荷物、または空港での重量オーバー分の追加料金は非常に高い。
予約時であれば安いので多めの荷物で予約(今回は一人25kg)する
さらに、当日チェックインカウンターでの追加kgは異常に高い。

予約完了後の追加荷物
+5kg(3600円)
+10kg(3700円)
+15kg(3950円)




●大型の手荷物
HPの規約内容であれば大きなタンデムも問題ないことになる。適切なケースが何になるのか不明だが、ジェットスター利用者のブログなど見ると、ダンボールでかまわない様子だ。 
http://www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/baggage/bulky-items

受託手荷物のうち、大型の手荷物あるいは特殊な形状で余分なスペースを占有する手荷物に関しては、十分な積載スペースがあった場合のみ、お客様の運賃に含まれる購入済み手荷物許容範囲でお預かりします。
寸法制限とお預かり可能な大型の品目と見なされる手荷物について
は、以下をご確認ください。

自転車  
自転車用ケースに適切に収納されている自転車のみお預かりします。ジェットスターは空港で自転車用ケースを提供しておりませんので、お客様ご自身でご搭乗前に自転車用のケースをご用意ください。自転車は以下の状態で梱包されている必要があります。
  • タイヤの空気を抜いた状態
  • ペダルを取り外した状態
  • ハンドルがフレームに並行して固定されている状態
  • 自転車の全長が180cmを超える場合には、前輪を取り外してケース内の後輪の横に固定した状態





〓〓〓〓〓〓【海外保険】〓〓〓〓〓〓


i保険のHPhttp://207207.jp/)ら比較依頼した。 
掛け金、期間(最長5年!)ごとに比較できるので便利。

なぜか比較表には出てこないが、
今回は朝日火災の海外保険(http://www.asahikasai.co.jp/)にしてみた。
初めて聞いた海外保険の商品だが、ジェイアイ傷害火災保険株式会社と提携し、充実した海外サービスをご提供します。とあるので、まぁ大丈夫だろう。残念ながらファミリープランはない。

今まで使ってきた興亜損保(ファミリープランあり)は今回はパス
かなりの長期(5年まで可能)や、途中で延長する可能性がある場合はものすごく便利な興亜。
過去の海外保険時の話⇒
2011年 出国にあたって準備(航空券、市役所関係)
2012年 日本出国にあたって【航空券、保健、市役所関係】の準備


とりあえず6ヶ月分保険(この保険の最大日数をかける
(1ヶ月単位であれば、早期帰国でも解約可能
下記内容はフリープランである。
(セットプラン⇒http://www.207207.jp/insurance/asahi/price_long.html


【フリープラン】
期 間     ヶ月】

傷害死亡   1000万
傷害後遺障害   1000万 
傷害治療費用   1000万
・疾病治療費用   1000万
・疾病死亡   1000万
・救援者費用   1000万
・賠償責任   1億
・携行品損害   10万
航空機手荷物   10
・飛行機遅延   2万


保険料(合計) ⇒
 52630円(一人)

x2      ⇒105,260円(二人分) 



※今回はアジアなので、それほど掛け金を高くする必要はないが、
額を減らしてもあまり変わらなかった。





〓〓〓〓〓〓【市役所関係】〓〓〓〓〓〓

今回は住民表を抜かずに、そのままで出発する。
昨年の所得が多かったりして、国保代や住民税対策には有効だが、
今回は収入が少なく、どの道税金は発生しないか、最低ランクと思われる

海外保険をかけていくので、特に必要はないが、国保も海外では使える。
実際は請求用紙を役所に提出して自己負担3割以外を返金してもらうシステムみたい。
詳しくは最寄の役所で聞いてね! 

過去の住民票など抜いた時の話⇒
2011年 出国にあたって準備(航空券、市役所関係)
2012年 日本出国にあたって【航空券、保健、市役所関係】の準備
   



〓〓〓〓〓〓【携帯解約】〓〓〓〓〓〓

ネット用に使ってたソフトバンクのポケットwifi。
海外では使えないし、いつ解約しても違約金もないので今回は解約していく。
もう古いので、次回帰国時には新しいのほしいしね。
しかし、解約は店頭で申し出た、その瞬間から解約になるらしく、
事前に○月××日に解約して!とできないんだと、、、出国前日に解約しにショップへ。





【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ <<←ブログが気に入ったら投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

【プロフィール】「へたれ」とは?「タンデム」とは?


---へたれチャリダーとは!?----



一に、ヘタレ
二に、へたれ!
三四が無くてもヘタレである!!!


自転車旅行で下り坂は好きであるが、登りは嫌いである。
自転車も好きだが、公共機関はもっと大好きである。
雨の日は嫌いなので走行お休み、気持ちいい日のみ走行大好き。

キャンプは好きだけど、野宿は嫌いである。でもホテル宿泊はもっと好きである。
楽しみは食べる事。飲む事。
結果楽な事は好きだが、大変なことは嫌いである。

基本やっぱ、へたれである。


そんな自転車旅行者が適当に適度の場所へふらふらと旅行する。



~・~・ ~・~・ ~・~・ ~・~・ ~・~・ ~・~・ ~・~・ ~・~・ ~・~・

そんな上記なコンセプト(?)で、スタートした自転車旅も2006年から早、、、年目!!??
気づけば結婚までして、夫婦でタンデム自転車(下記参照)なるもので旅までしだした。
結婚後初旅のタンデム。
2011年から12年まで年越しまで南米で無事へたれながらも走り、春に帰国。
やはり走り足りないのか、再度2012年夏にヨーロッパを走行。

まだまだ足りないのか!?
一時帰国をはさみ、、、、



2013’常夏な東南アジアへタンデム旅行!!

【3rd Season】-第3章アジア縦断タンデム編-2012~
スタートへ!!!



※2010年のバックパック旅行時のアンコールワット

今度のアンコールワットはレンタル自転車ではなく、自前のタンデムで回りたいな!





----乗り物tandem bicycle----
タンデム自転車(MyD O-kini /マイドオオキニ号)
spec,自転車詳細⇒01-【準備1】タンデム自転車

The tandem bicycle or twin is a form of bicycle (occasionally, a tricycle) designed to be ridden by more than one person. The term tandem refers to the seating arrangement (fore to aft, not side-by-side), not the number of riders. A bike with two riders side-by-side is called a sociable.
from wiki Tandem bicycle - Wikipedia

最 前部に乗車する人はキャプテンまたはパイロット、それ以外の後部に乗車する人はストーカー (Stoker) またはコパイロット (co-pilot) と呼ばれる。キャプテン・コパイの呼称関係は飛行機と同じ(機長・副操縦士。機長が主導権を握り、副操縦士は支援に回る)
日本語wiki タンデム自転車 - Wikipedia





パイロット:--HIROKAZU--
元祖へたれチャリダー(?)。自転車で世界をフラフラ経験あり。
前回南米より嫁さんと一緒にこげる二人一体式タンデム自転車のパイロット担当へ
 

コパイロット:--TOMOMI--
元へたれパッカー。旦那と出会いへタレチャリダーの一員となる。
しかしあまりにヘタレぶりに前回南米より二人一体式自転車のタンデムにてコパイロット担当へ。






2006年から続く自転車旅行の「タンデム自転車旅行編」
≪過去の旅≫
★序章ヨーロッパ(パリ-スイス-アドリア海沿い-ギリシャ)-初ヨーロッパ自転車編-2006~
★①チベット(大理-ラサ-エベレスト-カイラス-カシュガル)-チベット旅行編-2007~
★②アジア横断(カシュガル-シルクロード-トルコ-パリ)-第1 シルクロード横断編-2008~
★③EU滞在(パリ-スイス仕事-チュニジア-ロンドン仕事) -第2 EU仕事&滞在編-2009~ 
★最終章帰国(インド-東南アジア-中国/九州自転車)-第2 アジア編/九州自転車-2010~

 
新章・中南米(USA-メキシコ-パタゴニア-ボリビア)【1st Season】 -第1 中南米タンデム横断編-2011~ 
2章・EU(フランス-ドイツ-地中海島々-スペイン)【2nd Season】 -第2 ヨーロッパ周遊編-2012~





【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票
<<←ブログが気に入ったら投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

【3rd Season目次】 -第3章アジア縦断タンデム編-2013~


【目次】

前回-
第1章 中南米タンデム横断編-2011~
第2章 ヨーロッパ周遊タンデム編-2012~ の続き。



【目次】 第3章アジア縦断タンデム編-2013



2006年から続く自転車旅行の「タンデム自転車旅行編」
≪過去の旅≫
★序章ヨーロッパ(パリ-スイス-アドリア海沿い-ギリシャ)-初ヨーロッパ自転車編-2006~
★①チベット(大理-ラサ-エベレスト-カイラス-カシュガル)-チベット旅行編-2007~
★②アジア横断(カシュガル-シルクロード-トルコ-パリ)-第1 シルクロード横断編-2008~
★③EU滞在(パリ-スイス仕事-チュニジア-ロンドン仕事) -第2 EU仕事&滞在編-2009~ 
★最終章帰国(インド-東南アジア-中国/九州自転車)-第2 アジア編/九州自転車-2010~

 
新章・中南米(USA-メキシコ-パタゴニア-ボリビア)【1st Season】 -第1 中南米タンデム横断編-2011~ 
2章・EU(フランス-ドイツ-地中海島々-スペイン)【2nd Season】 -第2 ヨーロッパ周遊編-2012~




=========準備編【3rd Season目次】 -3章 アジア縦断タンデム編============
今回タンデムの旅
2012年の約3ヶ月のヨーロッパの旅から帰国。
一時帰国を挟み、3年ぶりのアジアへ再出発。
何度も訪れているアジアだが、自転車旅行は初!


注:前回南米編と同じ装備の詳細には《同》マーク
しかし、 記事内の装備でも一部持っていかないものもある















 


==========本編【3rd Season目次】 -3章 アジア縦断タンデム編=============
































=========まとめ編【3rd Season目次】 -3章 アジア縦断タンデム編=======




⇒⇒⇒へたれタンデムチャリダー近況 トップへ






【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票
<<←ブログが気に入ったら投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

2013/01/29

【一時帰国】日本の着物は?世界の民族衣装たち


日本の民族衣装。着物。
形こそ統一されているが、柄や色などは千差万別。

近代日本ではそれほど着物を見かけるとことはない。
そう日本で着物を見かける機会、、、

やはり普通は結婚式が一般的だろう。
あとは成人式や茶道の時とかもあるが、限られた場所だし。

結婚式の着物は晴れ着。
緊張感と華やかさがある。


もちろん、晴れ着は普段着ではないので、他国の民族衣装と比べるのも難しいが、
洋服が体にあわせて裁断して縫い合わせる文化(人が主役)なイメージなら
逆に着物を含めアジアは一枚の布をまとう文化(布が主役な)イメージ。



【おまけ】
各国の民族衣装。
山岳民族に多いのが、鮮やかな衣装。
アフリカ文化圏は行ったことがないので、衣装には興味あるなぁ


【グアテマラ】
詳細⇒【santiago atitlan】船に乗ってアティトラン村の市場にまた少数民族見学に行ってみた
少数民族の種族が異なれば、衣装の種類も異なる。
華やかな民族もいれば、シックな民族も、、、ご近所さんなんですけどね。


【ペルー】
詳細⇒ 【cusco】ナゼに祭は泡大会に?&地元デザート大会
南米でも、顔はアジア人みたいなペルーの民族。
布は鮮やか。スペインの文化の影響なのか、洋服の様な民族衣装も多い。


【ドイツ】
詳細⇒【munster】ドイツの祭りは伝統衣装でビールを食らう
日本同様、特別な日くらいしか見かけることがなくなったヨーロッパ圏の民族衣装。
基本は洋服スタイルで長いスカートが多い。


【イラン】
詳細⇒27-マシュハド

これもある意味民族衣装か?イスラム女性が外に出るときに羽織る布、チャドル。


【ウズベキスタン】
詳細⇒21-小旅行IN サマルカンド、ビバァ布市場、皆が買ってほしいので布を広げてる。
同じイスラム圏でも、鮮やかな布を身につけている中央アジア。



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←ぜひ投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

【一時帰国】世界の電車と比べて新幹線が一番だった?!

日本でも世界でもLCCが就航している。
東京から福岡とか日本縦断するような超距離では値段は安くなった。
しかし、まだまだ500kmくらいの移動や空港のない場所であれば、家から目的地までのトータルコストや時間を考えると、日本でもまだまだ鉄道で十分なところはある。
  

ご存知フランスの高速鉄道TGV。 別料金で自転車を乗せる事も可能。

そして世界には高速鉄道からローカル電車などが、街と街を結んでいる。
自転車旅をしてはいるが、自転車は電車にも乗せれる便利な輪行という手段があるので、
そこそこ利用させてもらっている。
まぁ基本「へたれ」なんで、、、


もちろん日本には世界に誇る新幹線がある。
乗り心地、遅延時間、事故ともに世界トップレベルだ!
欠点は、お値段、、、

物価の同じヨーロッパやアメリカでも、事前予約であれば、半額近い値段だったり、
キャンペーンで安かったりもする。
感覚的にはLCCに近いものがある。
 

例)PARIS ⇒ CHAMBERY
 http://www.voyages-sncf.com より

正規料金(76.00 €  ~ 97.00 €  ~ 129.00 € 時間帯と電車の種類によって異なる )
 ↓ ↓ ↓
最安値「29ユーロ 」で正規より半額以下
キャンペーン料金(日付や事前日数によって料金は異なる)


しかし、新幹線に対するJRの自信の表れなのか、値引きは一切ない。
あっても周遊券やセットの回数券、金券屋で購入くらいだろう。
間違っても海外のような割引率はない。
(外国人用のフリーパスはある)

ある程度予定が決まっていて各停車新幹線でいいなら「ぷらっとこだま」くらい?
(東京から新大阪まで)



 、、、、。
前回夜行バスはもう利用したし(【一時帰国】夜行バス!海外と日本のバスを比べて
ジュースかビールもおまけで付いてくるので、今回ぷらっとこだま利用してみる?
直前なら金券屋がいいかもしれない。


ぷらっとこだま
http://www.jrtours.co.jp/kodama/
●通常期料金

乗車駅
東京・品川 新横浜 静岡 浜松 名古屋 京都 新大阪


東京・品川
旅行代金(おとな)
JR所定運賃(参考)
差額(参考)


\4,500
\6,180
\1,680
\6,300
\8,070
\1,770
\7,900
\10,580
\2,680
\9,800
\13,220
\3,420
\10,000
\13,750
\3,750
静岡
旅行代金(おとな)
JR所定運賃(参考)
差額(参考)
\4,500
\6,180
\1,680
\4,400
\5,440
\1,040


\4,500
\6,180
\1,680
\7,400
\9,950
\2,550
\7,900
\10,580
\2,680
名古屋
旅行代金(おとな)
JR所定運賃(参考)
差額(参考)
\7,900
\10,580
\2,680
\7,700
\9,950
\2,250
\4,500
\6,180
\1,680
\3,500
\4,810
\1,310

\4,100
\5,440
\1,340
\4,200
\6,180
\1,980
京都
旅行代金(おとな)
JR所定運賃(参考)
差額(参考)
\9,800
\13,220
\3,420
\9,600
\12,590
\2,990
\7,400
\9,950
\2,550
\6,300
\8,070
\1,770
\4,100
\5,440
\1,340


新大阪
旅行代金(おとな)
JR所定運賃(参考)
差額(参考)
\10,000
\13,750
\3,750
\9,900
\13,430
\3,530
\7,900
\10,580
\2,680
\6,800
\8,700
\1,900
\4,200
\6,180
\1,980


※通常期(2013/1/7~3/15)※繁忙期(2012/12/28~2013/1/6)
※東京・品川~新横浜間、静岡~浜松間、京都~新大阪間の設定はない




郵送されてきた切符

ぷらっとこだまはツアーなので、普通の乗車券とは異なる。
変更や、途中下車ができない。
しかも郵送の場合は5日前には手配しないと、当日までチケットが手元に入らない。


JR窓口や自動切符販売機では買えません。
っていうか、新幹線って自動販売機でチケット買えるんだ、、、(←田舎もの



 新大阪です

新幹線は一緒です。
こだまは最新車両ではないですけどね。

普通車。
指定席扱いです。
グリーン車利用のぷらっとこだまチケットもあります。 

おまけのドリンク。
「乗車券+指定券+ドリンク」と思えば、だいぶ割安に思える。

そして大阪のお土産といえば赤福だよね!(←伊勢の土産です!

新幹線から見える富士山は格別ですなぁ!

普段はケチって夜行バスや鈍行(青春18切符)だが、
今回は週末移動だったので、夜行バスもそれほど安くなく、
青春18切符も時期ではないため、贅沢に新幹線移動だった。

たまに乗ると、快適だなぁ、、、(←貧乏人



ちなみにタンデム輪行はちょっと無理かな、、、、
無理やり一番後ろに立たせれば可能かも?いつか挑戦を!
(普通自転車なら問題ない)




【おまけ】
過去の世界の電車乗車

値段と比較してみると、各国一長一短である。
高いが安全、遅延と清潔さと便利差が一番の新幹線。
キャンペーンなら値段の安いヨーロッパの電車。
値段の安さなら負けないアジアの電車とか、、、


~オーストリア~
過去blog⇒小旅行でチューリッヒ&ウイーン
時刻表とか⇒オーストリア国鉄0BBの予約サイト

ウイーンへ夜行電車で移動。
正規料金なら70ユーロはするこの電車。
ネット予約で早めにクレジット決算すれば29ユーロになる。

プロモーションの予約ページ
http://www.oebb.at/pv/en/Servicebox/Online-Ticket/index.jsp
まぁ基本空いてるので一人で6人コンパートメント利用で下手な寝台より快適



~スイス~
過去blog⇒スイス国鉄
時刻表とか⇒ 【スイス】鉄道-検索

スイス国内の移動には欠かせないスイス国鉄。
駅、または列車には、独仏伊語の略語のSBB CFF FFSが表記されてる。
ドイツ語SBB - Schweizerische Bundesbahnen
フランス語CFF - Chemins de Fer Fédéraux Suisses
イタリア語FFS - Ferrovie Federali Svizzere
らしい、、、

最近では車内アナウンスは機械化されつつあるが、上記に英語を加えた4言語で案内。
チケットを検札にくる車掌さんも数ヶ国語できるのは当たり前、、、


かつては日本にもあった食堂車。
簡単な食事はもちろん、アルコールも売っており、ワゴンにて車内販売にも来る。



~インド~
過去blog⇒インド最後は豪華電車ラージダニー号で
時刻表とか⇒【インド】電車ー時刻表検索
インドの高級エクスプレス電車ラージダーニー。
すべてエアコン車なので窓はあかず、ラッピングしてあるので車窓が見にくい。
食事つき
まずウエルカムサンドイッチ。
マンゴージュースに甘いお菓子付

続いてチャイ

メインディッシュ
ナン、ゴハン、カレー、ヨーグルト、サラダ



~中国~
過去blog⇒2007年中国語勉強した北京へ舞い戻り
時刻表とか⇒ 【中国】電車-時刻表検索
空调特快 成都 11:40 ⇒ 北京西 13:28
ハードスリーパー 上段 383元
巨大な大陸では欠かせない夜行電車。
寝台車
車内の駅弁
20元もしたが、やっぱ電車旅行には駅弁である。



~タイ~
過去blog⇒いざ、年明けバンコク、オカサンロードへ
時刻表とか⇒【タイ】電車-時刻表
タイは全線未線化のためディーゼル車のみである。
一番安い席はかたーいイスで扇風機があるのみ
これでバンコクまで3rdシートで258B也
もちろん快適なエアコン寝台電車もある。





【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←ぜひ投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -